最終更新日:2019/12/4

  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人偕恵園

  • 福祉サービス
  • サービス(その他)
本社
神奈川県
資本金
社会福祉法人のため資本金なし
事業活動収入
18億3,400万円(2018年度)
職員数
321名(非常勤職員164名を含む)(2019年8月現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 福祉サービス、サービス(その他)
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 社会福祉法人のため資本金なし
  • 事業活動収入 18億3,400万円(2018年度)
  • 職員数 321名(非常勤職員164名を含む)(2019年8月現在)
  • 募集人数 11~15名

【夏採用スタート】「共に仕事をしてよかった!」-仕事の中であなたが成長できると感じられる職場です。

★☆応募受付中☆★ 横浜の新しい施設で働いてみませんか!!法人説明会を行っています!! (2019/03/01更新)

◆◆こんにちは!! 社会福祉法人偕恵園の採用担当です

数ある社会福祉法人の中から当法人に興味をもっていただきありがとうございます。
採用試験、面接は、説明会・施設見学後にすぐ実施可能です。法人事務局まで連絡をお待ちしています。

私たちと共に仕事をするなかで、あなた自身も成長していける仕事です。ぜひ働いてみたいと思う仲間を求めています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「偕恵」は自然豊かな四季の森公園に隣接。2017年に改築し、とてもきれいな建物で40人が生活しています。小舎制で個々に応じた援助がしやすくなりました。
PHOTO
障がい者支援施設「偕恵」では2017年4月に再整備工事が終了。新たな施設(ユニット制)で障がいのある方とじっくりとかかわることができます。

障がい者施設・特別養護老人ホームも「人と関わることが好きな人」を求めています

PHOTO

偕恵いわまワークス メテオ(就労継続B型)では利用者さんも職員も真剣にパン作りに取り組んでいます。お客さんからの「おいしいパンだね」の返事に感動。

◇誰とでも信頼関係が築ける人
利用者にとっては、自分をサポートしてくれる人は、安心して自分をゆだねられる人でなくてはなりません。スタッフはそれぞれの利用者と関わりながら、信頼関係を築いていく必要があります。「人として信頼できる対応が取れる人」であること。私たちが求める人物像であると同時に、利用者が求める人物像でもあります。

◇コミュニケーションがきちんと取れる人
私たちは常にチームで仕事をしています。スムーズな連携が、支援の向上と利用者からの信頼につながると考えています。ですから、職員間のコミュニケーションが大切です。利用者との関わりはもちろんですが、職員同士の関わりにおいても、きちんとコミュニケーションが取れる人を求めています。

会社データ

プロフィール

1968(昭和43)年の設立以来、「命と出会い、命を尊び、ともに活きる」を理念に、横浜市で知的障がい者の福祉サービス事業所(入所・通所)を5カ所、共同生活を営むグループホームを21棟、特別養護老人ホームを1カ所運営しています。50年の歴史の中で、生活介護事業所を拡大、グループホームの増設を行ってきました。
私たちの法人は、障がいのある方の入所型施設(「偕恵」)を持っていることが、大きな強みです。入所施設は24時間のケアが必要となるため、生活をサポートするための幅広い知識や技術、経験が身に付きます。例えば、入所者の表情や様子を観察することで、健康状態などちょっとした変化を読み取るなど、生活を一貫して支援しているからこそ、分かることがたくさんあります。入所施設で経験を積んだ職員が、そのノウハウを生かし現在、通所施設で幹部や中堅スタッフとなって活躍しています。入所・通所・就労支援など様々な事業を展開している私たちの組織だから経験できること、学べることがたくさんあります。

特別養護老人ホームでは、「終末期ケア」に力を注いでいます。「人生最期の生活の場に相応しい介護」を提供するため、介護士を中心にチームで取り組んでいます。特にご家族から「病院ではなく、最期に暮らしたホームで看取りたい」との要望も多く、これまでにホーム内でお送りさせていただいた方も多くいらっしゃいます。「看取り」はとても重く、職員にとってもつらいことですが、誰もが直面するとても大切なテーマです。ご家族から感謝の言葉をいただいた時、心から、「この仕事を選んで良かった」と思えます。2012(平成24)年には「かながわ感動介護大賞」の最優秀賞をいただきました

当法人は、育休取得後、復帰し活躍している職員が多いのが特徴。これは、周囲の理解があり、育休を取得しやすい雰囲気が作られていることの現れです。復職後に施設管理者や幹部職員に登用され、活躍しています。また、人材育成の制度が整っているのも特色の1つ。施設内、または外部機関などを活用した研修を計画的に行い、新採用職員が無理なく、スキルアップできる環境を整備しています。

事業内容

PHOTO

特別養護老人ホーム椿寿は四季の森公園に隣接し自然豊かな環境です。南東にはランドマークタワーが見え、夏は横浜港の花火が見えます。

障がい者支援施設「偕恵」
生活介護事業所 「偕恵シグナル」「辻のあかり」
生活介護事業所・就労継続B型事業所「偕恵いわまワークス」
生活介護事業所 「横浜市つたのは学園」
共同生活援助  「偕恵シグナルグループホーム」「いわまワークスグループホーム」
特別養護老人ホーム「椿寿」
本社郵便番号 241-0001
本社所在地 神奈川県横浜市旭区上白根町783番地
本社電話番号 045-442-5288
開設 1968年6月1日
資本金 社会福祉法人のため資本金なし
職員数 321名(非常勤職員164名を含む)(2019年8月現在)
事業活動収入 18億3,400万円(2018年度)
事業所 障がい者支援施設「偕恵」
生活介護事業所 「偕恵シグナル」「辻のあかり」
生活介護事業所・就労継続B型事業所「偕恵いわまワークス」
生活介護事業所 「横浜市つたのは学園」
特別養護老人ホーム「椿寿」
主な取引先 横浜市、日京クリエイト、シダックス
平均勤続年数 11.1年
沿革
  • 1968年6月
    • 入所施設「偕恵学園」(横浜市保土ケ谷区<当時>)定員30名で開所
  • 1976年12月
    • 通所部門を創設(定員10名)
  • 1978年10月
    • 通勤ホームを創設(グループホームの前身)
  • 1981年4月
    • 入所施設を全面改修、「偕恵学園」を入所60名、通所30名に増員
  • 1991年6月
    • 偕恵いわまワークス(横浜市保土ケ谷区)通所60名で開所
  • 1996年4月
    • グループホーム2棟を横浜市旭区に開設
  • 2005年4月
    • 特別養護老人ホーム「椿寿」(横浜市旭区)定員100名で開設
  • 2007年3月
    • 生活介護事業所「辻のあかり」(横浜市旭区)定員20名で開設
  • 2009年4月
    • 生活介護事業所「横浜市つたのは学園」(横浜市青葉区)定員50名を横浜市より受託
  • 2015年8月
    • 生活介護事業所「偕恵シグナル はれるや」(横浜市旭区)定員40名で開設
  • 2017年3月
    • 偕恵・偕恵シグナルの施設再整備終了・新施設オープン、小舎制で利用者10人単位の支援を実現
  • 2018年12月
    • 法人創立50周年記念式典を挙行
  • 2019年3月
    • 21館目のグループホームを横浜市旭区に開所
平均勤続勤務年数 11.1年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 3.4時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.8日
前年度の育児休業取得対象者数 2名(うち女性2名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名 2018年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 29.6%(27名中、女性8名)

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人偕恵園 法人事務局 採用担当
045-442-5288
URL http://www.kaikei-en.com/index.html
E-mail kaikei@sand.ocn.ne.jp
交通機関 JR横浜線 中山駅から  相鉄バス「横浜動物園行」「鶴ヶ峰駅行」、横浜市営バス「横浜動物園行き」乗車(10分)「長坂」下車 徒歩3分
相鉄線 鶴ヶ峰駅から  相鉄バス「中山駅行」乗車(20分)「長坂」下車 徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp215442/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人偕恵園と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ