最終更新日:2018/7/12

(株)香月堂

本社
愛知県
資本金
3,000万円
売上高
149億5,000万円(2017年3月実績)
従業員
715名(2018年2月27日現在) 正社員144名、準社員・パート571名

素早い商品開発と製造の高い生産・順応能力でバウムクーヘントップシェアの半生菓子メーカー!

会社紹介記事

PHOTO
1953年創業。2007年に穂ノ原工場→6年後の2013年には白鳥工場(現在の本社)の稼働と、生産規模の拡大を図っています。
PHOTO
開発チームを複数に分けることで、年間数十品もの新商品を世の中に出しています。

基本に忠実に、「2022年売上200億円」を目指します!

PHOTO

入社5年以内の若い社員が多いのも特徴です。将来は皆で自由闊達に議論しながら、会社も自分自身も成長していける、そんな姿が理想ですね。(大岩社長)

【香月堂の強み】
香月堂はバウムクーヘン、パウンドケーキ、マドレーヌ等といった半生菓子やチルド商品を扱い、日本全国のスーパー、コンビニ、生協等にて商品を販売しています。
香月堂の強みは3つあります。

1つ目は、衛生管理がしっかりできていること。
HACCP(食品の安全を確保する管理手法)に対応した工場では、商品のトレーサビリティ(商品の生産から消費段階までの追跡情報)が完全にシステム化されており、お取引先さまの信頼も得ています。

2つ目は、生産規模の大きさ。
取引先は日本各地にあるため、全国に商品を流通できる生産キャパシティを持っています。2013年には最新鋭の設備を持った新工場も稼働し、生産体制や安全対策を一層強固なものにしました。これらの強みを基に、安心・安全でおいしくお値打ちなお菓子をつくり続けています。
3つ目は、商品開発力。

お取引先さまは常に新しい商品を求めており、そうした要望にいち早く答えて全国規模レベルの生産に落とし込めるからこそ、ご愛好いただいております。
商品開発に関しては、現在の開発チームは女性主体ですが、今後男女の割合は半々くらいにしたいですね。そして本社の開発ラボとは別に、東京にある開発ラボをさらに充実させていく予定です。東京に集まるいろいろなお菓子のニーズを研究し、迅速に対応しつつ、時代を先取りできるよう力を入れていきます。
香月堂のスタイルとしては、これからも変わらずお菓子づくりという本業をしっかりとやっていく。「2022年売上200億円」を掲げていますが、そのためには、「お客さまに満足していただくため、基本を守るとともに変化に対応し、安心・安全・おいしい・お値打ちな商品をお届けする」という理念を、実直に行っていくことが重要です。

【学生の方へのメッセージ】
新卒の皆さんに求めるのは、まずは礼儀正しさと、素直で謙虚な気持ちで取り組めること。挨拶をしっかりする、わからないことは聞く、当たり前のことですが当社ではこれらをとても大事にしています。その上で、柔軟な考えを持って何事にも前向きに取り組める人であってほしい。当社に関心のある方は、自分を取り繕わず、ぜひ「素」のままで向かってきてください。そうしてご縁のある皆さんと一丸となって、新しいお菓子づくりに挑戦していきたいですね。
(代表取締役社長 大岩孝彰)

会社データ

事業内容

PHOTO

バウムクーヘンやパウンドケーキをはじめとした、様々な洋菓子を製造販売しています。

◎洋菓子の開発、製造、販売
バウムクーヘン・パウンドケーキ・マドレーヌなどの洋菓子を日本全国のお客様にお届けしています。
香月堂の名前をパッケージに入れて発売しているオリジナル商品(NB商品)に加え、各種コンビニ、スーパー様と共同開発をした商品(PB商品)も製造販売しております。

コンビニエンスストア・スーパーマーケット様からの高いレベルの衛生品質管理の要求にこたえるため、常に設備を刷新し商品の品質の向上及び生産能力の増強を図っています。人が行っていた作業を機械化することにより、同じ作業の繰り返しである場合は作業の精度が向上し、どの商品も安定した品質で商品をお届けできるとともに、作業をする人がお菓子と接触する機会を少なくすることで異物が混入してしまう可能性を低くすることにもつながります。
ただし、すべてを機械化してしまうのではなく、人が手作業で行うからこそできる付加価値をつけた商品を作るためにも手作業の部分を残しています。
香月堂の商品を今まで以上に多くのお客様に召し上がっていただき、日本全国に“おいしい”を届けられるように全社を挙げて取り組んでいます。


◎アウトレット店
香月堂の製品を、お求めやすい価格でご提供しているのが、香月堂アウトレットです。

バウムクーヘンやパウンドケーキの耳、ちょっとした欠け、割れ、こげのある商品、重量基準を満たさなかった商品等、食べていただくには全く問題のない商品をアウトレット価格で販売しております。

地域の皆さまへの感謝の気持ちから生まれた香月堂アウトレット。
今ではメディアに取り上げられるなど、連日たくさんのお客様にお越しいただき、観光バスが訪れることもしばしばです。
本社郵便番号 442-0848
本社所在地 愛知県豊川市白鳥町兎足1番地10
本社電話番号 0533-84-7455
創業 1953(昭和28)年5月
資本金 3,000万円
従業員 715名(2018年2月27日現在)
正社員144名、準社員・パート571名
売上高 149億5,000万円(2017年3月実績)
売上高推移 151億5,000万円(2016年3月実績)
135億3,000万円(2015年3月実績)
123億4,000万円(2014年3月実績)
112億3,000万円(2013年3月実績)
代表者 大岩 孝彰
製品 バウムクーヘン、マフィン、プチケーキ、パウンドケーキ、マドレーヌ、タルト、スコーン、ソフトクッキーなど
関連会社 (株)ル・フレンド、(株)モンパーラ、(株)香月コーポレーション
沿革
  • 1953年5月
    • 大岩仙五郎により豊橋市菰口町にて和菓子を製造する
  • 1965年12月
    • 同市池見町に新築移転
  • 1974年7月
    • 資本金300万円にて、「(有)香月堂」に法人組織に改組
  • 1975年1月
    • 同市岩田町に新築移転
  • 1983年7月
    • (株)香月堂に改組
  • 1985年1月
    • 現在地の豊川市西島町に新築移転
  • 1987年1月
    • 関連会社の(株)モンパーラを設立
  • 1992年7月
    • 新工場を増築
  • 1995年4月
    • 資本金を3,000万円に増資
  • 1997年1月
    • 新工場を増築
  • 1997年5月
    • 関連会社の(株)ル・フレンドを設立
  • 1998年12月
    • ISO9001を取得
  • 2007年4月
    • 穂ノ原工場新築(敷地:16,338平方メートル、建物:12,691平方メートル)
  • 2013年2月
    • 白鳥工場新築(敷地:37,014平方メートル、建物:20,507平方メートル)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 10%(20名中女性2名 2017年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)香月堂と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)香月堂 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ