最終更新日:2019/8/19

  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人えべつ幸誠会

  • 福祉サービス
本社
北海道
資本金
社会福祉法人のため計上なし
売上高
社会福祉法人のため計上なし
従業員
70名
募集人数
1~5名
  • 業種 福祉サービス
  • 本社 北海道
  • 資本金 社会福祉法人のため計上なし
  • 売上高 社会福祉法人のため計上なし
  • 従業員 70名
  • 募集人数 1~5名

キャリアアップ制度であなたのやる気を応援。見学、随時受付中。  

  • 積極的に受付中

現在、増改築中(来年春に完成予定)です。新しくなった事業所で一緒に働きましょう。 (2019/08/19更新)

こんにちは!
社会福祉法人えべつ幸誠会 マイナビ担当の佐藤(さとう)です。
当法人のサイトにお越しいただき、ありがとうございます!

現在、当法人ではグループホームの新設と入所施設の増改築が進んでおります。日々進んでいく工事に利用者・職員ともに楽しみながら工事を見守っています。また今月末から外出行事(一泊旅行など)が予定されており、晴れることを祈りつつ行事の準備を進めています。

さて、就職活動をされている学生の皆さん、当法人は、新年度に向けて職員募集を行っています。まずはどんなところか見学だけでもしてみたい方も大歓迎ですので、ご連絡ください。
また8月24日に北海道で行われる「マイナビ福祉業界就職セミナー」にも参加予定ですので、興味のある方は是非ご参加ください。当日は、先輩職員も一緒に行きますので、様々な質問にお答えできます。

その他、就職面接の内容などをお聞きしたい方は「えべつ明友荘」佐藤までお気軽にご連絡ください。

ご連絡をお待ちしています!!

会社紹介記事

PHOTO
仕事はチームワーク!みんなで取り組めばやりがいも10倍!
PHOTO
仕事は楽しく!みんなで楽しめば楽しさ10倍!

当法人の魅力は【風通しのよさ】

PHOTO

理事長の河治です!一緒に働く喜びを感じてくださる方を心よりお待ちしております。

社会福祉法人えべつ幸誠会は「開かれた組織」「開かれた施設」を目指しています。
そのために必要な事は、【風通しのよさ】です。

例えるなら、水はたまると、よどんでいき、どんどん汚れていきます。
社会福祉法人えべつ幸誠会は、川の流れのように、絶えず「人と人とのつながり」という清らかな流れを作り、利用者皆さんが、そして職員が生き生きとすごす事ができるよう努力を続けています。

「人と人とのつながり」
「職員と利用者さんとのつながり」
「職員同士のつながり」
「施設と地域の人たちとのつながり」
「法人と社会のつながり」

これらが川の流れのようによどみなく流れ、利用者さんが
「えべつ幸誠会の利用者でよかった」
と思えるような組織を目指しています。
また今年はえべつ明友荘の増改築とグループホームの新設
工事を行う予定となっています。

新たな職員を必要としていますので、まずは見学等に来てください。

会社データ

プロフィール

社会福祉法人えべつ幸誠会の理念

■経営理念
「誰もが尊厳を守られその人らしい自己表現が可能な夢と希望が持てる支援力を備えた経営を構築する」


■基本理念
1、法人の社会的ミッションを認識し、経営上のコンプライアンス・ガバナンスの確立を図り、自主性・透明性の確保に努めます。

2、利用者の安全・安心を担保し、利用者等のニーズや時代に即した上質なサービスが提供可能な環境設備に努めます。

3、地域社会と共生し、福祉拠点として地域福祉の発展と地域貢献に努めます。

事業内容

PHOTO

当法人のよさこいチーム「明遊神」。月2回、クラブ活動で練習し、地域行事などで披露しています。その他にプールやカラオケなどもあります。

■障害者支援施設 えべつ明友荘(定員:生活介護60名 施設入所支援52名)
利用者の安全を確保し、個々の性格や能力、特性を把握し、それが充分に発揮できるような生活介護支援及び生産・創作活動等の実施に努めます。

【入所・通所利用者】
●生産活動班
[請負]シール貼り、箱の組み立て作業の軽作業訓練等
[畑]地域の農家での除草等の軽作業訓練等。野菜の生産販売等。
●クリーンサービス班
施設内美化(清掃活動)、運動(ダイエット対策)、軽作業訓練等。
●ウォーカーズ班
情緒の安定を図るための訓練活動(体育館での自由活動)等。
【短期入所】(定員4名)
家族の病気、旅行などで家を空けなければならない時などに、家族と本人が安心出来るように施設において昼夜の生活支援サービスを提供します。
【日中一時支援】(定員2名)
日中の一時的な支援を希望する保護者と本人が安心して利用できるよう、サービス提供に努めます。

■生活介護事業所 なでしこ(定員:20名)
利用者の自主性・能力を発揮させるための適正な質・量の請負作業を受注し作業提供します。収入は利用者に工賃として支給します。
各種行事を通して生活に変化と潤いをもたらします。

■就労支援事業所 エール(定員:20名)
利用者さんひとりひとりに寄り添い、就労や生産活動の機会の提供、または一般就労に向けた支援を行います。
広い休憩スペース・浴室・台所を備え、自立生活に向けた訓練スペースとしてもご利用いただけます。

■共同生活援助事業所 グループホームフレンド『フレンド館』・『スマイル館』(定員:各5名)
世話人は、利用者に対して、食事、調理、掃除等の家事、生活等に関する相談、助言及びその他の日常生活上の支援を行います。
生活支援員は、実習先又はその他の関係機関との連絡・調整を行います。

■相談支援事業所 相談室はいはい
えべつ明友荘内からエール事業所の2階に移転しました。(2016年4月1日付)
地域移行支援事業と、地域定着支援事業を行っております。
障がいをお持ちの方の、どのような相談にも優しく「はいはい」と応じます。
法人本部郵便番号 067-0022
本部所在地 北海道江別市江別太562番地の21 えべつ明友荘内
電話番号(明友荘) 011-382-1777
設立 1996年4月11日
事業開始 1997年4月1日
資本金 社会福祉法人のため計上なし
従業員 70名
売上高 社会福祉法人のため計上なし
事業所 障害者支援施設 えべつ明友荘(定員:生活介護60名 施設入所支援52名)
生活介護事業所 なでしこ(定員:20名)
就労支援事業所 エール (定員:20名)
生活介護事業所 ななかまど(定員:20名)
共同生活援助事業所 グループホームフレンド『フレンド館』・『スマイル館』(定員:各5名)
相談支援事業所 相談室はいはい
沿革
  • 法人設立
    • 1996年4月11日
  • えべつ明友荘開所
    • 1997年4月1日
  • なでしこ分場開所
    • 1999年4月1日
  • グループホーム開所
    • 2004年2月1日(フレンド館:男性用)
  • ななかまど開所
    • 2005年10月1日
  • えべつ幸誠会設立
    • 2012年2月20日 江翔会より事業譲渡
  • えべつ幸誠会事業開始
    • 2012年4月1日
  • 相談室はいはい開所
    • 2014年10月1日
  • GHスマイル館開所
    • 2015年4月1日(女性用グループホーム)
  • 就労B型エール開所
    • 「なでしこ」が多機能型事業所になり、就労支援B型部門「エール」がスタート
  • エール単独オープン
    • 2016年4月1日 多機能型事業所「なでしこ」から就労支援B型事業所「エール」として単独オープンしました
平均勤続勤務年数 若い職員が多いので平均勤続勤務年数は7~8年です。また年齢層は上は72歳の方から下は22歳までとかなり幅広いです。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 1人平均10日前後(2018年度実績)
初年度は試用期間をおかず、すぐに10日間付与されます。以降、就業規則に基づき、1年ごとに既定の日数が付与され、最大40日まで取得可能です。有休消化率はおおよそ60~80%程度で、有休が取得しやすい環境です。
前年度の育児休業取得対象者数 男性2名
女性2名
前年度の育児休業取得者数 男性0名
女性2名

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒067-0022
北海道江別市江別太562番地の21
社会福祉法人えべつ幸誠会 人事担当 佐藤(さとう)

TEL:011-382-1777
URL http://e-kousei.jp/
E-mail meiyusou@e-kousei.jp
交通機関 【バス】
JR江別駅前から
夕鉄バス「南幌東町」行き
    「夕張」行き 約10分

【車】
国道12号線から道道江別長沼線(1056)を 南幌方面へ概ね4キロ
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp216504/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人えべつ幸誠会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ