最終更新日:2019/9/13

  • 正社員

(株)加藤螺子製作所

  • 金属製品
  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 機械
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器
本社
東京都
資本金
9,200万円
売上高
50億円
従業員
230人
募集人数
1~5名
  • 業種 金属製品、商社(鉄鋼・金属)、機械、自動車・自動車部品、精密機器
  • 本社 東京都
  • 資本金 9,200万円
  • 売上高 50億円
  • 従業員 230人
  • 募集人数 1~5名

【夏採用開始】創業78年!ボルトナット、精密ネジ付部品の製造・販売の老舗企業!国内に留まらずグローバル展開もしている『安定性』と『成長性』を併せ持った企業です!

  • エントリー者へ限定案内中

採用担当者からの伝言板 (2019/09/13更新)

こんにちは。
(株)加藤螺子製作所 採用担当です。

夏採用開始いたしました。
入社選考会・会社説明会日程は随時更新いたします。
選考をご希望の方は、まず説明会へご参加ください。

皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
製造設備、試験機等についても、つねに最新鋭のマシンを導入している同社。不可能と思われたモノを形にする、あくなきクラフトマンシップが深く根づいている。
PHOTO
亀戸駅のほど近くにある、本社オフィスにおけるワンショット。社長以下、全員が同じフロアで仕事に取り組む様子からも、風通しの良い社風をうかがうことができた。

目指すは100年、200年と存続する企業。世界で戦える技術で、新しい地平を拓きたい!

PHOTO

“楽しく仕事ができる環境づくり”を重視しているという、加藤社長。「何か、新しいことをやりたいという人は、積極的にチャンスを与えていきたい」と語る。

80年もの長きにわたって自動車、トラック、建機メーカーを中心とした取引先に、付加価値の高い螺子製品を供給してきた当社。私たちが作っているのは、ふだん目にする一般的なネジではなく、いわゆる“機能ボルト”と呼ばれる製品です。その機能はひとくちで言えないくらい多岐にわたりますが、たとえば震動が加えられても緩まないものから、ネジの内部にオイルやエアーを循環させることができるものなどがあります。このように、多種多様な顧客ニーズを高い次元で満たす技術力こそ、当社における最大の強みであると言えるでしょう。信頼性の高いものづくりが高く評価され、ブレーキをはじめとするさまざまな重要保安部品に採用されているのです。

そして今、当社事業を大きく牽引しているのが、海外におけるビジネスです。自動車部品メーカーの海外進出と連動し、中国、韓国、香港、タイ、インドネシア、メキシコにも拠点を設置。順調に売上を伸ばし、国内ビジネスに迫る勢いとなりつつあります。したがって、世界を舞台に仕事をしてみたいと考える皆さんにとっても、大きなチャンスが広がっていると言えます。

とはいえ、同じことを継続するだけでは、会社を末永く存続させていくことはできません。未来に向けて、私たちは、さらにビジネスの裾野を広げる取り組みにも着手しています。その1つが、EV車への対応です。EV車製造においては、ネジのアルミ化・樹脂化が進んでいくと見られていますが、こうした動きに対応するため、当社でもドイツ企業とライセンシー契約を締結。また、国内メーカーともアライアンスを組むなどして、いち早い技術の獲得に努めています。一方、事業領域の拡大も視野に入れており、今後、建築・電車関連分野における製品供給を進めていく方針です。

世界に誇る冷間圧造技術で、新しい製品を世の中に送り出してきた当社。今後も、あくなき挑戦を続けることで、新たな時代の扉を開いていきたいと考えています。
そこで、当社が積極的にむかえ入れたいのが、自分で「○○をやってみたい」と言える、何かが持てる人です。少数精鋭で世界を舞台に事業展開する、当社には、若手が能動的に事業を動かし、ひいては会社を変えていく存在となれるチャンスが、大きく広がっているわけですから。

(代表取締役社長 加藤 大悟)

会社データ

プロフィール

弊社は永年、材料メーカーと共に新しい材料開発に取り組んでまいりました。「冷間圧造困難な材質での冷間圧造化」及び「冷間圧造困難な形状での冷間圧造化」に挑戦し続け、今までの不可能を可能にしてきた冷間圧造のパイオニアメーカーです。
登録アイテム9,000品番、常時4,000~5,000品番の取り揃えを行い、業界内でも「超多品種製造メーカー」として認識されております。その品番に関しても、弊社の技術とクオリティに高い信頼と評価をいただいております。精微で卓越した螺子加工技術をべースに、高品質な製品を世に送りだすことで、業界及び社会の繁栄に寄与してまいりました。独創的な冷間圧造技術とそのノウハウを脈々と磨き、信頼に応える高品質な製品の提供を常に行っております。
業界内での「超多品種製造メーカー」という評価をより向上させ、今以上に多種多様な分野から必要とされる企業として、製造・販売が一体となって、販路開拓に努めていきたいと考えております。また、中国工場においても技術向上を図り、アジア域への販路開拓を積極的に図りたいと考えております。

事業内容
ボルトナット・精密ネジ付部品の製造及び販売
本社郵便番号 136-0071
本社所在地 東京都江東区亀戸2-22-17
日本生命亀戸ビル2階
本社電話番号 03-5875-2610
創業 1939年
設立 1947年
資本金 9,200万円
従業員 230人
売上高 50億円
事業所 本社/東京
工場/福島、中国、香港、タイ、インドネシア、メキシコ
主な取引先 曙ブレーキ工業(株)
(株)アツミテック
大阪螺子販売(株)
(株)オーハシテクニカ
カルソニックカンセイ(株)
鬼怒川ゴム工業(株)
(株)コバユー
(株)小松製作所
ジヤトコ(株)
東洋ゴム工業(株)
日産車体(株)
日産自動車(株)
日産トレーデイング(株)
日信工業(株)
日立オートモティブシステムズ(株)
日野自動車(株)
(株)フコク
富士機工(株)
三菱ふそうトラック・バス(株)
(株)メイドー
UDトラックス(株)
ユニキャリア(株)
沿革
  • 昭和14年2月
    • 東京都江東区亀戸にて創業
  • 昭和22年9月
    • (株)加藤螺子製作所を設立
  • 昭和36年9月
    • 日本ねじ工業協会に加入
  • 昭和44年9月
    • 福島県白河市白坂に白河工場建設
  • 昭和48年2月
    • 熱処理工場建設
  • 昭和54年6月
    • ダクロ工場建設
  • 昭和55年5月
    • 大型ボルトホーマー(460S.1号機)導入
  • 昭和57年3月
    • 中型ボルトホーマー(S330)導入
  • 昭和60年7月
    • 大型ボルトホーマー(490L)導入
  • 平成11年12月
    • ISO9001認証取得
  • 平成15年12月
    • 全自動メッキ設備導入
  • 平成16年7月
    • 香港に加藤螺子有限公司を設立
  • 平成16年12月
    • タイ国バンコク市にSIAM KATO CO.,LTDを設立
  • 平成17年1月
    • ISO14001認証取得
  • 平成17年1月
    • パーツホーマー(PF650)導入
  • 平成18年3月
    • 中国広州市に加藤螺子(広州)五金塑膠有限公司を設立
  • 平成21年5月
    • パーツホーマー(BPF670L)導入
  • 平成25年10月
    • GFA(Global Fastener Alliance)加入
平均勤続勤務年数 11年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 15日(2018年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目22番17号 日本生命亀戸ビル2階
TEL:03-5875-2610
総務部 人事担当
URL http://www.kato-rashi.co.jp/index.html
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp204278/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)加藤螺子製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ