最終更新日:2018/11/14

(株)諸長

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品
本社
新潟県
資本金
3,000万円
売上高
176億円 (2018年度5月期)
従業員
86名(2018年11月現在)
  • 業種 商社(食品・農林・水産)、食品
  • 本社 新潟県
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 176億円 (2018年度5月期)
  • 従業員 86名(2018年11月現在)

日本の伝統・誇り、そして食の基本である「お米」を産地より全国のお客様へ。 「農」を守り「食」を支える。創業112年、これから先もずっとずっと。

会社紹介記事

PHOTO
産地のお米屋であることを最大に生かし「魚沼産コシヒカリ」を中心に、個人のお客様から食のプロが認める業務用米まで心を込めて全国の皆様にお届けしています。
PHOTO
社長や先輩社員の人柄に魅力を感じて入社した人も多く、社員の繋がりが強い所が諸長の特徴。それゆえに社員同士が高め合い生き生きと仕事をしています。

新潟の特産品「お米」を全国に。

PHOTO

営業部 営業課 藤堂彰宏

■お客様と一緒に考えた商品や企画で、売上を伸ばすことが喜び
私の仕事は、お客様(お米の卸売業者様、スーパーや飲食店)を訪問し、お客様と一緒に商品や企画を考える仕事です。商品のレイアウトや値段、販売量の予測など、しっかりとマーケティングを行い、一般の消費者に受け入れてもらえるようお客様と二人三脚で工夫していきます。営業は、常に対人相手となるため、相手がどのように考えているかなどを読み取り、話をすることがとても難しく感じます。ですが、商品の魅力をお客様に説明し、それについて興味を持っていただき、ご購入していただいた時は、営業として一番うれしい瞬間です。お客様から「諸長の商品は良いね」と選んでもらえたとき、やっていて良かったと思います。
入社の決め手は、目標としている尊敬できる社員の方がいたからです。入社後、先輩のみなさんはとても温かく接してくれました。仕事のことはもちろん、プライベートなことまで何でも相談に乗ってくれ、コミュニケーションが図りやすいとても雰囲気のいい会社です。
(営業部 営業課 藤堂 彰宏)

■社員一丸となって取り組み、達成感のある仕事
製造部での仕事は、その日のお客様からの注文に合わせて、精米プラントへ原料である玄米の張り込み(投入)指示、精米加工、製品の包装指示までを行っています。
お客様によって米袋(包装)の種類などが違うので初めは覚えるのは大変でしたが、その日の精米工程がスムーズに行くと喜びも大きいです。新米時期の9~10月は一年で一番の繁忙期。多い日だと夕方から30キロ、1,000袋の張り込み(投入)をし、それをすべて精米し、製品にし出荷までを行うため、根気の必要な作業です。しかしこの時期には社員全員で出荷対応をし、無事に出荷できた時には大きな達成感を感じられます。
繁忙期を乗り切ると年明けからは毎年研修旅行が実施され、海外へ研修に行ける事を楽しみにしています。それを糧に日々の仕事を頑張っています。
また会社説明会時に社長が「農業に対する問題も多くありますが、当社は逆にそのピンチは新潟のお米を世界に広めるチャンスだと考えている」と話をしていた所に魅力と光を感じ、この会社への入社を決めました。
(製造部 精米課 佐藤 大輔)

会社データ

事業内容

PHOTO

・米穀集荷業
・米穀卸売業
・酒類・燃料(プロパンガス・灯油)
・住宅設備機器、及び家電販売
本社郵便番号 946-0035
本社所在地 新潟県魚沼市十日町352-15
本社電話番号 025-793-1919
創業 1906年10月(明治39年)
設立 1979年9月8日
資本金 3,000万円
従業員 86名(2018年11月現在)
売上高 176億円 (2018年度5月期)
売上高推移 2008年5月末 75億2,000万
2009年5月末 78億
2010年5月末 79億9,000万
2011年5月末 82億3,000万
2012年5月末 85億9,000万
2013年5月末 100億2,000万
2014年5月末 109億5,000万
2015年5月末 110億4,000万
2016年5月末 126億3,000万
2017年5月末 151億
2018年5月末 176億
(過去赤字決算なし)
事業所 【本社・魚沼精米工場】
新潟県魚沼市十日町352-15

【見附精米工場】
新潟県見附市新幸町4-1

【東京営業本部】
東京都中央区日本橋堀留町1-1-5
日本橋堀留ビル5階

【福田支店】
新潟県魚沼市福田新田185

平均年齢 36.2歳(役員除く)
沿革
  • 1906年
    • 米穀小売、酒類小売、塩の小売を目的とし
      初代諸橋長吉によって諸長商店を創業
  • 1949年
    • 法改正に伴い、米穀小売業、酒類小売業、たばこ
      小売業免許取得、プロパンガス、灯油順次取扱
  • 1979年
    • 資本金2,000万円で 合資会社諸長商店
      法人設立 代表社員 諸橋龍夫
  • 1991年
    • 一次集荷業認可(農林水産大臣許可)
  • 1994年
    • 資本金3,000万円で(株)諸長商店に
      組織変更 代表取締役 諸橋勤
  • 2000年
    • 東京都練馬区に東京営業所建設
  • 2004年
    • 倉庫業者登録国土交通大臣認定
      本社を現、魚沼市十日町352-15に移転
  • 2010年
    • 「(株) 諸長」へ社名変更
  • 2014年
    • 第2工場・見附精米工場を竣工・操業開始
  • 2017年
    • 東京営業所を中央区日本橋に移転し「東京営業本部」として設立
平均勤続勤務年数 8.5年(2018年11月現在)
売上の増加と会社の成長に伴いここ数年で新卒採用活動を行うようになり社員数が増えました。
このため比較的勤続年数は短いですが、若いリーダーの元、活気ある職場環境で仕事をしています。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均所定外労働時間 8.3時間(2017年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 6名(うち女性2名、男性4名 2017年度実績)

前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性2名、男性1名 2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 25%(16名中女性4名 2017年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)諸長と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)諸長を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ