最終更新日:2019/12/24

  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人下関市民生事業助成会

  • 福祉サービス
本社
山口県
資本金
社会福祉法人は公益法人です。資本金はありません。
売上高
721万円[2015(平成27)年度決算]
職員数
142名 [2017(平成29)年4月1日現在]
募集人数
1~5名
  • 業種 福祉サービス
  • 本社 山口県
  • 資本金 社会福祉法人は公益法人です。資本金はありません。
  • 売上高 721万円[2015(平成27)年度決算]
  • 職員数 142名 [2017(平成29)年4月1日現在]
  • 募集人数 1~5名

総合障害者支援施設ならではの多彩な働き方、唯一無二のやりがいが見つかります。

2020年度新卒採用決定いたしました!! (2019/03/01更新)

こんにちは! 社会福祉法人 下関市民生事業助成会 採用担当です。
この度は当法人のページをご覧いただき、ありがとうございます。

当法人にご興味を持たれた方はまずはエントリーをお願いいたします。
エントリーいただいた方には追って採用に関する情報をお届けいたします。

尚、説明会を実施する場合は、こちらのページ及びマイページの「お返事箱」へ説明会の情報をご案内いたしますので、定期的にチェックしてみて下さい。

会社紹介記事

PHOTO
利用者が自分の居場所を見つけたり、希望する生活に向けて意欲を持つことを応援していく。ともに考え、解決に向けて支援していくことが大きなやりがいとなる。
PHOTO
総合職は、少数精鋭で約150人もの職員の人事や財務全般を行う。OJTとOFF-JTの二本柱で、知識と経験を積んでいく。

利用者の個性や意欲を応援することで、自分自身も成長できる環境があります。

PHOTO

「一人ひとりと丁寧に接することで自分自身の成長を感じます」と山根さん(右)。「利用者の方の個性を尊重しながら、周りと共にベストの答えを探します」と市場さん(左)

大学で社会福祉を学び地元山口での就職を考えて、生活介護事業から就労継続支援まで幅広く事業を手がける「なごみの里」ならば持続的なやりがいがありそうだと思い、就職を決めました。現在は生活支援員としてグループホームで、体調面や就職など利用者の方のさまざまな悩みや不安を解消するお手伝いをしています。
利用者の方が何を望んでいのるかしっかりと耳を傾けることはもちろん、周りのスタッフや事業所の方、そしてご家族とも綿密に連携をとり、何がその方にとって最善の選択肢かを考えます。ときには、少し困難に思えることでも、本人の強い意思があるのなら応援することも。やはりこの仕事で大切なのは、本人が頑張りたいと思う気持ちを応援する姿勢だと思います。
誰にとっても就職や結婚、住むところは人生において大きな出来事。その大切な決断に微力ではあっても確実に関わっているという実感が、この仕事のやりがいでもあります。壮大なプロジェクトや毎日特別なことが起こるわけではありません。ただ、利用者の方が当たり前に1日を過ごせたという日々の幸せの積み重ねが、苦労を上回る喜びとなっています。
(山根 明弘 生活支援員/2010年入社)

地域で生活する障害者の方の希望の現実に向けて相談を聞き、必要な支援を考えていくことが主な仕事です。相談の種類は仕事や日常の生活環境、時間の過ごし方まで多種多様。マニュアルがないので、今まで自分が経験や知識をフル活用して解決の道を探る対応力が求められます。そうした経験を積むことで、支援や対応に幅ができ、よりよいアドバイスができることを目指しています。
利用者の方の話を聞くこと、待つこと、考えを押し付けないという姿勢が自然と身に付き、それは仕事を離れた場面でも自分自身を成長させていると感じます。仕事柄、いろいろな人と関わる機会が多く、人との繋がりが密に感じられるので、人と関わることが好きな私にとってまたとない現場です。以前悩んでいた方が、生活が充実し楽しそうに過ごしている姿に触れるたびに、「また頑張ろう」と新たな意欲が生まれてきます。
スタッフ同士の仲も良く、上司にも常に相談できる体制があるので仕事に集中できる環境。産休・育休を経て戻ってくるスタッフが多いのも、「なごみの里」の働きやすさの証だと思います。
(市場 亜沙香 相談支援専門員/2007年入社)

会社データ

プロフィール

下関市民生事業助成会は、1952年に社会福祉法人として認可を受け設立いたしました。1965年に障がい者支援施設「よしみ園」開設(現在は「なごみの里」へ改名)し、現在は総合的な障がい者支援福祉サービスを提供するまでになりました。

障がいのある人たちの人格と尊厳を尊重し、自己実現を支援することを基本理念としています。また、52周年を迎えますが、50周年記念事業から掲げる「あなたの あなたらしさを 支えたい」をキャッチフレーズに、ますますサービスの充実を進めていきます。

事業内容
■障害者支援施設なごみの里(施設入所支援事業、生活介護事業、短期入所事業、日中ショートステイ事業)
■なごみの里相談支援センター(相談支援(下関市委託)・計画相談・障害児相談支援・地域移行支援・
 地域定着支援事業)
■障害者就業・生活支援センター(生活支援)事業 山口県委託
■障害者就業・生活支援センター( 雇用安定)事業 山口労働局
■なごみの里ワークセンター(就労継続支援B型事業)
■なごみの里グループホーム(共同生活援助事業)
本社郵便番号 759-6602
本社所在地 山口県下関市大字蒲生野250
本社電話番号 083-262-2111
設立 1952年(昭和27年)5月26日
資本金 社会福祉法人は公益法人です。資本金はありません。
職員数 142名 [2017(平成29)年4月1日現在]
売上高 721万円[2015(平成27)年度決算]
事業所 ■障害者支援施設なごみの里(施設入所支援事業、生活介護事業、短期入所事業)
■なごみの里相談支援センター(相談支援(委託)・計画相談・児童相談支援・地域移行支援・地域定着支援)
■なごみの里障害者就業・生活支援センター(生活支援事業)
■なごみの里障害者就業・生活支援センター(雇用安定事業)
■なごみの里ワークセンター(就労継続支援B型事業)
■なごみの里グループホーム(共同生活援助事業)
業績 決算時期 3月

障害福祉サービス事業の自立支援費報酬等
株主構成 なし
主な取引先 制度ビジネスのため、障害福祉サービス事業の保険者(市町村)
関連会社 なし
沿革
  • 1952年5月26日
    • 法人設立認可
  • 1965年8月24日
    • よしみ園開設(定員60名)※下関市大字吉見上
  • 1978年4月1日
    • よしみ園通勤寮開設(定員20名)
  • 1982年4月1日
    • 重度棟増設(総定員90名)
  • 1989年4月1日
    • グループホーム開設
  • 2003年3月5日
    • 移転(下関市大字蒲生野)
  • 2003年4月1日
    • 通所部開設
  • 2003年5月28日
    • 「なごみの里」へ改名
  • 2006年10月1日
    • 相談支援センター、グループホーム開設
      短期入所事業、地域活動支援センター基礎的事業開始
  • 2008年4月1日
    • 障害者就業・生活支援センター開始
  • 2010年3月1日
    • 障害者支援施設に移行
      多機能型事業所なごみの里 (ワークセンター)開設
  • 2011年10月1日
    • 多機能型事業所なごみの里(なごみの里通勤寮)開設
月平均所定外労働時間(前年度実績) 1.87時間(2017年度:正職員)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12日4時間(2017年度:正職員・有期契約職員87名)
10日6時間(2017年度:正職員・有期契約職員・パート職員144名)
前年度の育児休業取得対象者数 3名(うち女性が3名 2017年度実績)

前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性が3名 2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 57%(7名中4名が女性 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒759-6602
山口県下関市大字蒲生野250
生活支援課 課長 石津(いしづ)
TEL:083-262-2111
FAX:083-262-2115
URL http://www.nagomi-no-sato.jp/
E-mail nagominosato@juno.ocn.ne.jp
交通機関 例)JR山陽本線「新下関」駅より済生会下関総合病院行バスで10分(下関球場前バス停下車)、徒歩10分程度
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp219055/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人下関市民生事業助成会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人下関市民生事業助成会と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ