最終更新日:2019/10/19

  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人ロザリオの聖母会

  • 福祉サービス
  • 医療機関
本社
千葉県
資本金
社会福祉法人のため資本金なし
売上高
サービス活動収益 34億1,700万円(2018年度実績)
従業員
579人(2019年8月31日現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 福祉サービス、医療機関
  • 本社 千葉県
  • 資本金 社会福祉法人のため資本金なし
  • 売上高 サービス活動収益 34億1,700万円(2018年度実績)
  • 従業員 579人(2019年8月31日現在)
  • 募集人数 11~15名

光のあたりにくい人々とともに歩む~支合わせを実感できる場所~

  • 積極的に受付中

第3回 法人説明会/見学会について (2019/10/19更新)

日程

第3回 2019年11月14日(木)13:30~15:30

プログラム

13:30~13:35 理事長あいさつ
13:35~14:30 若手職員からのプレゼンテーション
14:30~15:10 施設見学(3箇所じっくりまわります)
15:15~15:30 採用選考の流れ及び懇談
         面接を希望される方は、面接を別室にて実施します。

当会の採用専用サイトが出来ました。コチラも合わせてご確認ください!
https://recruit-rosario.com/


以下は、第1回・第2回の参加者アンケートの内容です。ぜひ、ご確認ください。


参加者の声

1.印象に残ったプログラム
 先輩職員から一言
  3名の若手職員が登壇。質問形式で法人を知ったきっかけや入社の経緯
  仕事上での失敗談と成功談、当会の魅力などをお話しました。
  会場からも複数の方が質問され、和やかな雰囲気の中にも真剣なやり取りがありま
  した。
 施設見学
  聖母療育園(重症心身障害児者入所施設)、聖マリア園(身体障害のある方をちゅうした入所施設)、聖家族園(知的障害を中心とした入所施設)、みんなの家(障がいのある方への就労支援を行う施設、パンの製造工程などを見学)を見学しまた。様々なことを知ることが出来た。説明等がわかりやすかったなどの声をいただきました。

2.自由コメント
・働いていて大変なことを聞けてよかった。
・先輩からの一言や、施設見学で働くイメージがしやすかった(同意見多数)
・たくさんの施設を見学できてよかった(同意見多数)
・職員のあたたかい雰囲気や対応からロザリオの聖母会への思いもより強くなった。
・いろいろな施設を回って楽しかった
・皆、明るくて楽しかった
・実際に働いている人の生の声がとても良かった。
・とっても元気で明るい施設だと感じた。
・施設内の雰囲気がとても明るく、職員の方々の説明がとてもわかり易かった。
・これから働くにあたって、職員のメンタルケアなどもしっかりしていると思うので楽しみです。

会社紹介記事

PHOTO
ロザリオ発達支援センターの夏休みの一コマです。元気いっぱいの子どもたちといっぱい楽しい思い出を創ります。
PHOTO
聖家族園の外出行事の一コマ。外出行事は、皆さんとっても楽しみにしています。みなさんを楽しませる企画を考えるのも大切な支援員の仕事です。

光のあたりにくい人々とともに歩む

PHOTO

本会の地域貢献活動の一つである長島茂雄旗争奪野球大会が行われました。今年は3位に入賞し、理事長賞をいただきました。

ロザリオの聖母会は、結核患者の転地療養所を前身に、1952年の法人設立以来「光の当たりにくい人々とともに歩む」という理念のもと着実に歩みを続けてきました。法人の拠点を旭市に構えるとともに隣接の香取市も含めて、身体・知的・精神・発達・重症心身障害児者や高齢者など、様々な障がい、すべてのライフステージ対応した22の施設・事業所を展開しています。これらの施設・事業所が連携し、法人一体となって地域の方々に「切れ目のない支援」を心がけています。
「私達にとって大切なことは、助けを求めている人のまなざしの訴えを無視することなく手をさしのべ、相談にのり協力できる環境を充実させることに力を尽くさねばなりません。」
当会の設立発起人であり、3代目理事長が当会の広報誌に記された言葉です。これまで歩んできた軌跡を感じ、「助けを求めている人のまなざしの訴え」に応える仕事に一緒に取り組みませんか?
福祉という言葉は、人の「しあわせ」を意味するそうです。私達にとっての「しあわせ」は支え合うことから生まれる「支合わせ」だと考えています。皆、誰かを支えたいと願っています。日々の実践には苦労や困難がつきまといます。
先輩や同僚の助けを借りることもあるでしょう、時には地域の方に助けていただくこともあるでしょう。そして、時間の経過とともに気がつくことがあります。実は利用者の皆さんに支えられていることを・・・。

会社データ

プロフィール

「光の当たりにくい人々と共に歩む」という理念が、脈々と受け継がれています。

ロザリオの聖母会は、1931年にカトリック司祭で外科医師でもあった戸塚文卿神父が、ナザレトハウスという結核療養所を東京市外荏原(現在の品川区荏原)から矢指村野中(現在の旭市野中)に移築したことを起源とします。創設以来ずっと受け継がれる理念「光の当たりにくい人々と共に歩む」に基づき、苦しんでいる人に奉仕すること、あらゆる人の「いのち」を大切にすることが、ここで働くみんなの行動原理になっています。

事業内容

PHOTO

旭市・香取市において、知的・身体・発達・精神・重症心身障害児者等のすべてのライフステージに対応した事業を展開しています。相談、通所、入所とあわせて22の施設・事業所があり、切れ目のない支援を心がけています。
 入所,通所施設では生活支援や日中活動支援、
就労支援を、グループホームでは住まいを提供しています。相談支援においては、虐待防止センターや様々な地域の課題に迅速に対応できるよう24時間365日の支援体制を構築しています。さらに、地域貢献としてコミュニティースペースを旭市と香取市に1箇所ずつ設置して、子ども食堂の運営等をしています。
本社郵便番号 289-2513
本社所在地 千葉県旭市野中4017
本社電話番号 0479-60-0600
設立 1952年5月29日
資本金 社会福祉法人のため資本金なし
従業員 579人(2019年8月31日現在)
売上高 サービス活動収益 34億1,700万円(2018年度実績)
事業所 【海上寮療養所】 千葉県旭市野中4017
【ロザリオ訪問看護ステーション・ソフィア】 千葉県旭市イ1775
【ワークセンター】 千葉県旭市野中4074-1
【聖母療育園】 千葉県旭市野中3831
【聖母通園センター】 千葉県旭市野中3830-1
【ロザリオ発達支援センター】 千葉県旭市野中3846
【旭市こども発達センター】 千葉県旭市高生1
【聖マリア園】 千葉県旭市野中800
【聖家族園】 千葉県旭市野中792
【みんなの家】 千葉県旭市野中3825
【聖家族作業所】 千葉県旭市野中787-1
【ナザレの家あさひ】 千葉県旭市野中4017
【ロザリオ高齢者支援センター】  千葉県旭市野中3820-12
【ロザリオ訪問介護事業所】 千葉県旭市野中3820-12
【デイサービスセンター・ローザ】 千葉県旭市野中4010
【佐原聖家族園】 千葉県香取市返田323-1
【聖ヨセフつどいの家】 千葉県香取市高萩1100-2
【ナザレの家かとり】 千葉県香取市返田323-1
【友の家】 千葉県旭市野中3820-15
【海匝ネットワーク】 千葉県旭市イ838
【東総就業センター】 千葉県旭市野中3825
【香取障害者支援センター】 千葉県香取市高萩1100-2
【香取就業センター】 千葉県香取市高萩1100-2
地域貢献活動(Mado-ka) ◆Mado-kaプロジェクト
 平成27年から「福祉のまちMado-kaプロジェクト」として、「住民参加型のまちづくり」「1億総活躍社会の実現」「地域共生型社会の実現」など示された。また、人口減少と超少子高齢社会を見据えた時代背景に合致し、多様な地域生活課題に向き合う事業となっている。そして子どもから高齢者、障害者に至るまで、住民にとって住みやすい街づくり、魅力ある地域づくり、住民を中心とした福祉を推進、実践する場となっている。
・地域交流拠点機能
・市街地における休憩スペース
・相談支援機能
・生活支援におけるコーディネート機能
・防災支援機能
・地域共生型システムの実践
あさひ子ども食堂 地域住民や関係者と協議し、活動も3年目を迎えた。たくさんの地元の児童に喜ばれ、また親御さん、自治体や近隣住民の支援(物品寄付、ボランティアなど)がある中で、活動は支えられた。ボランティアの方も、子どもたちと将棋や囲碁でふれ合い、障がいのある方々とも、遊びを通じて自然なカタチで交流が保てる機会が増えたことは、すべての方にとって、非常に有意義な時間となっていた。
 近隣の親御さんとともに、毎回5~15名程度の参加があり、住民から喜ばれた。
参加者からは、夕食終了後も「また居たい」と残り、迎えを待つ子どもたちも多かった。児童中心ではあったが、近隣他校の小学校児童など両親とともに参加も多かった。啓発広報活動は、地元住民への貢献も想定し、また、小学校の児童数も考慮し、中央地区内にのみ留め実施を見守ったが、他地域からの参加者やボランティア希望者もみられた。
長島旗争奪野球大会  巨人軍長嶋茂雄氏から社会福祉振興のために優勝旗が贈られたことを契機に、本会では施設職員の慰労、激励と地域青年との交流を目的としてこの大会を主催しており、今年度は第25回を数えて5月26日に開会式を行い、6月16日に決勝戦が行われ地域のクラブチームであるGGナインが優勝した。当会は、十数年ぶりに3位入賞を果たした。3位入賞を祝して理事長より野球部に激励賞が送られた。
地元事業説明会 理事長あいさつに続いて昨年の地元説明会の内容やそれ以降の本会動向、30年度事業計画について法人から説明、その後は食事を摂りながらの懇談に移り、法人職員から、法人所有地脇にある消火水栓の看板が倒れている事や、組長に関して検討していただけないかお願いし、検討いただけることになるなど、意見交換や歓談が行われた。地域に溶け込み地域から愛される法人となるよう交流に努めていきたい。
福祉作文コンクール 今年度で27回を数える本事業に、海匝、香取地区から小・中学校合わせて22校(前年度28校)、112点(前年度146点)の応募作品が寄せられた。
内容的にも優れたものが多く、入賞者は小学4年の部6人、5年6人、6年6人、中学1年の部6人、2年7人、3年6人の合計37人を数えた。それらのうち、各学年一席に選考された優秀作品を広報ロザリオ特集号に組み、関係各所に配布した。なお、表彰式を12月8日の障害者週間行事において、いいおかユートピアセンターで行い、理事長から賞状と記念品を授与した。
障害者週間行事 地域に向けた催しとして近隣の社会福祉法人、NPO法人、行政・教育関係に呼びかけ、東総文化会館小ホールを会場に12月8日(土)に開催した。
第一部は例年どおりボランティア感謝式とロザリオ福祉作文コンクール表彰式、第二部は落合恵子氏による「介護の現場から~わたしの介護日誌~」と題した講演会を行った。
沿革
  • 1929年~1988年
    • 1929年 戸塚文卿神父が東京市外荏原にナザレトハウスを開設
      1935年 ナザレトハウスを増築し、病院組織に(海上寮・うなかみりょう)
      1952年 社会福祉法人 ロザリオの元后会創設
      1971年 結核病棟を廃止。精神神経科の病院となる。
      1988年 重症心身障害児施設「聖母療育園」を開設  
  • 1989年~1996年
    • 1989年 法人名を「ロザリオの聖母会」へ改称
      1991年 身体障害者療護施設「聖マリア園」を開設
      1994年 知的障害者更生施設「聖家族園」を開設」
      1995年 精神障害者等の無認可作業所「ワークセンター」を開所
      1996年 精神障害者福祉ホーム野中ハイツ開所
  • 1997年~2000年
    • 1997年 知的障害者通所授産施設「みんなの家」を開所、精神障害者グループホームの運営に着手 1998年 聖マリアデイサービスセンター開所 1999年 精神障害者地域生活支援センター「友の家」を開所 2000年 聖母通園センターで重症心身障害児者通園事業を開始、 居宅介護支援、訪問介護などに着手
  • 2001年~2003年
    • 2001年 香取市に知的障害者更生施設「佐原聖家族園」を開設、地域生活支援センター「さわやかネット」を開所(現:中核地域生活支援センター「海匝ネットワーク」)
      2002年 知的障害者更生施設「聖家族作業所」(通所)を開所 2003年 佐原聖家族園通所部「つどいの家」を開所 
  • 2006年~2007年
    • 2006年 香取障害者支援センターを開所 障害児デイサービス「ふたば保育園」を開所
      グループホーム支援センターを開所(現:20箇所)
      ケアホーム香取・グループホーム香取を開所(現:5箇所)
      2007年 旭障害者支援センターを開所
         東総就業センターを匝瑳市に開所(現:みんなの家に併設)
  • 2011年~2013年
    • 2011年 海上寮療養所に認知症訪問診療室設置/香取就業センターを多古町に開設
      デイサービスセンター・ローザを開設/ロザリオ発達支援センターを開所 2013年 香取市に「高萩福祉センター」開所(聖ヨゼフつどいの家、香取障害者支援センター、香取就業センター) 「旭市こども発達センター」開所
  • 2015年~2016年
    • 2015年 ロザリオ訪問看護ステーション・ソフィア開所/障害者相談支援センター・みらい開所 ロザリオ発達支援センター開所(ふたば保育園・ふたばクラブ・障害児相談支援)
      2016年 あさひ子ども食堂オープン
  • 2017年
    • 2017年 法人創立65周年
           ロザリオの聖母会の歌制定
平均勤続勤務年数 9.2年(2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2.77時間(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.9日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 7名(うち女性6名 男性1名 2018年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員15%、管理職47.2%(2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人ロザリオの聖母会
〒289-2531 千葉県旭市野中4017
TEL:0479-60-0600(人事担当:杉田・熱田・仲條・越川)
URL http://www.rosario.jp/
E-mail honbu@rosario.jp
交通機関 JR総武本線 旭駅下車(所要時間:1時間30分 東京駅より特急「しおさい」銚子行利用で)

 1.旭駅よりタクシーで10分(約4km)

 2.旭駅から無料送迎バスをご利用下さい。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp208923/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人ロザリオの聖母会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ