最終更新日:2019/9/18

  • 正社員

前田工業(株)

  • 機械
  • 金属製品
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
本社
愛知県
資本金
3,500万円
売上高
5億9,300万円(2018年11月実績)
従業員
40名
募集人数
1~5名
  • 業種 機械、金属製品、自動車・自動車部品、精密機器、商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 本社 愛知県
  • 資本金 3,500万円
  • 売上高 5億9,300万円(2018年11月実績)
  • 従業員 40名
  • 募集人数 1~5名

【秋採用開始】レーザ加工技術を応用して、次世代の最先端モノづくりに取組む「研究開発型企業」です!

  • 積極的に受付中

レーザ技術とAI技術の技術融合の成功により新ビジネス展開中!電機、機械、情報系技術者を急募! (2019/09/18更新)

みなさんこんにちは!前田工業(株) 採用担当の前田です!
説明会日程は下記です。

9/25(水)
時間は13:00~15:00です。

レーザ技術とAI技術がもたらす素晴らしい可能性とは?

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
技術力の高さとビジョンに魅力を感じて集まったスタッフばかりです。新卒入社から10年後の定着率は90%ほど。こうした数字からも仕事のやりがいが伝わってきます。
PHOTO
研究開発のプロセスでは、仮説に基づいて実験方法や加工方法を考えます。行き詰まったら試すしかない。前田社長のそうした考えが社員の自発的な挑戦を後押しします。

「今までできなかったこと」を実現する、技術開発のやりがい。

PHOTO

「学会やセミナーでの研究成果の発表、海外企業との業務提携なども行っています。大きく広がる市場に踏み出すために若い優秀な技術者を必要としています」と前田社長。

仕事を通じてあなたが実現したいことは何ですか? 私たちがめざしているのは、レーザ技術で世界一の会社になること。これは遠い先の夢ではなく、実現に向けてすでに動き始めている目標です。私たちが事業の中心に据えるレーザ技術とは、自動車や航空機の製造、医療などさまざまな分野に使われている技術です。このレーザ技術を使って私たちは「今までできなかったこと」を次々に実現しています。

例えば、「金属」と「樹脂」という物性の異なる素材を溶着することができるのか。これは、私たちが実際に取り組んでいる課題のひとつです。接着剤を使った場合は経年変化に弱く、強固に接着できないという問題がありました。軽量で強度の高いCFRP(炭素繊維強化プラスチック)と金属を溶着できれば、その技術を自動車などさまざまな製品に活かすことができます。当社は国からの補助を受けた国家プロジェクトで、この課題に着手。レーザを使った異種材溶着に成功しました。

当社のお客様は、最先端のものづくりを行っている企業ばかりです。そこには最先端のニーズが存在します。高度なニーズを受け止め、解決するための方法を先行開発すること。溶接や切断、表面処理などさまざまなレーザ加工技術を追求し、独自のノウハウとして提案すること。実験・開発から生産技術の確立、システム提案までを一貫して行う研究開発型の企業として、私たちは自らの使命を果たしています。

ものづくりの国際競争が激しさを増す中、日本の製造業はどうあるべきか。海外の国が真似できない「何か」を打ち立てるほかに道はないと、私たちは考えています。当社がめざすのは、日本の国力向上につながる技術開発です。成功とは偶然ではなく必然。冒険しなければ飛躍することはできません。当社は多くの人員と資金を「次」に向けた研究開発に注ぎ、未来を作るための挑戦を続けています。

先端レベルの技術を生み出すことは簡単なことではなく、日々の仕事も決して楽ではありません。しかしそれが困難だからこそ、新しい技術を生み出す喜びは大きくなります。当社は、困難な状況でもお互いに助け合える人材が不思議なほど多く集まった会社です。困っているお客様を助け、日本や社会のために貢献したい。そんな使命感を共有できる方を必要としています。この小さな会社から、世界一の技術を一緒に発信していきませんか?
■代表取締役社長 前田利光

会社データ

プロフィール

「最先端技術が最先端ニーズを制す!」
前田工業ではレーザ加工技術の研究開発と適用技術の開発とそれらの販売を行っています。当社のレーザ加工技術の適用は、お客様の次世代商品を具現化するためのキーテクノロジーになっており、「自動車」「環境」「エネルギー」「福祉」「精密機器」「輸送機器」「航空宇宙」など幅広い業界で当社のレーザ加工技術が適用されています。

アインシュタインが100年前に提唱した理論は、今や「レーザ光線」となり、人類への未来に大きな可能性を提供してくれました。
前田工業ではこの可能性をさらに大きく広げるためのビジネスを行っています。

事業内容

PHOTO

【最先端技術が、最先端ニーズを制す!】「レーザー学会」より産業賞を授与。産業界へ幅広くレーザ技術を普及・浸透させた当社の活動が認められました。

・レーザ加工・開発受託(溶接・切断・表面改質・孔あけ)
・レーザに関するコンサルティング、情報サービス
・レーザ加工機器の製造
・機械設備・ラインシステム・ロボット構想等の設計製作
・鋼構造物・製缶溶接・配管・機械加工
・精密板金加工
・特殊溶接加工
本社郵便番号 476-0002
本社所在地 愛知県東海市名和町四ノ下22番地
本社電話番号 052-604-8650
設立 1950年12月11日
資本金 3,500万円
従業員 40名
売上高 5億9,300万円(2018年11月実績)
事業所 【本社】
〒476-0002
愛知県東海市名和町四ノ下22番地

【東海工場】
〒476-0006
愛知県東海市浅山3丁目138番地
売上高と経常利益の推移 売上高 5億 9,300万円  経常利益 7,700万円 (2018年11月実績)
売上高 5億 2,400万円  経常利益 3,950万円 (2017年11月実績)
売上高 5億 3,800万円  経常利益 6,100万円 (2016年11月実績)
売上高 5億 6,600万円  経常利益 7,000万円 (2015年11月実績)
売上高 5億 7,700万円  経常利益 7,800万円 (2014年11月実績)
主な取引先 トヨタ自動車、愛知製鋼、トヨタ自動織機、トヨタ車体、デンソー、アイシン精機、トヨタ紡織、フタバ産業、本田技研工業、ホンダエンジニアリング、本田技術研究所、エクセディ、三菱重工、川崎重工、IHI、新日鉄住金、JFEスチール、日阪製作所、進和、愛知産業、村田製作所 等
関連会社 (株)中央物産
平均年齢 37.7歳
沿革
  •  
    • 1950年 前田工業(株)を設立し、金属製品加工を開始。
      1955年 溶接、製缶加工を開始。
  •  
    • 1970年 大江工場建設。設計部門を整備し、機械設備工事の
           総合受注体制を強化。
      1982年 東海市名和町の現所在地に新工場を建設し、
           本社並びに工場を集約。   
  •  
    • 1984年 工場を増設し特殊溶接部門を強化。
      1987年 工場を増設し精密板金部門を強化。
      1989年 1kWレーザ加工機を導入、精密部品加工開始。
      1990年 1.6kWレーザ加工機・第2号機を導入。
  •  
    • 1991年 3kWレーザ加工機・第3号機を導入。
           レーザ溶接、表面改質加工を開始。
      1995年 新社屋・レーザ溶接工場建設。
           5.5kWレーザ加工機・第4号機を導入。
      1996年 550WYAGレーザ(ペンタイプ)第5号機導入。
      1997年 3.5kWレーザ加工機・第6号機導入。
  •  
    • 2001年 レーザ加工機 7号・8号・9号機導入。
           2軸スキャンヘッド導入。
      2004年 3.5kWレーザ加工機 10号機導入。
           三次元測定機導入。
      2005年 東海工場完成。2kWレーザ切断機11号機導入。
      2006年 レーザ表面改質を強化。
  •  
    • 2007年 4kW半導体レーザ導入。
      2008年 6kWレーザ表面改質加工機導入。300Wファイバー
           レーザ加工機、450WパルスYAGレーザ加工機導入。
           ARGES社製 2軸スキャンヘッド導入。
      2009年 5kWファイバーレーザ加工機導入。
           ARGES社製 2軸スキャンヘッド導入。
  •  
    • 2010年 ISO 9001 認証取得。
      2011年 2kWシングルモードファイバーレーザ導入。
           180W樹脂溶着用半導体レーザ導入。
           ハイスピードカメラ導入。
           Y-E DATA社製 2軸デジタルスキャンヘッド導入。
  •  
    • 2012年 JIS Q 9100 認証取得。3kW半導体レーザ導入。
           30kWファイバーレーザ導入。
           シームトラッキングレーザ溶接加工ヘッド「LEXA」
           を開発。
           ビームプロファイラー導入。
  •  
    • 2014年 6kWファイバーレーザ(4チャンネル仕様)導入
      2015年 3kW半導体レーザ用6軸ロボット導入。
           デジタルX線検査装置300kV、90kV導入。
  •  
    • 2016年 Y-E DATA社製 3軸デジタルスキャンヘッド導入。
           マイクロフォーカスX線CTシステム導入。
      2017年 6kW半導体レーザ焼入れ、肉盛りシステム導入。
            Y-E DATA社製3軸デジタルスキャンヘッド導入。
           加工点モニタリングシステム導入。
  •   
    • 2018年 インプロセスX線モニタリングシステム導入
           人工知能加工点モニタリングシテム開発
平均勤続勤務年数 2018年
男性の平均勤続年数 10.5年
女性の平均勤続年数 15.0年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2017年
月平均18.5時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2017年
3.4日/人
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 2017年
5.4%

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 〒476-0002
愛知県東海市名和町四ノ下22番地
  前田工業(株) Maeda Kogyo
  前田利光 Toshimitsu Maeda
TEL 052-604-8650
FAX 052-601-6353
URL http://www.maeda-kogyo.co.jp/
E-mail maeda@maeda-kogyo.co.jp
交通機関 名鉄常滑(とこなめ)線 
聚楽園(しゅうらくえん)駅より徒歩10分~15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp205177/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
前田工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ