最終更新日:2019/7/1

  • 正社員
  • 既卒可

広島中央農業協同組合(JA広島中央)

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 農林・水産
  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 共済
本社
広島県
出資金
30億6,775万円(2018年3月)
売上高
34億9,722万円(2018年3月)
職員数
241名(2018年4月)
募集人数
11~15名
  • 業種 農業協同組合(JA金融機関含む)、農林・水産、信用金庫・労働金庫・信用組合、共済
  • 本社 広島県
  • 出資金 30億6,775万円(2018年3月)
  • 売上高 34億9,722万円(2018年3月)
  • 職員数 241名(2018年4月)
  • 募集人数 11~15名

農業の振興・地域の活性化・人づくりを経営の中心におき、「未来を創るのは自分たちである」という誇りを持ち、心のふれあいと地域を大切にする組織運営を目指しています。

2020年卒採用 募集を開始しました!! (2019/07/01更新)

JA広島中央の採用ページにアクセスいただき誠にありがとうございます。
新採用の募集を開始しました。皆さんの積極的なご応募をお待ちしております。

【書類応募〆切スケジュール】
<第1期> 7月1日(月)~7月31日(水)
<第2期> 8月1日(木)~8月31日(土)

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「あったかーい大地をめざし、私たちは地域農業の創造と心豊かな大地づくり人づくりをめざします」を経営理念に掲げ、2017年4月に20周年を迎えた「JA広島中央」。
PHOTO
営農相談はもちろん貯金、ローン、共済、リフォーム等生活に関するあらゆる相談をワンストップで対応できる体制を整え、組合員様や地域住民の方の暮らしをサポートします。

大切なのはチームワーク。支え合いの風土が根付いているので、安心して成長できます!

PHOTO

高屋グリーンセンターで営農指導を行う高盛さん(右)、黒瀬支店で貯金を担当する中本さん(左)。2人とも同僚や組合員様から厚い信頼を寄せられています。

大学進学で初めて県外に出て、ふるさとのすばらしさを実感。就職活動時の最優先事項は「東広島で働くこと」でした。その中で、JA職員に対しては「公務員に近く、地域を支えている存在」というイメージを持っていました。農業に関する知識はまったくありませんでしたが、在学中に学校教員の資格も取得しており、人に何かを伝えていく業務に魅力を感じて入職を決意しました。
営農指導とは、植付けから出荷まで農業に関するあらゆるアドバイスを行う仕事です。ただ、それだけでなく日頃からいろいろなお話をするので、農家の方とは自然と距離が近くなります。ビジネスライクなお付き合いではなく、もっと身近で親しみのある関係の中で、農家の方からいただく感謝の言葉や笑顔が仕事のやりがいに繋がっています。
2014年には1年半の現場研修や実技・学科試験をパスして「営農指導員」の認証を受けましたが、ほかにも様々な勉強会や研修が開かれており、常に新しい知識や多くの人の意見を聞きながら見識を広められるのも嬉しいです。
《高盛洋起/2010年入組》

祖父母が農業を営んでいたので、幼い頃からJAは身近な存在でした。機械が壊れたり肥料が必要になったりした時に、すぐに駆けつけてくれる職員の方には、とても頼りになる存在だなという印象を抱いていました。JAといえば「農業」というイメージが強かったのですが、入組後に信用や共済、旅行など様々な事業を展開していることに驚きました。生活に関するあらゆるものを幅広くカバーしているんです。
私は現在信用事業の担当で、貯金の入出金や振込手続き、金融商品のご案内などを行っています。お客様は長年利用してくださる方がほとんどなので、自然と顔や名前を覚えていきますし、仲良くなっていきます。そんな方々から大切な資産を信頼して預けていただいているので、やりがいもとても大きいです。
入組1年目は分からないことだらけで落ち込むことも多かった私ですが、親身になって相談に乗ってくれる上司や先輩のおかげで乗り切ることができました。周りのみんなで支え合いながら「チームで働く」という考え方なので、ひとりで悩みを抱え込むようなことはほとんどないと思います。また、有給も取りやすく、産育休を経て復職するのも当たり前のこととして浸透しているので、安心感を持って長く勤めることができる職場です。
《中本初美/2015年入組》

会社データ

プロフィール

当組合は、東広島市(安芸津町を除く)、三原市大和町を事業区域として、農業者を中心とした地域住民の方々が組合員となって、相互扶助(お互いに助け合い、お互いに発展していくこと)を共通の理念として運営される協同組織であり、地域農業の活性化に資する地域金融機関です。

組合員の皆さまなどからお預かりした大切な財産である「貯金」を源泉として資金を必要とする組合員をはじめ地域の皆さまや、地方公共団体へもご利用いただいており、地域の一員として、農業の発展と健康で豊かな地域社会の実現に向けた事業活動を展開しています。

また、JAの総合事業を通じて各種金融機能・サービス等を提供するだけでなく、地域の協同組合として、農業や助けあいを通じた社会貢献に努めています。

事業内容
・営農・生活相談事業
・農業関連事業
・生活関連事業
・信用事業(JAバンク)
・宅地等供給事業
・共済事業(JA共済)
本店郵便番号 739-0015
本店所在地 東広島市西条栄町10番35号
本店電話番号 082-422-2166
設立 1997(平成9)年4月
出資金 30億6,775万円(2018年3月)
職員数 241名(2018年4月)
売上高 34億9,722万円(2018年3月)
事業所 西条支店
  東広島市西条栄町10-35
向陽支店
  東広島市西条町田口3544-1
八本松南支店
  東広島市八本松町原6846
八本松支店
  東広島市八本松町飯田180-3
高屋支店
  東広島市高屋町杵原1264-1
志和支店
  東広島市志和町別府733
黒瀬支店
  東広島市黒瀬町川角564
福富支店
  東広島市福富町久芳3691
豊栄支店
  東広島市豊栄町清武351-1
河内支店
  東広島市河内町中河内782
大和支店
  三原市大和町下徳良111
西条グリーンセンター
  東広島市西条町田口3544-1
八本松グリーンセンター
  東広島市八本松町原6847
高屋グリーンセンター
  東広島市高屋町杵原1264-1
志和グリーンセンター
  東広島市志和町志和堀3536
黒瀬グリーンセンター
  東広島市黒瀬町川角564
福富グリーンセンター
  東広島市福富町下竹仁505-1
豊栄グリーンセンター
  東広島市豊栄町清武351-1
河内グリーンセンター
  東広島市河内町河戸112
大和グリーンセンター
  三原市大和町下徳良740-1
農機センター
  東広島市高屋町杵原1276
葬祭センター
  東広島市八本松飯田5-10-25 
     
前年度の育児休業取得対象者数 8名(うち女性8名、男性0名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 8名(うち女性8名、男性0名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒739-0015
広島県東広島市西条栄町10-35
JA広島中央 総務部人事課
TEL:082-422-2170
URL http://www.ja-hirochu.or.jp/
E-mail hc-jinji@ja-hirochu.or.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp207708/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
広島中央農業協同組合(JA広島中央)と業種や本社が同じ企業を探す。
広島中央農業協同組合(JA広島中央)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ