最終更新日:2019/4/19

  • 正社員
  • 既卒可

(株)金太

  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 鉄鋼
  • 金属製品
  • 商社(その他製品)
本社
石川県
資本金
3,200万円
売上高
354億円(2018年3月)
従業員
171名(2019年1月)
募集人数
1~5名
  • 業種 商社(鉄鋼・金属)、鉄鋼、金属製品、商社(その他製品)
  • 本社 石川県
  • 資本金 3,200万円
  • 売上高 354億円(2018年3月)
  • 従業員 171名(2019年1月)
  • 募集人数 1~5名

【営業職募集】金太を例えるなら、毛細血管。鋼鉄メーカーとユーザーを、情報・知識・技術・デリバリー力で細やかにつなぎ、地域のものづくりやインフラ整備を支えています

雰囲気◎で離職0!皆で教え合いフォローし合う社風があります。 (2019/04/17更新)

こんにちは。(株)金太の田畠です。
この度は弊社のページにお越しいただきありがとうございます。

【採用サイトはこちらです。ぜひご覧ください!】
https://recruit.kk-kinta.co.jp


金太は地元密着100年の歴史があり、今後も着実に成長しようと日々活動しています。

金太に少しでもご興味ありましたら
会社説明会も開催中ですのでぜひお越しください。

会社紹介記事

PHOTO
昨年改装された事務所は部署間の仕切りがない開放的なワンフロア。今年、創業110年を迎えた老舗ながら、活気あふれる雰囲気と充実した社員の表情は伸び盛りの企業そのもの
PHOTO
担当部署に関係なく普段から仲が良い社員達。その良好な関係が、日々の業務にも役立っており、石川県内企業売上高7位(Ullet調べ)を記録した

北陸屈指の売上を誇る金太。風通しの良さと働きやすさが自慢です

PHOTO

大きな目標を持ってのびのびと仕事に取り組む洲崎さん(左)と橋本さん(右)。写真撮影の間も周囲から絶えず声がかかり、金太のチームワークの良さを象徴する1枚となった

【建築開発部 洲崎貴也】
私は建築開発部で、建物の骨組みや工事に必要な鉄骨材料を販売しています。取引先はゼネコンをはじめ既存顧客がほとんど。
しかし、長いお付き合いだからこそ、諸先輩方が築いてきた良好な関係を保ちながら、私らしい方法でいかに更なるニーズを引き出すかが難しいところ。そのためにも、何事も曖昧にせずしっかりコミュニケーションをとって手配ミスや納期遅れを防ぐなど、責任ある行動を日々心がけています。

この仕事のやりがいは、喜びや苦労、紆余曲折も含め建物という一つの形として街に残せること。完成した物件を見たときの誇らしい気持ちは、何度経験しても変わりません。

知識向上のための講習会や各種資格取得に向けた勉強会など、当社には学びの機会がたくさんあります。私自身、これらに参加したことで知見が広がり、お客様との会話にも役立っています。

毎日いきいきと仕事ができるのは、社歴に関わらず意見が言え、時には部署を超えて助け合う風通しのよい社風のおかげ。面倒見の良い上司や先輩、刺激をくれる同僚の存在が頑張る力になっています。

【鉄鋼部 橋本卓弥】
鉄工所や機械メーカーなどに製品の材料となる鋼板や鋼管といった鋼材を販売する鉄鋼部で営業を担当しています。主に既存の取引先を訪問し、注文に関しての加工相談や商談を行うのが日々の業務。
お客様は年上の方ばかりで最初は話題に困りましたが、今では笑いながら雑談できる関係性を築けたことがやりがいや自信に繋がっています。

鋼材を扱うには、専門的な知識が必要です。しかし、それは仕事をしながら身につければいいこと。実際、私も何もわからないまま入社しました。誰もが知っていることより、特定の分野を探求する方が成果も挙げやすく、興味を持って取り組めるもの。
5年目の今は、金太の高い品質の話などお客様にとって有益となる話題も提供できるようになりました。

当社は営業職でも残業はほとんどなく、休みもしっかり取れるので気持ちを入れ替えて業務に集中できます。また、先輩方の手厚いサポートのほか、若手社員だけの会議などもあり、仕事上の疑問や悩みも相談しやすいです。
この恵まれた環境の下、地道に誠意ある対応を積み重ね、取引先から「鉄のことなら、金太の橋本」と言われるようになることが目標です。そしていつか、部署を率いる存在となって自分の力を試してみたいです。

会社データ

プロフィール

明治大正昭和平成。
鉄鋼屋、機械屋、建築屋、土木屋、物流屋と呼ばれることに、そして何より「金太」という屋号に自信と責任と誇りを持ち続けている私たち。
「屋」という呼称に込められたプロフェッショナルの憧憬を、追い求めています。

新入社員の皆様には、まず鉄に触れ鉄の重さを身体で覚えることから始めてもらいながら、「新しい失敗は許される」という社風を息づかせています。何かに挑戦するからこそ失敗もするわけで、負けず嫌いな取り組み大歓迎の金太です。

やがて人柄が仕事を左右することを知り、物ではなく自分を買ってもらうことを学び、一人ひとりが現場で生き生きとした笑顔を見せるようになります。お得意様に可愛がられ信頼される人材を育てることを目指しています。


事業内容
1.普通鋼、特殊鋼、ステンレス、非鉄金属の販売
2.建築土木資材の販売
3.金属加工機械、工具、機器の販売
4.鉄鋼材の加工
(シャーリング、溶接、プレス曲げ、ファインカット、穴明、その他)
5.機械器具設置工事の設計施工
6.建築工事・鋼構造物工事・建具工事・土木工事の設計施工
7.オフィス、工場等の土地・建物、売買業務
8.損害保険代理店業務
9.その他上記各号に附帯する業務
本社郵便番号 921-8561
本社所在地 石川県金沢市泉本町5丁目61番地
本社電話番号 (076)-242-3080
創業 1907年4月
設立 1949年5月
資本金 3,200万円
従業員 171名(2019年1月)
売上高 354億円(2018年3月)
沿革
  • 昭和45年
    • 高岡市にて、富山営業所を開設。
  • 昭和47年
    • 本社-営業-倉庫・輸送の三位一体体制を確立する為に現在地に本社を新築移転。
      称号を(株)金太と変更。
      機材倉庫を増設し、立体自動ラック・モノパック(キトー製)設置で倉庫業務の空間活用と省力化を行う。
  • 昭和48年
    • 輪島市にて、能登出張所を開設。
  • 昭和61年
    • 三代目南昭武社長に就任。
  • 平成2年
    • 富山営業所を高岡市から砺波市へ移転。
  • 平成4年
    • 能登営業所を穴水町に移転開設。
  • 平成9年
    • 富山営業所を砺波市から富山市へ移転。
  • 平成12年
    • 能登営業所を能登支店へ昇格。
  • 平成19年
    • ドイツ カルテンバッハ社 高速メタルソー稼働。
  • 平成24年
    • 白山市旭工業団地隣接の北部工業団地に、加工専用の旭丘機械基地完成。(ハンドソー10台、丸ノコ3台、高速メタルソー1台他)
  • 平成26年
    • ISO 9001(2008)取得(鉄鋼部、旭丘鉄鋼基地、旭丘機械基地)
  • 平成27年
    • 四代目南志郎社長に就任。
  • 平成28年
    • 能登支店七尾営業所開設。
  • 平成30年
    • 富山営業所を支店に昇格
月平均所定外労働時間(前年度実績) 約9時間(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒921-8561
石川県金沢市泉本町5丁目61番地
総務本部/田畠 北条
TEL:076-242-3080
FAX:076-280-8080
URL https://recruit.kk-kinta.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp219665/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)金太と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)金太を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ