最終更新日:2019/6/11

  • 正社員
  • 既卒可

(株)夢菓房たから

  • 食品
  • 専門店(食品・日用品)
本社
香川県
資本金
1,000万円
売上高
4億8,000万円(2018年8月実績)
従業員
57名(男性15名、女性42名)
募集人数
6~10名
  • 業種 食品、専門店(食品・日用品)
  • 本社 香川県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 4億8,000万円(2018年8月実績)
  • 従業員 57名(男性15名、女性42名)
  • 募集人数 6~10名

幅広い世代に愛される『たからの和菓子』 

各自に合わせる説明会を追加で公開しました! (2019/05/26更新)

当社のマイナビページをご覧いただきありがとうございます!
<<説明会について>>
「※社長参加【夢菓房たから】説明会予約画面はこちら!」よりご予約下さい。
みなさまのご予約をお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「よき菓子づくりのなかにこそ、よい人づくりがある」。そんな想いを胸に80余年。社名の通り「夢のある菓子を提供する舞台」を皆で力を合わせてつくりあげています。
PHOTO
第24回全国菓子大博覧会で最高位「名誉総裁賞」を受賞した「たから特製いちご大福」。旬と鮮度にこだわった“美味しい素材”を“最高の技術と情熱”で仕上げます。

特別な日や大切な想いに花をそえる和菓子店には、人のやさしさが溢れていました

PHOTO

■和ンバサダー(販売)杉浦 遥さん2018年入社/次世代教育学部卒(写真上)■和ティシエ(製造)鍵谷 諒さん2018年入社/経営学部卒(写真下)

■「この人たちと働きたい」と思える、幸せな職場です

大学で「食」に関する授業を受けたことを機に、「食」に興味を持ち始め、食品業界での就職を希望していました。そんな中、当社の会社説明会に参加した時に他の企業にはない「距離の近さ」が印象的でした。目隠しをして「利き大福」をしてみたり、社長をはじめ、先輩方とも気さくに話が出来る「雰囲気の良さ」を感じたことが入社の決め手となりました。実際に入社してからも想像通り人間関係が良く、休日には同僚とご飯を食べに行ったりと楽しく過ごせています。
当社での販売の仕事は、ただ商品を箱に入れ会計をするという単純なものではなく、大切な人へ、大切なシーンでのギフトをお選びする相談役です。詰め合わせ一つにしても、用途によって様々ですし、季節感や色合い、賞味期限などに気を配り、お客様一人ひとりのご要望に丁寧にお応えします。お客様と一緒になって考え、出来上がった箱の中身を見た時に「キレイ!ありがとう」と感謝される時が何よりも嬉しいです。そして次回来店された時に再び私に声を掛けてくれる事もあり、その時は販売員冥利に尽きると実感しています。(杉浦)

■圧倒的な人気の和菓子だからこそ、学べることが多くあります

和菓子というのは、とても魅力的な商品です。味はもちろんのこと見た目の美しさにもこだわり、日本人である私にとっては、やはりホッとするもの。四季や人生の様々な節目を彩ることができるのも、和菓子が平安の時代から受け継がれてきた伝統文化だからこそです。そんな中でも「夢菓房たから」の商品は、三代目である社長のまじめで丁寧な仕事ぶりが随所に発揮されています。
当社では餡にこだわりを持っていて、毎朝「豆」から炊いて自家製餡を作ります。素材本来の味を損なわないようにするためです。また、看板商品のフルーツ大福も一つひとつ丁寧に手作業で包み、商品に「魂」を込めています。手間はかかりますが、これが当社のポリシーであり、お客様から支持されている理由だと思います。
職人世界とはいえ厳しい上下関係はなく、やるべき事をこなし実力が伴っていれば、やりたい事をやらせてもらえる環境です。まだ私も半人前ですが、香川県に「たから」というブランドを確立した社長の奥深い知識や発想力を身近に感じながら吸収し、ゆくゆくは製造リーダー、そして工場長へと上を目指し日々努力しています。(鍵谷)

会社データ

プロフィール

創業82年を迎えた「夢菓房たから」
そんな「夢菓房たから」には、夢があります。

それは、お客様の子の世代、あるいは孫の世代まで、親しまれ愛され続ける和菓子屋でありつづけること。

それは、お客様自身が、その家族が、地域社会が、幸せであり続けることに繋がっていると思います。

和菓子作りを通して、人と人との絆、家族の団欒、笑顔、友人との語らい、和みなど…。
それぞれの場面で、お菓子がその一役を担うことができれば、なんと幸せなことでしょう。

そんな志を持ち、今後も喜ばれる菓子屋であり続けるよう、日々精進してまいります。

代表取締役 濱田 浩二

事業内容

PHOTO

高松市春日町にある「夢菓房たから」幅広い世代に支持を頂いている人気店です!

四季折々の素材を全国各地から厳選し、当店独自の製法によりこだわりの和菓子を作り販売している和菓子屋です。現在高松市春日町の2,400坪の敷地で工場と併設した店舗で営業しております。

店舗売り場面積は60坪、駐車場は60台、イートインスペースもあります。
イベントにも力を入れており、毎年いちご狩り、夏祭り、栗ひろい、創業祭等おこなっています。

経営理念「お菓子が美味しい スタッフは楽しい お客様もうれしい たからを目指します。」は、おいしいお菓子を作ることで、お客さまが心から喜ばれ、そしてまたご来店いただき、そのことにより売上が伸び、会社がさらにお客さま満足や、商品開発、スタッフの職場環境整備へ向けての再投資ができる。
たからはそんな会社をめざします。

平成30年11月に店舗西側に最新設備を導入した新工場が完成。各部署で時間当たりの生産量を増して生産効率を上げるとともに、より一層の衛生的な工場をめざして、労働環境の整備をおこなっていきます。

また、平成21年から運用をしている通販サイトですが、平成31年春に大幅なリニューアルを実施する予定です。今後は専任の通販スタッフを置いて、将来的には店舗と2本柱の事業になるよう計画しています。
本社郵便番号 761-0101
本社所在地 香川県高松市春日町214
本社電話番号 087-844-8801
創業 1937年
資本金 1,000万円
従業員 57名(男性15名、女性42名)
売上高 4億8,000万円(2018年8月実績)
沿革
  • 1937年
    • 初代・濱田春雄が「たからまんじゅう」を、東山崎町にて開業。その後、第二次大戦出兵のため3年間閉店するが、帰国後再び開店
  • 1954年
    • 二代目・斉が18歳で家業に入る。洋菓子の製造を開始
  • 1969年
    • 店舗を新築
  • 1985年
    • 「(有)宝饅頭」として法人化
  • 1993年
    • 三代目・浩二28歳で入社
  • 1997年
    • 新店舗を新築
  • 2001年
    • 「(株)夢菓房たから」に社名変更
  • 2006年
    • 東山崎町から春日町へ、移転オープン
  • 2007年
    • 駐車場増設、工場増築
  • 2009年
    • 西出入口完成、たからガーデンリニューアル、たからファーム造成
  • 2011年
    • 創業75周年を迎える
  • 2016年
    • 創業80周年を迎える
  • 2018年
    • 店舗西側に新工場が完成
平均勤続勤務年数 7年(2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 販売:42時間(2018年度実績)
製造:49時間(2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 ◇ご不明点やご相談がありましたら、ご遠慮なくご連絡ださい。

(株)夢菓房たから
〒761-0101 
香川県高松市春日町214
TEL:087-844-8801
総務部 朝倉
URL http://www.e-takara.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp216591/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)夢菓房たからと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ