最終更新日:2019/4/23

  • 正社員
  • 既卒可

南州農場グループ[グループ募集]

  • 農林・水産
  • 食品
  • 外食・レストラン
本社
鹿児島県
資本金
3,000万円
売上高
71億8,000万円(グループ計)
従業員
319名(グループ計)
募集人数
1~5名
  • 業種 農林・水産、食品、外食・レストラン
  • 本社 鹿児島県
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 71億8,000万円(グループ計)
  • 従業員 319名(グループ計)
  • 募集人数 1~5名

南の農場から笑顔の食卓へ~生産から販売まで一貫経営の南州農場グループです~

採用担当者からの伝言板 (2019/03/01更新)

2020年度卒の新卒採用を開始いたしました。

会社紹介記事

PHOTO
「南州ナチュラルポーク」は産まれた豚は全て育て上げ豚肉として消費者に届けるという信念のもと育てられる。豚に信頼される人としての成長がハイレベルな生産体制を支える
PHOTO
一貫経営の母体となる農場では農場HACCPに基づく飼養衛生管理を確立。母豚の出産から肥育、出荷までトータルで関われる佐多農場では、多彩な経験と学びが待っている

日本トップクラスの安全と美味しさをさらに多くのお客様へ!

PHOTO

南州農場ではまじめでこつこつと働ける方が活躍中!新たな取り組みも始め、一緒に成長していきましょう。

●安心・安全・美味な食肉を届けるために
「農場から食卓まで」。私たち南州農場グループでは、牛・豚の生産から処理・加工、販売までを一貫して行っています。お客様の声を受け取り、それを生産や加工、販売サービスに反映させるだけでなく、製品を通じて作り手の情熱や意識をエンドユーザーに届けていく。トレーサビリティーや世界レベルの工場、ドイツマイスターなどを取り入れながら、安心・安全かつ品質の高い食肉づくりを磨き上げてきました。
私たちの持ち味は、会社も人も真面目である、ということ(もちろん、製品の品質と美味しさにも自信があります)。豚20頭から始まった40年前から、真摯な姿勢とお客様目線、そして社員一人ひとりの思いを大切にして発展を遂げてきました。
『食』の仕事は大きな責任を伴います。真面目さや正直さは、私たちの魅力であり強みです。歴史の中で培った“食の安心安全へのこだわり”と“南州農場でなくてはできないこと”を若い皆さんに伝え、ともにさらなる成長をしていきたいと考えています。

●鹿児島発のこだわりを全国へ
『生産頭数100,000頭』
年間出荷頭数は牛・豚を合わせて約10万頭。南大隅の自然豊かな4つの農場で、レベルの高い生産管理のもと育てられています。こだわりの植物性飼料を与えた「南州ナチュラルポーク」をはじめ、直営農場のもとで大切に育った「南州黒豚」、オリジナルブランドの「南州黒牛」といったブランド肉は、関東・関西の市場でも人気を誇っています。

『日本初のHACCP取得』
平成16年、と畜ラインが日本初のHACCPを取得。平成19年にはカットラインも含めてISO22000を取得し、平成27年にはFSSC22000を取得しました。衛生的で高い技術を持つと畜・カット処理は日本トップクラス。設備には食肉文化先進地であるヨーロッパのシステムを導入し、世界でも通用する工場となっています。

『全国に直営5店舗』
現在は飲食3店舗、加工製品販売店2店舗で一貫経営のラストとなる販売を行っています。私たちの魅力を直接お客様に届けられるステージ。さらに多くの人に南州農場の製品の美味しさを知ってもらうためには、これからの展開が大きなカギです。直売店に限らず、インターネット販売の充実を図っていきます。

会社データ

プロフィール

私たち、南州農場グループは、皆様に安心安全で美味しい食肉をご提供できるよう、日夜努力と研究を重ねています。

そのために生産段階における品種や飼料、飼育環境などの管理技術、安心安全な食肉・食材へと加工していく衛生的な加工技術、さらに消費者と密に触れあい、笑顔と様々な声を受け取るための販売技術、それらのすべてにおいて深い愛情とひたむきな情熱を注ぎ、高いサービス精神を持ち続けることこそが素晴らしい食肉をつくりあげることができると考えています。

そして食糧生産のみならず、農業の持つ多面的機能が十分発揮されるよう、地域社会と共に考え、共に歩み、生産から加工・販売までの一貫経営の道により、安心と安全をお客様にお届けすることを企業理念と考えています。

「地域と共に考え、共に歩む。」これが南州農場の原点です。
自然や伝統を重んじながら、農畜産業の明日を見据えています。

事業内容

PHOTO

空気圧や温度などの管理で衛生的な作業を行う当社。シンガポールへの輸出認定工場としても登録され、EUやUSDAの基準にも合致している。1日のカット処理能力は400頭

養豚事業、食肉卸売事業、食肉加工・販売事業
本社郵便番号 893-1206
本社所在地 鹿児島県肝属郡肝付町前田3550
本社電話番号 0994-65-3161
設立 1976年8月
資本金 3,000万円
従業員 319名(グループ計)
売上高 71億8,000万円(グループ計)
募集会社 1.南州農場(株)
2.南州ファーム(株)
3.協同組合 南州高山ミートセンター
4.(株)南州ミート
募集会社1 ■南州農場(株)
事業内容:養豚事業、食肉卸売事業、食肉加工・販売事業
設立:2011年3月
資本金:1,000万円
売上高:50億560万円
従業員数:160名
本社所在地:鹿児島県肝属郡南大隅町根占横別府2843
代表者:本田 玲子
募集会社2 ■南州ファーム(株)
事業内容:養豚事業、養牛事業、食品加工・販売事業
設立:1976年8月
資本金:1,374万円
売上高:7億7,010万円
従業員数:10名
本社所在地:鹿児島県肝属郡南大隅町佐多伊座敷5950
代表者:本田 晴花
募集会社3 ■協同組合 南州高山ミートセンター
事業内容:食肉処理事業、カット肉処理事業
設立:2000年12月
資本金:2,000万円
売上高:7億1,230万円
従業員数:98名
本社所在地:鹿児島県肝属郡肝付町前田3550
代表者:本田 信一
募集会社4 ■(株)南州ミート
事業内容:食肉販売事業、飲食店経営事業
設立:2009年8月
資本金:3,000万円
売上高:4億7,200万円
従業員数:38名
本社所在地:鹿児島県肝属郡肝付町前田3550
代表者:石松 光
平均年齢 42
会社案内はこちらから http://www.nanshunojo.or.jp/panf.pdf
当グループの強み・生産 一貫経営の母体となる生産事業は、佐多農場を中心に厳しい防疫体制を整え、健康で品質の高い豚を生産しています。また、トレーサビリティシステムを確立し、生産情報を公開することで、お客様との安心安全の絆をより強固なものとしています。
当グループの強み・処理 豚肉処理の先進地ヨーロッパのシステムを導入し、豚と畜ラインは日本初のHACCPを取得しました。その後、ISO22000を取得し、現在はFSSC22000も取得しています。世界でも通用する食肉処理施設として、今後も徹底した衛生管理に努めていきます。
当グループの強み・加工 原料には全て自社グループの「かごしま黒豚」を使用し、安心・安全はもちろんですが「美味しさ」というスパイスも加えます。ドイツ食肉マイスターである小林武治郎氏の技術と融合して完成した「南州マイスターヴェルク」という本物志向の新ブランドも魅力の一つです。
当グループの強み・販売 一貫経営の集大成ともいえる販売事業は「お客様と笑顔を交わす場所」として南州農場が新たに挑戦している事業です。製品への確かなこだわりと自信を胸にさらなる研鑽を誓います。
平均勤続勤務年数 ■南州農場 株式会社        13.4年
■協同組合 南州高山ミートセンター 15.8年
■株式会社 南州ミート       2年
■南州ファーム株式会社       13.4年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) ■南州農場 (株)        5.3日
■協同組合 南州高山ミートセンター 16.9日
■(株)南州ミート       6.7日
■南州ファーム(株)      5.3日

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒893-1206
鹿児島県肝属郡肝付町前田3550
南州農場グループ 
採用担当宛

TEL:0994-65-3161
URL http://www.nanshunojo.or.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp215176/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
南州農場グループと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ