最終更新日:2018/12/7

(株)スガサワ

  • 輸送用機器
  • 金属製品
本社
山形県
資本金
1,000万円
売上高
単独:8億2,900万円(2015年09月実績) 単独:8億7,400万円(2016年09月実績) 単独:9億3,600万円(2017年09月実績)
従業員
単独:76名 グループ:85名(2017年度) 単独:80名 グループ:89名(2018年度)
  • 業種 輸送用機器、金属製品
  • 本社 山形県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 単独:8億2,900万円(2015年09月実績) 単独:8億7,400万円(2016年09月実績) 単独:9億3,600万円(2017年09月実績)
  • 従業員 単独:76名 グループ:85名(2017年度) 単独:80名 グループ:89名(2018年度)

当社は今後20年間は成長が続く見通しの航空機産業へ参入しております!その為、事業継続する為の国際認証をいち早く取得し、働く皆さんとその家族を大切にしています。

会社紹介記事

PHOTO
山形県寒河江市に当社社屋があります。私たちスガサワグループの目指す技術は『匠の技』。山形から世界に当社製品を届けています。
PHOTO
機械、油圧機器、船舶や発電機用のディーゼルエンジン燃料噴射、航空機の部品に用いられます。1/1000mmの加工精度を誇るマシンを使いこなします。

会社の求めるものと私の希望が合致しました。

PHOTO

我々の作った製品は弊社自慢の技術者集団の手から世界中のあらゆる人の手に渡っていきます。

現在、私は品質保証課に所属し、以下の業務に従事しております。
○出荷前検査
○製品毎の検査報告書作成、品質保証関連書類の取りまとめと保管、(要求に応じて)顧客への提出
○社内不適合の集計と原因の分析
○顧客要求に沿い、購入材料に環境規制化学物質の含有があるか否かの調査と報告
○顧客要求に沿い、購入材料に経済制裁対象の紛争地域(中東などの国外)で採掘されたレアメタルが含有されていないかの調査と報告
品質保証関連の業務以外に下記の業務にも従事しております。
○事業継続計画(BCP)及び事業継続マネジメントシステム(BCMS)の整備
BCMSは山形県地場企業初の認証取得で、日本の取得企業は100社に満たない認証でまだ少ないです。
従業員・その家族に安全・安心して働ける環境を提供し、顧客・協力企業に信用・信頼を供給する事ができる準備をしております。

幼少の頃より精工に作られた機械やその部品等、モノ造りに深い興味と関心を抱いておりました。そうしたことが現在の仕事に興味をもったきっかけです。
この会社の欲する能力の一部が私の持つそれと合致していたこと、会社側が積極的に私を用いる分野を探してくれたことが入社を決意させた理由です。
品質関連書類を取りまとめ、無事製品出荷準備が済み、受注~納品まで携わった人々の努力を"実"として結ばせたと実感した時や、自分の携わった製品がどんな所で、どのように社会に貢献しているかを知った時にやりがいを感じます。

”受け”の姿勢ではなく、5年後、10年後の市場動向を見定め、明確な展望を掲げて付加価値の高い分野に積極的に挑んでいくところ、並びに、必要なハード(設備)、ソフト(人材育成、認証取得)の投資にも積極的な所がこの会社の強みであると考えます。これにより我々社員は先行きに希望を抱き、各々が自分の人生設計を建て、その人生設計を成就するためにまた一生懸命に働くという好循環ができていると感じます。
OJTがメインで、社外研修や講師を呼んでの講習会も導入しておりますが、会社が社員一人ひとりの力量管理を徹底し、当人の希望と適性を考慮しつつこれらの教育・研修を実施する所が特徴だと私は捉えております。

今後、原材料の含有化学物質管理や含有紛争鉱物管理、また、災害等に備えた事業継続計画の整備などが製造業界に不可欠になってきます。そうした分野の業務に貢献していきたいと考えております。

会社データ

事業内容

PHOTO

全社員参加の会議を行っています。今後の経営戦略であったり社員の方向性をひとつにするために定期的に行います。

神奈川県に本社を持つ菅沢製機(株)とともにスガサワグループの一翼を担い、高精度な機械部品を製造しています。創業以来、油圧機械部品をはじめ、建設用重機のエンジン部品、船舶や発電機用のディーゼルエンジン燃料噴射部品等、身近なものではないですが、世の中に無くてはならない様々な製品を作っています。サブミクロンの単位に対応する工作機械と熟練のスタッフの技術を融合させ、高精度な機械部品を作っています。国内の大手機械メーカーはもちろん、アメリカなど、海外のメーカーにも輸出しています。

マシニングセンターや研磨機、放電加工機など様々な機械を駆使、世界に類を見ない製品を世に送り出すという使命感のもと、もの、ひと、こころへの投資を続け、自らが満足できる品質の製品作りを一人ひとりが心掛けています。製造ラインの整備をはじめ、検査技術の向上、在庫管理の効率化などを図り、2011年には、航空宇宙産業には、欠かせないAS9100の認証を取得、航空機の翼や尾翼のラダー(方向舵)を動かす油圧機械、フライトコントロールの部品やジェットエンジンの部品の製造を開始、国内外航空宇宙産業大手企業と取引を開始しています。これまで、重機のエンジン部品と油圧機械部品の2つをメインに製造加工を行ってきましたが、航空機の部品製造を3つ目の柱にしたいと考え、これまで様々な試行錯誤を繰り返し、マッチングという円筒に丸棒をぴったりに通すイメージの技術では、ミクロン単位の真直度(垂直度)のマッチング技術で高い評価を得ています。
本社郵便番号 991-0061
本社所在地 山形県寒河江市中央工業団地160-2
本社電話番号 0237-84-5641(代表)
設立 1981年5月1日
資本金 1,000万円
従業員 単独:76名 グループ:85名(2017年度)
単独:80名 グループ:89名(2018年度)
売上高 単独:8億2,900万円(2015年09月実績)
単独:8億7,400万円(2016年09月実績)
単独:9億3,600万円(2017年09月実績)
事業所 本社(寒河江新工場)
山形県寒河江市中央工業団地160-2

工場(寒河江工場)
山形県寒河江市中央工業団地66-1

営業事務所[グループ企業:菅澤製機(株)]
神奈川県横浜市鶴見区市場大和町10-6

北米事務所
1618 Beau Rivage Dr.Conroe Texas,TX 77304
主な取引先 【日本】
東京計器(株)
三菱重工業(株)
三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株)
(株)東芝
(株)IHI
(株)島津製作所
キャタピラージャパン
マクシスコーポレーション(株)

【アメリカ】
キャタピラー
イートン
MOOG

【ドイツ】
MaK社
関連会社 スガサワコーポレーション
菅沢製機(株)
平均年齢 40歳
当社HP http://www.sugasawa.com/
国際認証 JIS Q 9100(航空宇宙防衛産業におけるISO国際認証規格)
ISO22301(BCMS:事業継続マネジメントシステム)
Nadcap(MT 航空機産業における特殊工程認証 非破壊検査の磁粉探傷検査)
メディア掲載情報 メディアにも多数取り上げられております。
当社の可能性を感じていただけるかと思います。

2017/01/08 河北新報 山形版
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170108_51004.html

2016/06/29 日本経済新聞 東北版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB26H0F_Y6A620C1L01000/

2015/01/11 山形新聞
http://yamagata-np.jp/feature/sonosaki/kj_2015011300268.php

2014/04/03 テレビユー山形
http://www.tuy.co.jp/program/goodjob/2014/04/
所属団体 東北航空宇宙産業研究会(Tohoku Aerospace Industry Forum略号「TAIF」)
Tokyo Metropolitan Aviation Network(略称「TMAN」)
航空宇宙品質センター(JAQG: Japanese Aerospace Quality Group)
沿革
  • 1981年 5月
    • 菅沢製機(株)の大江町工場を分離し、資本金 1,000万円をもって(株)スガサワを設立。長谷川俊雄が取締役社長に就任。
  • 1983年 4月
    • 寒河江市中央工業団地に寒河江工場を新設し操業開始。
  • 1983年 11月
    • 長谷川健一が取締役社長に就任。
  • 1988年 3月
    • 寒河江工場に加工部門集結。本社工場とする。
  • 1995年 7月
    • 寒河江新工場を新設し操業開始。
  • 2000年 7月
    • 品質保証の国際規格である ISO9002 の認証規格を取得。
  • 2003年 8月
    • QS9000(自動車規格)認証規格を取得。
  • 2006年 7月
    • ISO9001 認証規格を取得。(自動車規格:TS16949準拠)
  • 2006年 10月
    • 菅沢ハイドロリック工業(株)と経営統合により合併。
  • 2011年 8月
    • AS9100(航空宇宙防衛の国際認証規格)を取得。現在はJIS Q 9100(日本版 AS9100は米国、EN9100は欧州)
  • 2012年 9月
    • (株)IHIと取引開始。(ジェットエンジン部品加工)
  • 2013年 10月
    • (株)島津製作所と取引開始。(航空機用フライトコントロール部品他)
  • 2014年 3月
    • 三菱重工業(株)名古屋誘導推進システム製作所と取引開始。
      (航空機用エンジン部品、ロケット用姿勢制御部品)
  • 2014年 12月
    • 長谷川俊雄が取締役社長に就任。
  • 2015年 8月
    • アメリカ・MOOG社と取引開始。(航空機用フライトコントロール部品)
  • 2016年8月
    • 事業継続マネジメントシステム(BCMS ISO22301)取得。(日本で認証取得組織は100社ほどの災害・社会情勢などの危機から従業員・家族・顧客・協力企業等の利害関係者を守る為の国際認証規格)
  • 2017年8月
    • 航空宇宙産業の製造で重要な特殊工程の非破壊検査(NDT)、磁粉探傷検査(MT)分野でNadcap(航空宇宙産業での国際特殊工程認証プログラム)審査を山形県企業では初の認証。
  • 2018年4月
    • ILA Berlin 2018(ベルリン・エアショー2018)に東京エリアの中小企業を中心とした企業コミュニティ、TMAN(Tokyo Metropolitan Aviation Network)メンバーとして海外展示会へ初出展し、海外航空機関連メーカーと中小企業との商談マッチングを行い、ビジネス・ネットワークの拡充を目指します。
  • 2018年11月
    • 4年に一度、東京ビッグサイトで開催される、JA2018国際航空宇宙展に出展
平均勤続勤務年数 30年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.8日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(女性0名、男性0名)
前年度の育児休業取得者数 0名(女性0名、男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

取材情報

真摯に、前向きに。最先端の航空宇宙産業で自分の能力を伸ばす。
スキルアップを重ね、世界基準の品質保証をクリアする。
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)スガサワと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)スガサワを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ