最終更新日:2019/5/21

  • 正社員
  • 既卒可

(株)大共ホーム

  • 建築設計
  • 住宅(リフォーム)
本社
岩手県
資本金
2,000万円
売上高
13億円(2018年12月)
従業員
36名
募集人数
1~5名
  • 業種 建築設計、住宅(リフォーム)
  • 本社 岩手県
  • 資本金 2,000万円
  • 売上高 13億円(2018年12月)
  • 従業員 36名
  • 募集人数 1~5名

日本の、東北の家づくりはこのままでいいのか?省エネ大国ドイツを模範とする、性能×デザインの家づくり。

会社説明会 開催します! (2019/03/01更新)

------------------------------------------------------------------------
こんにちは!大共ホーム採用担当の橋本と佐藤です。

現在は、会社説明会参加者を受付中です。

皆様とお会いできますことを、楽しみにしています!(*^_^*)
------------------------------------------------------------------------

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ドイツ・スペイン他、海外に赴いたり、技術者を招いたりして日々新しい住宅技術を取り入れています。
PHOTO
北米型2×4パネルを自社製作し、お客様の大切なお家が雨風にさらされないよう1日で躯体を建て上げます。

岩手で、世界基準の家づくりを。ドイツの省エネ技術で建てる「無暖房の家」

PHOTO

「建てる」ではなく「共につくる」という思いを大事にし、世界にたった一つの家づくりを目指しています。(代表取締役 橋本秀久)

私たちは、冬の暖房消費量の多い岩手で家づくりをしています。目指すのは、自然のエネルギーを最大限活用し、快適な住環境を実現するドイツの家づくり。
家の躯体の性能を上げることで、住宅の消費エネルギーを減らすことができます。

大量生産システムを構築し、できるだけ安くする。その波は、住宅業界においても例外ではありません。日本の住宅の多くは右を向いても、左を向いても同じハコだらけ…。私たちは、家が人に語りかけてくるような…1軒1軒の家に性格があるような…そんなたった1つの家づくりを目指している会社です。

会社データ

プロフィール

日本の住宅技術は、世界から30年遅れている。
この事実を知っていますか?

住宅の平均寿命はイギリスで140年、アメリカで100年、ドイツで86年に対し
日本ではたったの27年。
世界で笑われてしまうほど、日本の住宅は「使い捨て」なのです。


一世代で建替えかリフォームが必要になり、35年の住宅ローンを
払い終わるか終らないかの内に次の住宅を考えなければならない…

この現状をどう感じますか?


私たち大共ホームは、世界と日本の住環境の差を少しでも多くの方々に知ってもらい、将来、経済的・心理的に豊かに暮らしていくための家づくりをお手伝いします。

そのために、世界トップレベルの技術を知り、持ち帰り、実現する努力を惜しみません。経験と技術、情熱を掛け合わせて、人々の生活をより幸せにするための
住宅を造り続ける会社です。

事業内容

PHOTO

本社に隣接する、地下室のあるモデルハウス。家づくりのコンセプトを詰め込んだ展示場です。

■注文住宅
 世界でもトップレベルの性能を持つドイツ製のサッシと、家族の健康を守る自然素材を使った超省エネ・健康な住まいづくり

■アフター・リフォーム
 断熱改修をメインにしたリフォーム・新築後のアフターメンテナンス
本社郵便番号 020-0672
本社所在地 岩手県滝沢市鵜飼下高柳11-1
本社電話番号 019-687-1541
設立 1988(昭和63)年12月
資本金 2,000万円
従業員 36名
売上高 13億円(2018年12月)
メディア実績 リヴァープレス発行 「家と人」

2003年 NHKおはよう日本おばんですいわて他
     当社のジオサーマルシステムが紹介される

2004年 岩手日報に当社ジオサーマルシステムが紹介される

2011年 日経BP発行 日経アーキテクチャーに国土交通省から採択を受けた省CO2推進モデル事業のインタビューが掲載される
表彰実績 2004年 岩手県主催 いわて新省エネ住大賞 準大賞受賞

2005年 同賞 大賞受賞

2009年 国土交通省 住宅建築物省CO2推進モデル事業採択

2010年 サステナブル住宅賞 ツーバイフォー建築協会長賞受賞

2012年 国土交通省「ゼロ・エネルギー化推進事業」採択

2014年 ハウスオブザイヤー・イン・エナジー 特別優秀賞受賞

2018年 サステナブル住宅賞 板硝子協会会長賞受賞
代表取締役 橋本 秀久
登録・許可 建設業許可 県知事登録 第一般27 7559号

設計事務所 県知事登録 一級(う)第1102号
保有資格一覧 1級建築士 

2級建築士 

インテリアコーディネーター 

カラーコーディネーター

ライフオーガナイザー

住宅ローンアドバイザー 
沿革
  • 1988年 
    • 12月 (株)大共ホーム 設立。
  • 1991年
    • 3月 ツーバイフォーパネル工場設置。
      7月 米国シアトルに現地法人設立 建築資材の直輸入開始。
  • 1992年
    • Low-Eトリプルガラス採用 C値=0.2を達成。
      米国人デザイナー アンドリュークレマー採用。(2年間)
      各工程の技術移転のため技術者を多数招く。
  • 1993年
    • 気密測定器購入により、気密測定開始。
      12月 全棟、社員による1日フレーミング施工開始。
  • 1994年
    • 日本型2×4から北米型2×4工法に全面移行。
      6月 新社屋完成。移転(現在本社所在地)
  • 1996年
    • 基礎断熱工法を採用。
      6月 水落とし不要住宅として盛岡市で最初に認可される。
  • 1998年
    • 省エネ設備として地中熱利用冷暖房システムの米国調査開始。
  • 1999年
    • ツーバイフォーパネル工場を玉山村(現盛岡市玉山区)に移転。
      3月 ジオサーマルシステム採用住宅 日本第1号 花巻に完成。
  • 2000年
    • 12月 ISO9001取得。
  • 2001年
    • 1月 外断熱工法に全面移行。
      7月 NPOシックハウス対策研究会参画。
  • 2002年
    • 3月 室内空気マイナスイオン化システム開発。
  • 2003年
    • 4月 室内空気質 精密分析(70物質以上)調査開始。
      5月 「NHKおはよう日本」「おばんですいわて」他、当社のジオサーマルシステムが紹介される。
      12月 岩手日報に当社のジオサーマルシステムが紹介される。
  • 2004年
    • 3月 第1回 いわて新省エネ住宅大賞 準大賞 受賞。
      4月 地下室のある常設展示場 完成。
      5月 めんこいTV mitスーパーニュースで受賞住宅が紹介される。
  • 2005年
    • 3月 第2回いわて新省エネ住宅大賞 大賞 受賞。
      6月 当社使用建材 (100素材)精密分析を開始。
  • 2006年
    • 1月 超高断熱住宅「Q=1シリーズ」の発表。
      10月 無暖房住宅実証棟完成。
  • 2009年
    • 3月 国土交通省住宅・建築物省CO2モデル推進事業に採択される。
  • 2010年
    • 7月 サスティナブル住宅賞 日本ツーバイフォー協会長賞 受賞。
  • 2014年
    • 3月 ハウスオブザイヤー・イン・エナジー 特別優秀賞 受賞。

  • 2017年
    • 12月 新仕様・外側100ミリ断熱で日本最高レベルの性能値、Ua値:0.16W/(m2・k)達成。
  • 2018
    • 12月 サスティナブル住宅賞 板硝子協会会長賞 受賞。
平均勤続勤務年数 16.8年(2018年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒020-0672
 岩手県滝沢市鵜飼下高柳11-1
 (株)大共ホーム
 採用担当:橋本結花・佐藤真生
E-mail yuka@daikyo-home.jp
(CC:mao@daikyo-home.jp)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp216513/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)大共ホームと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)大共ホームを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ