最終更新日:2019/6/4

  • 正社員
  • 既卒可

(有)中山農場

  • 農林・水産
  • 食品
本社
北海道
資本金
300万円
売上高
4億9,000万円(平成29年3月実績)
従業員
■合計21名 正社員:15名 パート:2名 外国人研修生:5名 チーズ工房:2名
募集人数
1~5名
  • 業種 農林・水産、食品
  • 本社 北海道
  • 資本金 300万円
  • 売上高 4億9,000万円(平成29年3月実績)
  • 従業員 ■合計21名 正社員:15名 パート:2名 外国人研修生:5名 チーズ工房:2名
  • 募集人数 1~5名

日本一の生乳生産を誇る別海町で1,000頭の乳牛を飼育しています!

  • 積極的に受付中

私達の仕事は「命をいただき、命を届ける仕事」です。 (2019/03/01更新)

私たちが日々口にしている牛乳や乳製品は
乳牛のおっぱいを搾れば出るという単純なものではありません。
乳牛がお腹を痛めて子牛を産み、その子牛を育てるために作られた
お乳をいただいているのです。

それは、大切な命を分けてもらっていることと同じです。

大切な命をいただき、大切な誰かの元へ届ける。それが酪農家の仕事です。
そんな当たり前のことですが、忙しさから忘れがちになってしまうこともあります。

だからこそ、私たちは、牛への感謝を忘れずに、
日々の作業に取り組むことを心がけています。


心から感謝の気持ちを持ち続け、牛に接することが
「働く人が幸せに 牛が幸せに 関わる人が幸せに」なるための第一歩だと考えます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
スタッフの出身地は、地元はもちろん、札幌、首都圏、関西、海外などさまざま。現場でゼロから経験を重ね、それぞれが中山農場にとって欠かせない存在へと成長しています。
PHOTO
中山農場では、働きやすい環境づくりを大切にしています。経験も、知識も、特別な資格もいりません。酪農や動物に少しでも興味のある方は、是非ご応募ください。

若手社員インタビュー ある日のスタッフ

PHOTO

【上】佐々木優樹【下】To Thi An Phung

 仕事や先輩たちから、たくさんのことを学びたい
高校3年生の秋に農場体験に来たとき、先輩たちが優しく接してくれたのをよく覚えています。そんな温かい雰囲気にひかれて、卒業後に入社しました。
今はミルキングパーラーで搾乳を担当しています。スピードと正確さが求められる仕事であり、牛の状態に合わせて効率よく搾乳をするのはとても難しいです。そんな中で乳量が増えたときは、やりがいを感じます。パーラーには海外からの研修生もいますが、みんな日本語を勉強してきているので気軽にコミュニケーションをとっています。 想像していたよりも牛は大きくて、最初は少しこわかったです。でも今では、牛のほうが臆病だとわかりましたし、人なつこい性格の牛もいてかわいいなと感じます。パーラーのすぐ隣にある分娩房では、出産した母牛や病気になった牛のケアを担当している人もいます。そんな先輩たちに教わりながら、将来は病気や治療についても詳しくなりたいと思っています。
生き物を相手にしている以上、楽な仕事ではありませんが、自然に囲まれて過ごす毎日は新鮮です。搾乳にも少しずつ慣れてきましたし、早く一人前になって、ここでずっと仕事を続けていきたいと思っています。
【2015年入社 佐々木優樹】

 ここでの経験を故郷で生かしたい
学校を卒業してすぐ、ベトナムから研修生として中山農場にやって来ました。日本語は、北海道に来る前に1カ月くらい勉強。あいさつや基本的な会話がわかれば問題ないと思います。搾乳の仕事は、最初はたいへんでしたが、数カ月くらい経験しているうちにコツがつかめました。若い牛を搾乳するときは気を遣いますが、何度も出産して搾乳している牛は、牛のほうも慣れています。ほかにも、牛舎内を掃除したり、牛の寝床を整えたり、搾乳以外の仕事もたくさんあります。
別海町の、人が少なくてゆったりとしているところが、故郷のまちに少し似ているなと思います。去年の冬にここで初めて見た雪は、とてもきれいで感動しました。ベトナムでも牛や動物を飼っている場所に行ったことはありますが、こんなに大きな牧場を見たのは初めてでした。研修期間は3年。そのあとのことはまだ考えていませんが、中山農場でみなさんと一緒にしっかり勉強して、ベトナムでこの経験を生かしたいと思っています。
【2014年入社 To Thi An Phung】

会社データ

プロフィール

北海道の東部に位置し、オホーツク海に面する別海町で酪農業を行う中山農場です!冷涼な気候、澄んだ空気、摩周湖の豊富な伏流水など、乳牛の生育に欠かせない条件が、この地にはすべて揃っていました。日本有数の酪農地帯として知られ、町内には約12万7,000頭の乳牛が暮らしています。どこまでも広がる大地、恵みの海。別海町は、北海道のイメージそのものといえます。

別海の大地で牛を飼いはじめたのは、戦後間もない頃。3頭の牛たちから酪農経営がはじまりました。その後、平成8年には地域に先駆けて家族経営から法人経営へと転換。時代や世界を見すえ、早くから規模拡大や機械化、集約化をすすめてきました。現在、330haの敷地で1,000頭もの乳牛を育てています。

現在、日本の酪農経営では分業化が一般的ですが、中山農場では牧草づくりから飼料設計、繁殖、搾乳までを自社内で一貫して行っています。良質な原乳をしぼるためには、あらゆる面から乳牛のストレスを取り除き、ちょっとした変化にも気づいて応えること。そしてなにより、現場のスタッフが誇りをもって働ける場をつくること。牛にも人にも健康的な環境を整え、生産性と品質を高めています。

搾乳、牛舎の清掃、採草、チーズづくりなど、ここでは一人ひとりが大切な役割を担い、誇りをもって仕事をしています。だれひとり欠けても、原乳の品質を守ることはできません。中山農場には、まったくの異分野から酪農の世界に飛び込んだスタッフもいます。入社当初から適性に合わせて担当を任せ、酪農経営のスペシャリストを育成していきます。必要なのは、生活を前向きに楽しむ気持ちです。

ともに酪農の世界に飛び込んでみませんか?

事業内容

PHOTO

牧場直営チーズ工房も運営しております。その日の朝に搾られた中山農場の生乳を100%使用し、ひとつひとつを手作りで作っています。

■酪農業務
■乳製品の製造
■乳製品の販売
本社郵便番号 086-0654
本社所在地 北海道野付郡別海町中春別307番地の2
本社電話番号 0153-76-1777
設立 平成8年9月
資本金 300万円
従業員 ■合計21名

正社員:15名
パート:2名
外国人研修生:5名
チーズ工房:2名
売上高 4億9,000万円(平成29年3月実績)
主な取引先 ホクレン
(株)丹波屋
雪印種苗(株)
明治飼糧(株)
デラバル(株)
オリオン機械(株)
ヤンマーホールディングス(株)
沿革
  • 平成8年9月
    • (有) 中山農場 設立
  • 平成23年5月
    • 乳製品加工部門「なかやまミルク工房」でチーズの製造・販売開始
  • 平成24年7月
    • 従業員用の宿舎 完成
  • 平成28年
    • 二交代制(シフト制)導入
  • 平成28年
    • 人事評価制度 導入
  • 平成29年
    • 黒毛和種の繁殖、生産事業開始
  • 平成30年
    • *搾乳ロボット6台設置「ロボット牛舎」稼働
      *自動哺乳ロボット「カーフレール」稼働
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均所定外労働時間(28年度実績:30時間)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 平均有給休暇取得日数(28年度実績:10日程度)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 33.3%(役員、管理職6名のうち2名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒086-0654
北海道野付郡別海町中春別307番地の2
TEL:0153-76-1777
Mail:info@nayakayam-farm.com
採用担当者:竹田 TEL:090-7658-6495
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp217679/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(有)中山農場と業種や本社が同じ企業を探す。
(有)中山農場を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ