最終更新日:2019/5/8

  • 正社員

小西化学工業(株)

  • 化学
本社
和歌山県
資本金
1,000万円
売上高
52億円(2019年3月期実績)
従業員
125名
募集人数
1~5名
  • 業種 化学
  • 本社 和歌山県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 52億円(2019年3月期実績)
  • 従業員 125名
  • 募集人数 1~5名

「キラリ☆」と光るKONISHIの技術。チャレンジ精神で社会のニーズを“化学”に翻訳し、世の中を変えていく。

採用担当者からの伝言板 (2019/03/01更新)

はじめまして 小西化学工業(株) 採用担当 大谷です。
和歌山市にある「小さいけれどキラリと光る!」研究開発型化学メ-カ-です。
成長分野の新しいテーマに数多くかかわっています。
ボーイング787に使用される炭素繊維複合材用特殊樹脂をボーイング社の認定を受けて受託生産。2013年には福井工場を新設し、ボーイング社からの増産体制を整えました。
2014年9月には、朝日新聞出版より元マイクロソフト日本法人社長 成毛眞氏の『成毛眞の本当は教えたくない意外な成長企業100』にも掲載いただいています。
2017年には福井工場にIot技術を駆使した第2プラントが完成、本社工場においても2018年に新開発プラントが完成。社内は活気に満ち溢れています。

さらなる飛躍に向け、小西化学の将来を担う、元気で前向きに仕事に取り組める方のエントリーをお待ちしております。

中小企業庁ホームページ「ミラサポ」の「バーチャル企業説明会」でも社内の雰囲気を動画でご覧いただけます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
機械にできることは機械に任せる。福井工場は、ロボットとIoT活用により、無駄を省いたスマートファクトリー。新ラインの増設が続きます。
PHOTO
ボーイングに提供している特殊エポキシ樹脂。それに続く素材開発をめざし、プラスチック展などに出展。新たなユーザーとの出会いも増えています。

世界の人々を幸せにする「夢の新素材」。みなさんが生みの親になるかもしれません。

PHOTO

本社プラントは第二、第三の投資で新ラインを増設予定。好奇心旺盛で能動的にかかわっていく学生さんとお会いできるのを楽しみにしています。(小西社長)

◆世界でも数社しかない素材メーカー
小西化学工業は大企業ではありません。しかし、「私たちの右に出る者はいない」と胸を張れる独自の技術を持っています。それがスルホン化技術です。
この技術を使って、DHDPS(ジヒドロキシジフェニルスルホン)の開発に成功!DHDPSはスーパーエンジニアリングプラスチック(超高機能性樹脂)の原料となる特殊エポキシ樹脂で、国内で製造しているメーカーは当社だけ。40年間進化しながら、大手メーカーをはじめとするお客様に選ばれ続けているロングセラー製品です。
当社はもともと、お客様から指定された手法に従って素材を提供する受託メーカーでした。しかし安価な海外製品の流入に危機感を抱き、新たなモノづくりに挑戦。そしてDHDPSが生まれました。この樹脂を炭素繊維に含浸させると、鉄の4分の1の重量で10倍の強度を持つ素材をつくることができます。実は、次世代中型旅客機ボーイング787の機体に採用されています。ボーイングの機体に素材提供しているメーカーは世界でも数えるほど。そのうちの一社が当社なのです。

◆新プロジェクトが次々!
受託型メーカーから、独自の技術と発想で提案する研究開発型メーカーへ。この方向転換が、第二成長期の扉を開けるきっかけとなりました。人に、設備に、大胆な投資とチャレンジをしてきた土壌から芽が吹き始めています。
2013年、特殊エポキシ樹脂の需要増を受け、福井に新工場を建設。2017年には高まるニーズに対応するためDHDPSの製造プラントを増設。さらに2018年には和歌山本社に新プラントが完成し、次世代シリコーン樹脂等、新規開発製品の製造拠点として運用が始まりました。そして今後も新たなプラントが誕生予定!社運をかけたプロジェクトのメンバーに抜擢されるかもしれませんよ。

◆間違いなく面白い未来が待っている
小西化学工業はトップランナーではありませんが、先頭集団にいると確信をしています。 走り続けた先に何があるのか?私にもまだわかりません。しかし、間違いなく新しい世界がある。それなら先頭集団から外れないよう、必死に食らいついていこうじゃありませんか。
今後はアプリケーションを意識した開発にも注力するので、技術領域はさらに広がります。エンドユーザーに近い商品を生み出し、世の中の役に立つ喜びを実感してみませんか。

【代表取締役社長/小西 弘矩】

会社データ

プロフィール

☆☆約70年前の創業から変わらないチャレンジ精神

現社長の父が畑違いの分野から独学で化学を勉強し、メーカーとしての一歩を踏み出したー。ここから、約70年後の現在へと続く小西化学工業の歴史が始まりました。

つくるものは変わっても、パイオニア精神は健在。有機合成で培ったノウハウをもとに、中間体から機能材料の開発・製造へと領域を拡大しています。

「領域を拡大」と口で言うのは簡単ですが、実際にはラボからスケールアップに至るには、膨大な時間と労力とコストがかかります。一つの着想が形になるには10年スパンでの期間が必要ですし、研究者も育成しなければなりません。そのリスクを恐れず、投資が必ず実を結ぶと信じてチャレンジを続けてきました。それらの決断が、国内で唯一、ボーイング787に素材を提供するメーカーという結果に結びついたのです。

☆☆中期経営計画を推進中

第二成長期を迎えた小西化学工業では、中期経営計画を策定し、推進しています。
(1)事業の成長
(2)組織の成長
(3)個人の成長
3つの成長を同時に進め、レベルアップしていこうと皆でがんばっています。

ラボと製造をつなぐエンジニアリングを強化するため、2019年に「設備企画部」という新部署を創設。一体的なモノづくりの体制を構築しつつあります。

人材育成に関しても当社独自の発想で。上から押し付けるのではなく、その人の適性や思いを基本に、やりたいことができるのが当社の研究部。
また、大手メーカーからシニアエンジニアを招き、豊かな経験を若手に伝えてもらっています。

☆☆SDGs(持続可能な開発目標)への挑戦

2015年、国連総会で採択された「SDGs」。私たちはこの活動に賛同し、地球規模の課題解決に貢献したいと考えています。

航空機の機体の軽量化・燃費向上を実現する特殊エポキシ樹脂の開発もその一つですし、透明性と耐熱性に優れたハイブリッド材料の開発・製造、効率化・省人化を進めるスマートファクトリーもSDGsの理念に沿うものです。
社員の健康増進にも取り組み、2017年には和歌山県初の「健康経営優良法人2017」に認定されました。

事業を通じて持続可能な社会を実現するため、人づくり、モノづくりへの挑戦は続きます。

事業内容

PHOTO

最先端の光学材料や電子材料に使われるPSQ専用の新プラントを本社横に新設。今後も新たなプラントが誕生予定!10年先を見据えた戦略が続々形に。

情報電子材料、機能性樹脂、感熱紙用顕色剤、ポリマー改質剤、エポキシ樹脂硬化剤、耐熱樹脂用モノマー、特殊モノマー、ケイ素系有機/無機ハイブリッド材料、医薬中間体等、多岐に使用される機能性化学品の開発・製造・販売及び受託製造

【当社製品の具体的な用途例】
 ・航空機等に使われるCFRP(炭素繊維複合材料)用のエポキシ樹脂および硬化剤
 ・航空機・人工透析膜・各種耐熱電子部品用に用いられるスーパーエンプラの
  モノマー
 ・POSラベル・レシート紙・バーコードシール等に使われる感熱紙用顕色剤
 ・ストッキング等に用いられるナイロン繊維用染料固着材
 ・ポリエステル改質剤
 ・携帯電話等の液晶画面に用いられる液晶形成用ポリマーの主原料

【Topics】
・和歌山本社の敷地内にPSQ(ポリシルセスキオキサン)の製造を行う専用施設を新設
・新組織「設備企画部」を創設。研究と製造が知恵を出し合い、効率的なモノづくりを進める
本社郵便番号 641-0007
本社所在地 和歌山県和歌山市小雑賀3丁目4番77号
本社電話番号 073-425-0331
創業 1952(昭和27)年5月
設立 1962(昭和37)年 9月
資本金 1,000万円
従業員 125名
売上高 52億円(2019年3月期実績)
事業所 ■本社
〒641-0007
和歌山県和歌山市小雑賀3丁目4番77号
■福井工場
〒913-0038
福井県坂井市三国町テクノポート2丁目8-2
主な取引先 住友化学(株)、三洋化成工業(株)、奥野製薬工業(株)
日本化薬(株)、三井物産(株)
平均年齢 37歳
新たな価値を創造! 現在、自社の独自技術開発と受託開発の二本柱で研究を進めています。
その核となるのが、当社の基盤技術であるスルホン化技術です。
最近では、従来の低分子化合物ではなく、高分子のスルホン化技術を開発・権利化し、水を浄化するための膜の素材や、人工透析で血液の洗浄に使われるフィルターの素材への展開を図っています。
その他ボーイング787向けの特殊樹脂をはじめ、ケイ素系無機有機ハイブリッド材料や有機EL、燃料電池、水処理用の素材など、いくつもの素材開発に挑戦。高い技術力で、新素材を社会に送り出す喜びが感じられる仕事が待っています。
意外な成長企業100! 2014年9月、朝日新聞出版社より 元マイクロソフト日本法人社長 成毛眞氏による『成毛眞の本当は教えたくない意外な成長企業100』に掲載されました。
バーチャル企業説明会 中小企業庁のホームページ「ミラサポ」内の「バーチャル企業説明会」にて当社を動画でご覧いただけます。ぜひ社内の雰囲気を感じてください。
(当社ホームページの最新情報にもリンクを貼りつけています)
LO活プロジェクト 厚生労働省による、若者へ地方への就職をサポートする「LO活プロジェクト」に和歌山県の優良企業としてネット掲載されています。
「企業紹介」だけでなく、「学生特派員レポート」も掲載されていますのでぜひご覧ください。
3つの国際標準取得 小さいけれど脇の締まった質の高い会社づくりをめざしています。
国際マネジメントシステムであるISO9001(品質)は20年も前に取得、その後ISO14001(環境)、OHSAS18001(労働安全衛生)も取得し、経営の質の向上につなげています。
レベルアップの機会が充実 タイムリーに講師等を招いたセミナーを開催し、社員個々の、そして組織のレベルアップに繋げています。特に研究部においては月次で技術顧問との討論会や部内勉強会などがあり、レベルアップの機会は充実しています。
やりがいのある人事制度 パフォーマンスの高い社員に報酬で報いる「実力主義賃金制度」です。
基本給には年齢給や勤続給要素はありません。賞与についても、総額は決められた業績連動計算式に基づいてガラス張りに算出。個々への配分は責任等級ごとの評価によるポイント制で決まりますので、基本給には関係ありません。経験や勤続年数に関係なく、頑張れば報いられる制度です。
若手社員の積極登用 やる気のある若手を積極的に登用、プロジェクトに参画し、どんどんキャリアアップを図っています。
現在も入社5年目の若手社員が、大型プロジェクトのサブリーダーに抜擢され、緊張感のなかで貴重な経験を積んでいます。
健康経営を推進しています 社員の健康管理・健康増進を推進する「健康経営」に取り組んでいます。2016年10月「わかやま健康推進企業認定制度」で県下第1号として認定を受け、2017年2月に経済産業省の「健康経営優良法人2017」に認定、その後3年連続で「健康経営優良法人」に認定されています。
社長コミュニケーション 社長と社員の1対1のコミュニケーションです。
派遣社員やパート社員の方も含め、仕事への思いや将来の夢など何でも社長と話しができる機会を設けています。
社員の本音や希望などを聴き、経営に活かしていくのが目的です。
社長席が移動! 「社長デスクムービングアラウンド」という小西化学ならではの取り組みです。年間のスケジュールに沿って毎月1週間 社長の席が予定部署の空いている席に移動、そこが社長席になります。
各部署の雰囲気を肌で感じ、部内会議にはオブザーバーとして参加し、週末には若手社員と一緒に食事しながら(もちろんお酒も)思いや夢を語り合います。
毎月「昼食会」を開催 毎月1度、社長と社員が全員集まって一緒に昼食をとります。
社長から業績やトピックスが報告され、経営情報を直に発信するとともに、食事後は結婚や出産祝い、資格合格祝いや改善提案表彰、誕生祝などが直接社長から贈られます。福井工場ともWebでつないで同時開催します。
キラリ!KONISHI 「キラリ!KONISHI」とは全員参加の社内活性化活動。
遊び心も加えていろいろな活動を展開しています。

●「各チームの活動が見える化された活動掲示板」
  福井工場も含めて社内を7つのチームに分け、それぞれのチームで美化・
  改善・活性化の活動を実施しています。
  活動掲示板では各チームの活動状況を見える化しています。
●「キラリ!KONISHIコミュニケーション奨励金」
  3人以上で食事や飲み会をした場合、ひとり1,000円が補助されます。
  回数の制限はありません。
●「キラリ!KONISHI婚活サポート」
  婚活行事に参加した場合、デート代として会社から5,000円を支給します。
  こちらも回数制限はありませんが、真剣に取り組むことが条件です(笑)。
●「キラリ!KONISHIポスターコンテスト」
  毎年1回コンテストを実施。
  優秀賞・社長賞6点が選ばれ、お客様にも見ていただける場所に1年間
  掲示されます。
●「キラリ!KONISHI川柳コンテスト」
  毎年1回コンテストを実施。
  優秀賞・社長賞は表彰とともにポスターとして1年間掲示されます。
社内報「上昇気流」 手作りで年に2回発行しています。
福井工場もできたので、情報もバラエティに富んでより楽しい紙面になってきました。社内報ではありますが、ホームページの最新情報にも公開していますので、興味があればご覧ください。
沿革
  • 1952年
    • 小西化学工業所として創業、化学工業薬品の製造販売を開始
  • 1962年
    • 株式会社組織に変更し、小西化学工業(株)として創立
  • 1977年
    • DHDPS新工場操業開始
  • 1983年
    • 英国ICI社にDHDPS製造技術供与
  • 1996年
    • ISO9002認証取得
  • 1997年
    • 小西弘矩社長就任
  • 2001年
    • ISO14001認証取得
  • 2003年
    • エポキシ樹脂プラント操業開始
  • 2005年
    • OHSAS18001認証取得
  • 2007年
    • 開発プラント操業開始
  • 2013年
    • 福井工場操業開始
  • 2016年
    • 和歌山県「1社1元気技術企業」に『機能性スルホン化ポリマーの開発技術』登録
      「わかやま健康推進企業」に県第1号として認定
  • 2017年
    • 経済産業省中小企業庁主催「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定
      経済産業省「健康経営優良法人2017」に認定
      福井工場第2プラント完成(IoT技術を駆使したスマ-トファクトリ-)
      経済産業省「地域未来牽引企業」に選定
  • 2018
    • 経済産業省「健康経営優良法人2018」に認定
      本社新開発プラント完成(2018/10)
  • 2019
    • 経済産業省「健康経営優良法人2019」に認定
平均勤続勤務年数 11年 (2018年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間 (2018年実績)
*20時間 (研究部 2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日 (2018年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 男性:3名
女性:1名
前年度の育児休業取得者数 女性:1名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 現時点では女性管理職はいません

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒641-0007
和歌山県和歌山市小雑賀3-4-77
本社総務部 大谷までお問い合わせください。
URL http://www.konishi-chem.co.jp/index.html
E-mail k.otani@konishi-chem.co.jp
交通機関 JRきのくに線(紀勢本線)宮前駅より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp206323/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
小西化学工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ