最終更新日:2018/10/11

赤見電機(株)

本社
兵庫県
資本金
3,600万円(授権資本7,200万円)
売上高
5億1,800万円
従業員
40名

映像から拓く未来

会社紹介記事

PHOTO
開発・設計・製造・設置までを一貫して自社生産。ビルボードや競技場のスコアボード、官公庁の情報ビジョンなど国内トップクラスの設置実績を誇ります。(写真は本社)
PHOTO
チームで協力してモノづくりする仕事なので、孤軍奮闘する心配は不要。向上心があれば、密な「報連相」やコミュニケーションで知識やスキルを無理なく高めていけます。

LEDビジョンの少数精鋭の技術者集団。若手でも大きなプロジェクトに挑戦できます!

PHOTO

「働いていて自然に笑顔になれる会社です。製品のスケールが大きく、街のインフラになるモノづくりは、家族にも自慢できますよ!」と三田さん。

街のランドマークとなり、多くの人の視線を集める大型LEDビジョン。赤見電機は、世界で初めてLEDビジョンを開発した会社です。私はキャリア採用で、以前は工場の生産ラインの設計に携わっていましたが、大勢の人の目に触れるLEDビジョンの設計に関わることで、今までにないやりがいが実感できると思って入社を決めました。
現在は主にモニター基盤を動かすためのプログラム開発に携わっています。機械設計の経験はあったものの、LEDビジョンの知識や回路、基盤などの知識は全くなかった私。入社後は先輩たちに一つひとつ聞きながら、様々な知識を一から学んでいきました。当社は少数精鋭の技術者集団ですが雰囲気はとてもアットホーム。優しい人柄の先輩ばかりで、1聞けば10返ってくる丁寧な指導が心強かったですね。
当社は全てが受注生産なので、プロジェクトごとに仕様も使う機器も異なります。その度に新しい挑戦となるので難しさもありますが、やり遂げるごとに知識やスキルが高まっていくのを実感しています。印象に残っているのは、大手飲料メーカー本社前の大型モニターのリニューアルです。初めて手がけた案件で、試行錯誤しながらも先輩のサポートを得て完成させました。先輩から「よくやった」と褒められた時は本当に嬉しかったですね。当社の製品は、大勢の人が行き交う場所に設置され、人々の待ち合わせの場所にも使われるなど、街のシンボルとなるもの。こうしたランドマークに関われることに大きな達成感を感じています。
当社の魅力は、若手であっても「やりたい」と言えばどんなことにもチャレンジさせてもらえることです。私自身、電気電子に関しては1からのチャレンジでしたし、現在携わっているプロジェクトも自分から手を挙げて担当させてもらいました。将来の目標は、大きなモニターを自分の力で1から設計すること。まだまだ知識不足ですが、これからも様々な製品に挑戦し、知識の引き出しを増やしていきたいと思っています。そして先輩からしていただいたように、私も自分の知識を後輩の皆さんにしっかりと伝えていきたいと思っています。
(三田 貴之さん 技術部/2017年入社 大阪産業大学 機械工業学科卒)

会社データ

事業内容
1987年に世界で初めてLEDビジョンを作った会社です。
国産LEDビジョンを設計・製造・設置からサポートまですべて自社で行っています。
本社郵便番号 660-0892
本社所在地 兵庫県尼崎市東難波町5丁目27番地19号
本社電話番号 06-6482-2696
創業 1951年3月20日
設立 1964年7月11日
資本金 3,600万円(授権資本7,200万円)
従業員 40名
売上高 5億1,800万円
事業所 東京営業所
名古屋営業所
関連会社 (株)アンテック
公式SNS facebook・Instagramを始めました。採用情報や作業風景等をupしています。「赤見電機」で検索ください♪
沿革
  • 1951年
    • 初代赤見淳作社長により赤見電気製作所創業
      電磁コイル、小型変圧器等電磁機器の製造販売に着手
  • 1964年
    • 赤見電機株式会社に改組
      自動制御盤、自動制御システム分野に進出
  • 1982年
    • 現本社工場建設、移転
  • 1984年
    • 自動制御技術を応用し、LED方式多機能情報表示装置の開発
  • 1985年
    • 昭和60年度尼崎市経営改善優良企業・工業部門賞受賞
      LED多目的大画面表示装置、スーパーサイン「ライザAED-004」製造販売
  • 1987年
    • JR成田駅西口・Uシティホテル壁面に屋外用超大型表示装置設置
  • 1991年
    • 映像及び画像の編集・配信部門として、(株)アンテック設立
  • 1994年
    • 屋外型フルカラー大型映像表示システム初号機納入(車載型/8bit階調)
  • 1996年
    • 公営競技場の大型ディスプレイ市場に参画
      東京営業所開設(東京都港区)
  • 2001年
    • フルカラー映像表示システム開発、納入(大阪・ヨドバシカメラ)
  • 2005年
    • SMDタイプ(表面実装型)LEDを屋外用としては世界で初めて採用したフルカラー映像表示システムを渋谷に設置
  • 2006年
    • 世界最小の3mmピッチの映像表示システム開発
      中国・上海で開催の国際展示会に出展
  • 2010年
    • 新宿ユニカビルに大型映像表示システム納入
  • 2012年
    • 初のSMD露出型LEDユニットを採用(福岡・ソラリアビジョン納入)
  • 2017年
    • 九州エリアに3件納入
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

赤見電機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ