最終更新日:2019/6/25

  • 正社員
  • 既卒可

浜名湖競艇企業団

現在、応募受付を停止しています。

  • 財団・社団・その他団体
本社
静岡県
出資金
7,471万円
売上高
438億円(平成30年3月)
従業員
164名(平成31年2月1日現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 財団・社団・その他団体
  • 本社 静岡県
  • 出資金 7,471万円
  • 売上高 438億円(平成30年3月)
  • 従業員 164名(平成31年2月1日現在)
  • 募集人数 1~5名

“Let’s BOATRACE!”~業界売上1兆円越え!ボートレース浜名湖であなたのアイディアを活かしませんか~

インターンシップ受付中! (2019/06/25更新)

現在、夏季インターンシップを受け付けております。
詳細は、HPをご確認ください!

会社紹介記事

PHOTO
まるで水面を高速ジェット機のように滑走する姿、ターンマークでの攻防は、多くの観客を魅了します。
PHOTO
地方財政の改善、社会福祉の増進を目的に経営する地方公営企業です。

仕事とプライベートの調和がとれた職場で地域貢献事業を支えませんか?

PHOTO

◆伊藤宏誠 宣伝課 2016年入団
現在、紙媒体を利用した広報宣伝業務を担当しています。紙媒体の広報は、ボートレース場の魅力を発信するツールとして重要な役割を担っており、どのような告知を行うことが効果的か考え、日々業務に取り組んでいます。チラシやパンフレットを目にしたお客様に「ボートレース浜名湖へ行ってみたい」と思ってもらえるよう、お客様の目線を大切にし、魅力が伝わるような内容にすることを心掛けています。
心に残っていることは、作成したポスターをお客様から誉めていただいたり、欲しいという要望をいただいたりしたことです。レースのコンセプトに合わせ、魅力的且つインパクトのあるポスタービジュアルが完成したときは、満足感と仕事に対するやりがいを感じます。
プライベートでは、釣りが趣味で休みの日には、一日中釣りに没頭している日もあります。また、長期休暇には職場の仲間とサイクリング旅行を楽しむこともあります。時間外勤務も少なく、休みの希望が通りやすい職場だと思うので、充実したプライベートを過ごすことができています。

◆三ヶ島詩織 総務課 2012年入団 
「ボートレース」と聞くと特に女性には縁遠いように感じるかもしれません。実際に私も入団時には、ボートレースの知識がほとんどありませんでした。初めは、「三連単?」という状態でしたが、知識がない職員に対しても研修を通じ、無理なく1からボートレースについて学ぶことができました。ボートレースの知識がないからこそ、新たな発想が生まれることもあるので、心配はありません。企業団では、家族連れで楽しめるレジャー施設として、女性目線の意見も重視しています。私は、施設リニューアルの打合せに参加することもあり、全てのお客様に快適に過ごしていただけるように、内装や質感の部分で女性目線からの意見を取り入れています。
 結婚後は、産前・産後休暇、育児休業を取得し、1年3ヶ月を経て、職場に復帰しました。復職時には保育園に入れずに待機児童になってしまいましたが、快く育児休業延長を認めてくれた職場には本当に感謝しています。現在は、保育園の迎えのために育児短時間勤務制度や育児部分休業制度を利用しながら、仕事に育児に日々奮闘しています。職場のサポートも厚く、年次有給休暇も取得しやすいため、家族との時間も大切に出来るので、本当の意味で育児との両立ができる職場だと思います。

会社データ

プロフィール

ボートレースを開催しているのは、民間企業だと思っていませんか?

ボートレースは地方公共団体が主催する公営競技の1つです。
主催者である浜名湖競艇企業団は、昭和28年3月に静岡県知事に認可され設立した地方公営企業であり、職員は地方公務員になります。

浜名湖競艇企業団では、「お客様に愛されるレース場づくり」をモットーに、有料席の改修や場内インターネット環境の整備など、常に高水準のサービスを提供することを心掛け、お客さまの満足度向上に努めています。
また、新規ファンの獲得や既存ファンへのさらなるアプローチを目的に、時にはプロジェクトを立ち上げ、20代の若手職員を中心にアイディアを出し合いながら企画を進めることもあります。プロジェクトメンバーは、所属課を越えて構成されるため、連携を深め、互いに刺激を受けながら成長することができます。

さらに、ボートレースの収益金は、社会の様々なところで役立っています。
例えば、地方自治体の財源として、教育費、土木費、消防費、保健衛生費、災害復旧費、公害対策費等に使われています。
また、日本財団を介し、特別養子組支援、難病児支援、障害時支援、パラリンピック支援、災害復興特別支援等もしています。最近では、2016年に起きた熊本地震の際に、熊本城の再建や家屋損壊に対する見舞金など緊急支援として総額93億円を拠出しました。
このように、ボートレースの収益金は私たちの身近なところで役立てられています。

浜名湖競艇企業団の職員でしかできない仕事があります。

「ボートレースを通じて社会貢献したい」
「自ら考え、新たな価値の実現に向けて挑戦したい」

という熱い気持ちを持つ皆様にチャレンジをお待ちしております!

事業内容

PHOTO

ボートレースを盛り上げていくことが、地域貢献に繋がります。

ボートレース事業の運営をしています。
ボートレースは主に、地方財政の改善(浜松市及び湖西市)、社会福祉の増進を目的としています。浜名湖競艇企業団は、設立してから64年間で、浜松市に約848億円、湖西市に約541億円を寄与し、それらは公共施設の充実化、地方財政の改善に役立てられています。
本社郵便番号 431-0398
本社所在地 静岡県湖西市新居町中之郷3727-7
本社電話番号 053-594-7112
設立 1953(昭和28)年3月
出資金 7,471万円
従業員 164名(平成31年2月1日現在)
売上高 438億円(平成30年3月)
事業所 ボートレース浜名湖:静岡県湖西市
ボートレースチケットショップ玉川:福島県石川郡玉川村
ボートレースチケットショップ岩間:茨城県笠間市
ボートレースチケットショップ富士おやま:静岡県駿東郡小山町
ボートレースチケットショップ焼津:静岡県焼津市
平均年齢 39.94歳(平成30年4月1日現在)
平均勤続年数 16.82年(平成30年4月1日現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 3時間(平成30年1月~12月実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 19.715日(平成30年1月~12月実績)
取得率:約98.6%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒431-0398
住所:静岡県湖西市新居町中之郷3727-7
担当:浜名湖競艇企業団 総務課 総合人事グループ 
TEL:053-594-7112
URL http://www.boatrace-hamanako.jp/modules/other/?page=index_kigyo
E-mail soumu@hamanako-kyotei.jp
交通機関 JR東海道線 新居町駅北口より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp208079/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
浜名湖競艇企業団と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ