最終更新日:2019/3/28

  • 正社員

津山農業協同組合(JAつやま)

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 共済
  • 農林・水産
  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 損害保険
本社
岡山県
出資金
40億7,757万円
貯金残高
1,592億7,874万円
従業員数
500名(男性237名、女性130名、臨時職員133名) 組合員総数:19,839名
募集人数
16~20名
  • 業種 農業協同組合(JA金融機関含む)、共済、農林・水産、信用金庫・労働金庫・信用組合、損害保険
  • 本社 岡山県
  • 出資金 40億7,757万円
  • 貯金残高 1,592億7,874万円
  • 従業員数 500名(男性237名、女性130名、臨時職員133名) 組合員総数:19,839名
  • 募集人数 16~20名

【説明会予約受付中】地域社会に貢献し、皆様との「きずな」を大切にし、未来に向け活力と夢あるJAを目指しています。

2020年度卒の新卒採用を開始いたしました。 (2019/03/01更新)

2020年度卒の新卒採用を開始いたしました。
採用担当の藤田と申します。

当組合のページへアクセスいただきありがとうございます。
エントリーの上、是非説明会へご予約ください。

たくさんのご応募お待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
岡山県津山市に本店を構える【JAつやま】。食と農を基軸として地域に根ざした協同組合として、持続可能な農業と豊かでくらしやすい地域社会の実現を目指しております。
PHOTO
【JAつやま】地図で見ていただくと濃いオレンジの部分をカバーしている組合となります。岡山県津山市に密着した事業展開をしております。

JAつやまの基本方針

 JAつやまでは、JAグループ自己改革の基本目標である「農業者の所得増大、農業生産の拡大、地域の活性化」を実現し、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」を目指し、2018年度までの3カ年の「JAつやま中期計画」を策定し、その実現に向けた取り組みを行います。
 「JAつやま中期計画」の構成は、「農業所得の増大」と「農業生産の拡大」の実現に向けての計画を「営農振興計画」として、「地域の活性化」の実現に向けての計画を「地域くらし活性化計画」として策定し、これら2つの計画を「全体戦略」とします。
 この「全体戦略」を達成するために、JAの事業・経営を通じて具体的に取り組む事項(改革内容)を「中期経営計画」とし、組合員、JA利用者等地域に暮らすすべての人々のご理解とご協力をいただきながら、ビジョンの実現と計画の達成に向けてJAつやま一丸となって取り組みます。


1.経営理念

  JAつやまは、農業振興を通じて、「食」と「農」と「緑」を守り、かけがえのない自然を次代に引き継ぎます。
  JAつやまは、地域のみなさまとともに生き、地域のみなさまとの共感の中で、心ふれあう地域づくりに取り組みます。
  JAつやまは、高い倫理観と責任感を持ち、地域社会に貢献できる事業と組織づくりに取り組みます。

2.基本方針

  「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」として、「持続可能な農業」と「豊かで暮らしやすい地域社会」を実現するために、組合員・地域住民参加によるJAくらしの事業活動を展開します。

  JAつやまは、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」の実現に向けて、組織一丸となって取り組みます。
  JAつやまは、豊かでくらしやすい地域社会の実現するため、地域の課題と向き合い「地域の活性化」の貢献へ取り組みます。
  JAつやまは、役職員の意識改革と行動改革に取り組み、組合員・地域住民のメンバーシップ強化に取り組みます。

会社データ

プロフィール

当JAは岡山県の北部に位置し、津山市(一部除く)、苫田郡鏡野町、久米郡美咲町・久米南町、及び加賀郡吉備中央町の一部からなる、水と緑に囲まれ、自然環境に恵まれた地域を管内としています。

これらの自然環境を守り、資源を有効活用しながら生産性の向上を図り、豊かで潤いのある地域づくりと、組織の健全化と安全経営に努めています。

皆様に信頼され愛されるJAとして地域社会の繁栄に貢献することを目指し、地域の皆様との「きずな」を大切に、農の心を持って未来に向け活力と夢のあるJAづくりを目標とします。

事業内容
【営農指導】
 農家が農業の収益で経営できるよう、生産活動を支援する事業をしています。具体的には、利用する農薬に関する情報提供と指導、品種・栽培基準の統一化など、組合員の声も取り入れながら、組合員と共により良い経営を目指して取り組むものです。

【信用事業】
 組合員、利用者から貯金を受け入れ、営農、生活に必要な資金を貸し出すことにより、組合員、利用者の農業と暮らしを支えています。
 
【共済事業】
 組合員、利用者が不安なく暮らせるよう「ひと、いえ、くるまの総合保障」を通じ、生活全般に潜むさまざまなリスクを幅広く保障しています。

【販売事業】
 組合員が生産した農畜産物をJAがまとめて集荷し、市場などに販売します。
消費者ニーズに対応した計画的な生産、出荷を行うことにより、農畜産物の価格を安定させ、市場などで有利な販売を実現させます。JAの事業のなかで、組合員の所得に直結するもっとも重要な根幹の事業として位置づけられています。

【購買事業】 
 「農業生産に必要な資材」や「生活に必要な物資」を計画的に大量購入することにより仕入れ価格および流通コストを低く抑え、組合員、利用者に安くて安全かつ良質な品物を提供する事業です。
『農業生産に必要な資材』には、肥料、飼料、農薬、包装資材、農業機械等があり、『生活に必要な物資』には、食品、衣料品、日用雑貨用品等があります。
本社郵便番号 708-0862
本社所在地 岡山県津山市横山128番地
本社電話番号 0868-22-8061
設立 2001年4月
出資金 40億7,757万円
従業員数 500名(男性237名、女性130名、臨時職員133名)

組合員総数:19,839名
貯金残高 1,592億7,874万円
事業所 ■本店

■支店
津山東支店、津山南支店、津山支店、津山西支店、津山北支店、鏡野支店、奥津支店、加茂支店、中央支店、久米支店、旭支店、久米南支店、柵原支店

■出張所
河辺出張所、大野出張所

■営業所
田邑購買店舗、Yショップ香南店

■営農経済センター
東部営農経済センター、西部営農経済センター、南部営農経済センター

■農機センター
農業機械課

■車輌センター
旭車輌センター

■燃料・LPガスセンター
野村油配送所、津山油配送センター、鏡野燃料センター、奥津燃料センター、加茂燃料センター、加美燃料センター、打穴燃料センター、旭燃料センター、LPガスセンター

■その他事業所
ローンセンター、資材センター、エディオンJAつやま、葬祭センター
平均勤続勤務年数 20年(2017年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日
前年度の育児休業取得対象者数 10名(うち女性8名,男性2名 2017実績)
前年度の育児休業取得者数 8名(うち女性8名、男性2名 2017実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 20%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 津山農業協同組合 管理部 藤田
TEL:0868-22-8055
URL http://www.ja-tsuyama.or.jp/index.php
E-mail jatsuyama@ja-tsuyama.or.jp
交通機関 JR津山駅より徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp204025/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
津山農業協同組合(JAつやま)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ