最終更新日:2019/6/13

  • 正社員

(株)小金井精機製作所

  • 自動車・自動車部品
本社
埼玉県
資本金
8,000万円
売上高
50億円(2018年7月実績)
従業員
従業員数 272名(狭山台工場・前橋工場合計)
募集人数
11~15名
  • 業種 自動車・自動車部品
  • 本社 埼玉県
  • 資本金 8,000万円
  • 売上高 50億円(2018年7月実績)
  • 従業員 従業員数 272名(狭山台工場・前橋工場合計)
  • 募集人数 11~15名

妥協を許さない究極のものづくりで世界を舞台に躍進するKOGANEI

採用担当者からの伝言板 (2019/03/01更新)

3月より会社説明会・工場見学会をスタートします。学生の皆様エントリーお待ちしています。

小金井精機製作所は、自動車とオートバイの試作用エンジン部品、F1などレース用のエンジン部品の製作を行っています。短納期で高精度な部品を求められるこの部品加工を、長年の努力と積極的な設備投資で可能にしてきました。

私たちの強みは、人材、設備、ナレッジです。グローバルレベルの技術力を持つ人材育成は、機械のことをまったく知らなくてもプロになれる体制が整っています。設備については、当社ほど国内外の精密工作機械を多数保有する企業は少なく、産み出される製品は高い評価を得ています。また、長年に渡り培われたナレッジは社員間に共有され、引き継がれています。

私たちは、世界トップメーカーを相手にしたものづくりをしています。当然、世界一のものづくり企業を目指す心意気があります。

ぜひ小金井精機製作所で、ものづくり企業の世界一を目指しましょう!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
本社社屋。次世代の自動車やバイクに搭載されるエンジンや足回りなど部品開発が当社のビジネス。F1やインディ500といったレース用エンジンの開発製造にも携わっています。
PHOTO
最近ではジェットエンジンの部品など、航空機分野にも進出。そうした新しい技術に中心となって挑戦しているのは若い社員たち。当社でしかできない仕事がたくさんあります!

「モノづくりで世界の頂点に立つ」が私たちの理念

PHOTO

「量産ではなく、少量多品種の開発を得意としている超精密加工の会社です。英語ができなくても、海外で経験を積める機会が多いのも特色です」と話す鴨下社長。

70年代後半。当社の主要顧客であるホンダがバイクの馬力を最大限まで引き上げるため、エンジンのシリンダーの設計を円形から楕円に変更。「できなければ開発をあきらめる」という社運を賭けた難題に挑んだことがありました。その前例のない加工を依頼され、新しいエンジンの開発を成功へと導いたのが当社でした。
そこからホンダとのパートナーシップは深まり、80年代に入ると、世界最高峰の自動車レースであるF1に参戦するレース―カーの主要エンジン部品を担当することに。レースでホンダが活躍するたびに、海外でも「F1のKOGANEI」として知られる存在となり、90年代には従来の4倍の硬さを持つ鋼をF1エンジン用に加工する技術に世界で初めて(当社調べ)成功したことで、F1に参戦しているヨーロッパの主要自動車メーカーからも次々と声がかかるようになりました。当社製の部品を搭載したクルマがF1の表彰台を独占したこともあります。

設計図と実際の製品の寸法差の許容範囲が1000分の1ミリ単位で指定されるレース用部品を手掛けたことで、切削技術の精密さに磨きがかかり、それが次世代量産車の開発用試作部品の開発という現在のフィールドに結びついて、当社のビジネスのコアとなりました。自動車部品の量産を手掛ける会社はたくさんありますが、当社のように、多品種少量かつ途中で仕様が変わることも多い試作部品の加工技術を持つ会社は世界的にみても少なく、「難しい加工は小金井に」と言っていただけるまでになりました。
最近では、旅客機のエンジン部品も手掛けるなど、航空機分野にも力を入れていますが、これもある会社の担当者が当社の工場を視察しに来て驚き、翌週、経営陣の方々が揃って来社され、「ぜひやってもらえないか」というオファーをいただいて始まった仕事です。

私たちの仕事の面白さは、一つひとつの製品がすべて違い、難しさに挑戦するところにあると思います。「モノづくりで世界の頂点に立つ」が私たちの理念。その理念に共鳴し、いっしょに頂点を目指してくださる方とお会いできることを楽しみにしています。
<代表取締役社長 鴨下祐介さん>

会社データ

プロフィール

自動車、オートバイのエンジン試作加工。ものづくり立国・日本を象徴する精密機械加工工業の発展に、小金井精機製作所は70有余年にわたり貢献してきました。そして「機械加工技術で世界の頂点に立つ」というKOGANEIのDNAは創業以来進化を重ね受け継がれています。F1やMotoGPマシンの心臓部であるエンジンの精密加工はじめ、主要部を構成する高精度部品を世界のトップ企業に提供することを通じて、当社の妥協を許さないものづくりの姿勢は海外でも高く評価されています。世界を舞台に活躍する「志」は、成長を続ける[KOGANEI」名に今も息づいています。

事業内容

PHOTO

2017年3月23日付にて経済産業省より「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選出・表彰されました。今後とも多様な人材確保を更に推進してまいります。

KOGANEI は、高性能エンジン部品の試作、加工における世界の究極のブランドです。
F1やカート・マシンの心臓部であるエンジンの精密加工を始め、主要部を構成する高精度部品を世界のトップ企業に提供しています。

■F1、カートエンジン
サーキットを疾駆するレースマシンの心臓部であるエンジンを構成する高精度部品がKOGANEIで生み出され、世界のレースシーンで真価を発揮します。

■2輪、MOTOGP・エンジン
軽量化、耐久性、バランスといった多くの要素で高い完成度が要求される2輪MOTOGP・エンジンにもKOGANEIの高精度部品が組み込まれています。
本社郵便番号 358-0033
本社所在地 埼玉県入間市狭山台四丁目16番地13
本社電話番号 04-2935-2288
創業 製糸業として1943年東京都小金井町(現小金井市)にて創業する
設立 1943年12月(有)小金井精機製作所を設立
資本金 8,000万円
従業員 従業員数 272名(狭山台工場・前橋工場合計)
売上高 50億円(2018年7月実績)
平均勤続勤務年数 平均勤続年数 11.4年(前年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均残業時間 20時間(前年度実績)

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 郵便番号 :358-0032
住所   :埼玉県入間市狭山ケ原360-1
電話番号 :04-2935-2288
担当部署 :総務部(担当 江川)
URL http://www.koganeiseiki.co.jp/
E-mail saiyou@koganeiseiki.co.jp
交通機関 西武池袋線 入間市駅下車
入間アウトレットパーク方面バスにて「船久保工場前」下車
徒歩15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp212812/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)小金井精機製作所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)小金井精機製作所を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ