エントリー受付開始まであと7日。気になる企業は 予約リスト に登録しておきましょう

最終更新日:2019/2/22

サクラパックス(株)

  • 紙・パルプ
  • 化学
  • サービス(その他)
本社
富山県
資本金
9,600万円
売上高
84億3,928万円(2018年3月期)
従業員
313名(2018年3月末時点)
  • 業種 紙・パルプ、化学、サービス(その他)
  • 本社 富山県
  • 資本金 9,600万円
  • 売上高 84億3,928万円(2018年3月期)
  • 従業員 313名(2018年3月末時点)
サクラパックス(株) - マイナビ2020

■日本有数のパッケージメーカーが挑戦するセールスプロモーション事業

会社紹介記事

PHOTO
サクラパックスは一貫した製品づくりのトータルパッケージメーカーです。物流包装で業務効率を改善するお手伝いをいたします。
PHOTO
企画、開発、設計から製造、品質管理までを行なう一貫メーカーです。お客様にとって、もっとも効果の高い方法をご提案いたします。

パッケージで日本を笑顔に! 独自のアイディアで地域創生

■当社の未来は無限大! パッケージメーカーの枠を超えてゆく!
EC業界の拡大を受け、ダンボールを始め「パッケージ」の生産量は増え続けています。但し、当社は“ダンボールメーカー”ではありません。既存のハコをただ作るのではなく、お客様の立場から新しいサービスを生み出し続けていきます。「真にお客様の求めることは何か?」―その答えの一つとして、当社では、北陸のイイモノを集めたセレクトショップ「the Made In」の運営を始めました。お客様が最も求めていることは、自分達の商品が売れること!そのニーズに応えるため実現した、新しいサービスです。このように私たちは、パッケージメーカーの枠を超え、セールスプロモーション事業の拡大に取り組んでいます。

そんなサクラパックスのテーマは「笑顔」。事業で生まれた利益を社会に還元して、笑顔を生み、地域を活性化するためにユニークな取組みを多数行っています。例えば被災地支援のための「友城の熊本城 組み建て募金」では、ダンボールの熊本城組み立てキットを販売し、売上の全額を寄付。日本だけでなく、世界中からの“想い”を熊本に届け、グッドデザイン賞ほか、世界的な賞も受賞しました。また地元・富山への恩返しとして、赤ちゃんの出生時に育児用品をプレゼントする「ベイビーボックス」プロジェクトを、富山市と一緒に始めています。このように、私たちの取組みを通じて一人でも多くの人を笑顔にすることが、当社のミッションです。

■創業以来70年間黒字経営。高い企画設計力がその秘密
当社の強みは、高い企画・設計力でダンボール、樹脂、プラスチックなど、400にも及ぶ包装資材を駆使して最適なパッケージを設計できること。画一的ではない「モノを運ぶ」ことへのソリューションとしてパッケージを提供できるのは、当社ならでは!例えば楽天からの依頼でドローン用のハコを作ったときのこと。「軽く小さく、雨・風、強い日差しなど天候への耐性が高いハコ」と難易度が高いミッションでしたが、開発に成功。ゴルフ場でボールを運ぶのに使用されています。当社は、時代とともに変化するニーズに即したパッケージを、自社で設計・製造・販売できるため収益性が高く、利益率は8%と、業界平均の2.5%を大きく上回っています。

会社データ

正式社名フリガナ

サクラパツクス

事業内容

PHOTO

「信」が意味する信頼、「和」が表す思いやる心とあわせ、サクラパックスにとって「挑戦するということ」は最重要テーマであると考えています。

■企画・開発・製造から販売までを行うトータルパッケージメーカー

私たちは、独自の開発部門をもち、お客様の商品を「運ぶ」「守る」ためのパッケージを、企画から製造まで一貫してコーディネートするトータルパッケージメーカーです。

創業以来70年間黒字経営を続ける当社ですが、50年後・100年後に向け、新たな「パッケージ」の可能性に挑戦していくために、新たな仲間を募集します。

求める資質はただひとつ、【自分以外の誰かのために働ける人】です。
学歴・資格よりも、「誰かのために、何かをしたい」と、利他的な行動ができることを何より重視します。

私たちと一緒に、仕事を通じて沢山の笑顔を作っていきましょう。

■事業内容詳細
・ダンボール製造販売
・プラスチックダンボール製造販売
・各種包装資材の販売
・パレット洗浄サービス
本社郵便番号 930-0106
本社所在地 富山県富山市高木3000番地
本社電話番号 076-436-6191
創業 1947(昭和22)年5月20日
資本金 9,600万円
従業員 313名(2018年3月末時点)
売上高 84億3,928万円(2018年3月期)
沿革
  • 1947
    • 板紙類の加工販売を始める。
  • 1949
    • 社名を桜橋紙工業(株)とする。
  • 1952
    • 片面段繰機を導入し、段ボール製造分野への進出を果たす。
  • 1960
    • 日本海側最初の複両面コルゲートマシンを新設。
  • 1963
    • 富山工場完成、段ボールケースまでの一貫生産体制を整える。
  • 1964
    • 富山工場がJIS表示許可工場の指定を受ける。
  • 1967
    • 新潟工場を開設する。
  • 1973
    • 石川工場を開設する。
  • 1990
    • CIを導入、社名をサクラパックス(株)とする。
      業容の拡大に伴い、新潟工場を木津工業団地に全面移転する。
  • 1993
    • 新しい本社社屋が完成する。
  • 1995
    • 石川工場がJIS表示許可工場の指定を受ける。
  • 1997
    • 創業50周年を迎える。
  • 1999
    • 富山事業所がISO9002を取得する。
  • 2001
    • 全社でISO14001を取得する。
  • 2007
    • 創業60周年を迎える。
  • 2014
    • 新スローガンに「永続」を掲げる
      東京営業所を開設
  • 2015
    • 経営計画書を発行。
      三井アウトレットパーク北陸小矢部にthe Made In開業。
      環境整備活動スタート。
  • 2017
    • SAKURA経営モデルを導入。
      SAKURAISM BOOKを発行。
      新評価制度を導入。
      創業70周年を迎える。
  • 2018
    • R&Dセンターを開設。
      重量物梱包事業を立ち上げる。
      イシワラ(株)をM&Aにより子会社化。
前年度の育児休業取得対象者数 3名(うち、女性3名、男性0名)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち、女性3名、男性0名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

サクラパックス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
サクラパックス(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ