最終更新日:2018/6/1

菅公学生服(株)

本社
岡山県
資本金
1億円
売上高
348億1,800万円(2016年度グループ連結)
従業員
2,842名

業界NO.1の売上・シェアと160年以上の歴史を誇る、業界最大手のスクールユニフォームメーカー。単なるスクールユニフォームメーカーから「人づくり企業」へ。

会社紹介記事

PHOTO
全国に約60か所もの販売拠点、19か所もの生産拠点を設け、子どもたちの思い出、成長に寄り添う制服、そしてソリューション活動を提供し、教育現場をサポートしています。
PHOTO
カンコーは“人づくり”企業へ進化を遂げています。教育現場、そして家庭と、子どもたちを取り巻くあらゆる領域にアプローチを続けています。

教育現場にいちばん近い“スクールユニフォームメーカー”だからできること。

PHOTO

学校とともに、夢と学びを育み、"人"と"未来"をつくるパートナーへ、生まれ変わっています。

◆業界売上・シェアNo.1
菅公学生服は、スクールユニフォームメーカーとして業界No.1の売上、シェアを誇っています。学校生活のもっとも身近な存在として、品質を磨き上げるだけでなく学校と子どもたちの未来に寄り添う企業ブランドを確立しています。

◆創業160年以上
菅公学生服の創立は1854(安政元)年。常に安定した企業活動を行ってきました。長い歴史の中で大切にしてきたことは「不易流行」。すなわち「変わりゆく時代の中で忘れてはいけない本質的なものを大切にし、新しいものを取り入れるべきことには果敢に挑戦を繰り返す」ということ。私たちは今後も更なる挑戦を続けていきます。

◆自社縫製比率90%以上
厳しい品質基準を設けた国内19箇所の工場の自社縫製比率は90.4%を誇る。多くの国家資格取得者や繊維製品品質管理士を擁し、全ての工程で高い品質を追求しています。

◆10年連続10,000校以上
「カラダ」「ココロ」「時代」「学び」という4つの視点から、子どもたちにとって最適な価値“学生工学”をとことん追求。開発から提案、ものづくりに対する品質を日々向上させることで、子どもたちと、彼らを取り巻くすべての接点で高いクオリティが認められています。その採用実績は10年連続で1万校を突破。多くの学校に選ばれる理由があります。

160年を超える、長い歩みのなかで、
常にリーディングカンパニーとして、業界を牽引してきました。
私たちはいつも、健やかで安心な学校生活を支え、
子どもたちの成長と感動のそばに寄りそってきました。

―そして今、私たちは、学校のより良いパートナーとして、
制服・体操服の先にある新しい価値の創造に向けて、歩み始めています。

◇子どもたちの未来のために教育現場の課題解決をサポート
社会の急激な変化により、子どもたちの学び、学校組織、学校経営環境に変化が生まれ、教育現場は対応に苦慮しています。
私たちは、各種スポーツ冠大会の開催や、著名人の講演会・スポーツ教室を通して、子どもたちの夢を応援するKANKO DREAM PROJECT。
キャリア教育支援などを通して、子どもたちや先生の知識取得を応援するKANKO MANABI PROJECT。
また、学校の魅力づくりや広報活動を支援するKANKO PROMOTION SUPPORTを軸に、ユニフォームづくりを超えて、これからの人づくり、学校づくりを、支えていきたいと考えています。

会社データ

事業内容

PHOTO

1)スクールウェアの企画・製造・販売
自社ブランドである「KANKO」、提携ブランドとして「ELLE ECOLE」「Peter MacArthur」「JUNKO KOSHINO」「AKIRA ONOZUKA」「MICHEL KLEIN Scolaire」「BEAMS SCHOOL product by KANKO」「KANKO × earth music & ecology」を企画・製造・販売しています。またペットボトルのリサイクルや不要になった制服をリサイクルして再製品化する「エコスクール」ブランドの取り組みも行っています。

2)スポーツウェアの企画・製造・販売
学生服業界での当社の強さのひとつがこのスポーツウェアです。多くの同業他社が学生服にフォーカスしているなか、当社は学生服とスポーツウェアという「学校衣料」においてシェアを拡大してきました。扱う製品としては自社ブランドである「KANKOスポーツウェア」提携ブランドとして「Reebok」「ELLE ECOLE SPORTS」「KANKO×phiten」「adidas」を企画・製造・販売しています。

3)ユニフォームというコアビジネスをさらに拡大させて、企業ユニフォーム、介護衣料の企画・製造・販売も行っています。
本社郵便番号 700-0024
本社所在地 岡山県岡山市北区駅元町15-1 岡山リットシティビル5F
本社電話番号 086-898-2500
創業 1854(安政元)年
設立 1929(昭和4)年
資本金 1億円
従業員 2,842名
売上高 348億1,800万円(2016年度グループ連結)
営業所所在地 岐阜、愛知、京都、大阪、岡山
企画室所在地 北海道、宮城、東京、愛知、大阪、岡山、福岡
工場所在地 倉敷、米子、都城、志布志
グループ企業 シーユーピー(株) ほか
代表者 代表取締役社長 尾崎 茂
取引銀行 中国銀行、みずほ銀行、広島銀行
沿革
  • 1854年
    • 初代尾崎邦蔵(中興の祖)、倉敷市児島田の口に綿糸の卸業を創業。
  • 1929年
    • 法人組織に改め、尾崎商事株式会社を設立。
  • 1959年
    • 通産省から全国縫製工場唯一の中小企業合理化モデル工場として表彰・指定される。
  • 1964年
    • 布帛部門強化のため、カッターシャツ専門の縫製工場を米子市に建設。
  • 1969年
    • 同業企業に先がけてコンピュータを導入。
  • 1970年
    • 宮崎県都城市に最新設備による縫製工場を完成。
  • 1973年
    • 鹿児島県志布志町にスラックス専門新鋭工場を建設。
  • 1985年
    • 新尾崎をめざし、CIによる新創業宣言を行う。
      コンピュータパターンメイキングシステムを導入。
  • 1989年
    • デザイナー:小野塚秋良氏と契約。
      昭和34(1959)年以来16期(32年間)連続、通産省より合理化モデル工場に指定される。
  • 1993年
    • デザイナー:コシノジュンコ氏と契約。
  • 1994年
    • 新社長に尾崎眞一郎、就任する。
      米子ロジスティックセンター完成。
  • 1995年
    • 環境保全のための校庭植樹運動「OZAKIグリーンメセナ21」スタート。
  • 1997年
    • シーユーピー(株)開設。
  • 1999年
    • WWF2000生きている地球キャンペーンに協賛。
      新ブランド「ピーターマッカーサー」発表。
  •  
    • 「ELLE」とライセンス契約。
      「ELLE ECOLE」を発表。
      スポーツブランド「Reebok」発表。
  • 2000年
    • ISO14001認証取得。
      ISO9001認証取得。
  • 2001年
    • 岡山物流センター完成。
  • 2003年
    • 創業150周年、設立75周年を迎える。
      第5番目の基幹工場となる上海工場を建設。
  • 2005年
    • 本社機能を倉敷市児島から岡山市に移転 。
  • 2006年
    • 新社長に尾崎茂、就任する。
  • 2007年
    • アディダスジャパンと提携、スクールスポーツウェアにて「adidas」を導入。
  • 2008年
    • ファイテン社と提携、スクールスポーツウェアにて「kanko×phiten」を導入
  • 2009年
    • ラモス瑠偉氏と顧問契約を締結。「kankoブランディングマネージャー」に就任
  • 2011年
    • ビームス社と提携、
      「kanko Produced by BEAMSdesign(R)」を導入。
  • 2013年
    • 創業160周年、設立85周年を迎える。
      「菅公学生服(株)」に社名変更。
平均勤続勤務年数 菅公学生服(株) 14.7年
前年度の育児休業取得対象者数 35名(うち男性0名、女性35名)
前年度の育児休業取得者数 35名(うち男性0名、女性35名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

菅公学生服(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ