最終更新日:2018/4/20

(株)鈴木化学工業所

  • 自動車・自動車部品
  • 化学
本社
愛知県
資本金
3,500万円
売上高
27.7億円(2017年9月期実績)
従業員
166名(2018年2月現在)
  • 業種 自動車・自動車部品、化学
  • 本社 愛知県
  • 資本金 3,500万円
  • 売上高 27.7億円(2017年9月期実績)
  • 従業員 166名(2018年2月現在)
(株)鈴木化学工業所 - マイナビ2020

特殊な技術を自慢するのでなく、開発から製造までトータルにできる点を誇りにしたい。

会社紹介記事

PHOTO
私たちが手がけるのは安全を守り、人の命を預かる重要な部品です。近年では成形・溶着の技術に加えて開発力も高めるため、顧客へ設計職を出向させています。
PHOTO
正社員は約120名。まわりに対し、自己表現のできる人ほど伸びていく環境です。新卒に関しては必ず複数名で採用し、同期とともに成長できるよう配慮しています。

お客様の“困った”に対応できる会社をめざしています。

PHOTO

「みなさんの会社選びと同様に、採用側も真剣です。そのため当社では内定前に、もう1度お互いの気持ちを確認し合う機会も設けています」と小幡社長。

当社は自動車用プラスチック部品の製造メーカーです。中でもパワステ(ハンドルを回す力を補助をする機構)やブレーキオイルのタンク、冷却水タンクといった“保安重要部品”と呼ばれるものと、燃料系の部品を得意としています。
技術面で言えば、成形技術と溶着技術に優れていて、愛知ブランド企業にも認定されているほど。どちらも業界的には当たり前の技術ですが、例えば成形は材料によって難度も変わってきます。当社ではクリーンルームに準じた環境での成形や三次元測定機・輪郭形状測定機などの導入により、ミクロン単位の精度要求にも対応。プラスチック成形技能士の資格取得者も多数在籍しています。
溶着に関しても、当社が行う熱板溶着の技術は、信頼性が要求される部位に採用されています。

私たちの技術は決して特殊なものではありません。ただし組織として、お客様から要求されたことをやり抜く力はどこにも負けないと自負しています。
車というとデザイン面の印象が強く、特に当社が手がけるような“見えない部分”に使われる部品には、なかなか目が行き届かないものです。
でも車の基本は「走る」「曲がる」「止まる」。その基本性能につながる部品に携わる魅力は大きなものがあるはず。しかも性能面を考えるのは顧客ですが、それを具現化するのは私たちなのです。

当社では技術のプロになっていただくため、人材教育にも力を入れています。私や部長・課長、ベテラン社員による「勉強会」や、資格試験に向けたサポートも積極的に行っており難関である「射出技能検定特級」取得者も3名います。さらに「気づき塾」と名付けた、モノづくりをする上で必要な「気づき」を向上させる教育も行っています。育てる体制が構築されているので、文系の学生も大歓迎。実際に今でも新製品の立ち上げに関わる生産技術の部署などで、文系出身の先輩たちが活躍しています。

会社としても売上至上主義ではなく、人の成長を大切にする会社でありたいと思っています。めざすのは一人ひとりが相手のことを思いやり、手をあげればやりたいことにチャレンジできる環境。その中で大きく育っていってほしいと願っています。(代表取締役社長 小幡和史)

会社データ

正式社名フリガナ

スズキカガクコウギヨウシヨ

事業内容
自動車に搭載される各種プラスチック部品の成形・加工
本社郵便番号 444-0122
本社所在地 愛知県額田郡幸田町大字六栗字左右作2番地1
本社電話番号 0564-64-1058
設立 1960年6月
資本金 3,500万円
従業員 166名(2018年2月現在)
売上高 27.7億円(2017年9月期実績)
事業所 本社工場/愛知県額田郡幸田町大字六栗字左右作2-1
幸田工場/愛知県額田郡幸田町大字野場字四ツ塚3-8
売上高推移 27.7億円(2017年9月期実績)
24億円(2016年9月期実績)
22億円(2015年9月期実績)
平均勤続勤務年数 12年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 17時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)鈴木化学工業所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ