最終更新日:2019/7/10

  • 正社員
  • 既卒可

東亜薬品工業(株)

現在、応募受付を停止しています。

  • 薬品
本社
東京都
資本金
7,000万円
売上高
42億円8,600万円(2018年3月)
従業員
正社員121名、パート20名
募集人数
11~15名
  • 業種 薬品
  • 本社 東京都
  • 資本金 7,000万円
  • 売上高 42億円8,600万円(2018年3月)
  • 従業員 正社員121名、パート20名
  • 募集人数 11~15名

「ビオスリー」が全国発売開始! 創業70年の製薬メーカーです。その先の未来はグローバルな「世界」を目指しております。

随時、説明会予約を受付ております! (2019/07/10更新)

研究職・品質管理職、動物薬営業職、管理部門・事務職(経理財務)の募集を行っております。

未来に大きな“可能性”を秘めた製薬会社です。
2019年4月、飛躍の時を迎えます。

弊社主力製品の“ビオスリー”。

当社登録商標「ビオスリー」が全国発売になりました。
全国の薬局・ドラックストアでお求めいただけます。

今年は新卒の積極採用に向けて、
会社説明会は昨年の2倍を計画し実施して参りました。

今後は、説明会等の予定が固まり次第随時ご連絡をさせていただきます。
情報が必要な募集職種にセミナーエントリーをお願いします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
腸内環境を整える「ビオスリー」など、健康をサポートする医薬品を開発。館林工場には昨年4月、最新設備を整えた新製剤棟が完成したばかりだ。
PHOTO
社会のニーズに合わせた医薬品を世に送り出す製剤研究だけでなく、プロバイオティクスの作用メカニズム解明に向けた独自の研究も手がけている。

70年以上の歴史を誇る安定企業。文系、理系を問わず、多彩な活躍の場があります!

PHOTO

おなかの健康を守る強い味方として、近年注目が高まっている「プロバイオティクス」。当社は、70年以上も前からこの分野に特化して、研究・開発を手がけてきた製薬会社です。「プロバイオティクス」とは、腸内フローラのバランスを改善することにより宿主に有益な作用をもたらす生きた微生物。
「ビオスリー」は、当社を代表するベストセラー製品です。人々の生活に身近な医薬品や健康食品に加え、動物用医薬品や混合飼料など幅広い領域をカバー。私たちは、人や動物の健康をサポートするほか、家畜の健康増進によって生産性の向上や食の安全にも貢献しているのです。

当社では、最新テクノロジーの導入に注力しています。2018年4月には、館林工場に24時間無人化生産を可能にした新製剤棟が完成したばかり。ちなみに、世界最速クラスの包装機の導入によって、生産効率は2倍にアップしました。「試してみたい」と思った実験をすぐ始められる、充実の研究設備が整っているのも私たちの強み。やりがいの大きな仕事と抜群の環境が揃う当社でなら、あなたの可能性を大きく広げていけるでしょう。

【営業職インタビュー】
私の仕事は、動物の腸内環境を整える医薬品や製品の営業。当社の製品は、牛・豚・鶏などを育てる畜産農家からも大きな支持を得ています。なぜなら、「プロバイオティクス」を飼料に混ぜることで、家畜の肉質や肉付きをよくする効果が期待できるからです。動物の健康を支えると同時に、畜産動物の品質向上の手助けができ、ひいては人々の食生活にも貢献できる。やりがいは、無限大に広がっています。半年間の新人研修があるなど、当社は教育制度が充実。文系出身者でも、安心して成長していけるでしょう。

〈熊田翔平さん/2014年入社〉

【研究職インタビュー】
私のミッションは、まだまだ多くの謎に包まれている「プロバイオティクス」の作用メカニズムを解明すること。現在はそのために、乳酸菌・糖化菌・酪酸菌の培養や遺伝子の解析、海外の論文チェックなどを行っています。この仕事の魅力は、まだ誰もなし得てないことに挑めること。「プロバイオティクス」の作用メカニズムを解明できれば世界的な発見になるので、挑戦のしがいがあります。当社は、若手の主体性を尊重してくれる職場。上下の垣根がなく、気兼ねせず意見できる社風も魅力です。

〈林 卓人さん/2017年入社〉

会社データ

プロフィール

私達は益生菌剤のリーダーとしてプロバイオティクスの市場を創造し、最高の商品を提供することによって、人々の健康に貢献し顧客・社員・株主とともに歩みます。

事業内容
益生菌の研究開発を通して、 常に最高の品質の生菌製剤を提供しております。
本社郵便番号 151-0073
本社所在地 東京都渋谷区笹塚2-1-11
本社電話番号 03-3375-0511
創業 1941年11月
設立 1948年1月
資本金 7,000万円
従業員 正社員121名、パート20名
売上高 42億円8,600万円(2018年3月)
平均年齢 43.0歳
平均勤続年数 10.2年
沿革
  • 1941年11月
    • 東亜薬化学研究所創立
  • 1948年1月
    • 同研究所を法人に改組、社名を東亜薬品工業(株)とし、鳥居薬品工業(株)を医薬向専門の総代理店とする
  • 1963年5月
    • 活性生菌製剤「ビオスリー」を発売
  • 1963年7月
    • 業績拡大に伴い営業部門を分離独立し、東亜新薬(株)を設立
  • 1964年1月
    • 動物薬営業部を設立し、酪農・畜産関係の医薬品の製造・販売を開始
  • 1968年3月
    • 館林工場竣工(群馬県館林市)敷地面積約33,000平方メートル
  • 1979年1月
    • 本社社屋竣工(東京都渋谷区)
  • 1986年4月
    • 消化性潰瘍剤「イグサイン(M)」を発売
  • 1988年2月
    • 増田隆 代表取締役社長に就任
  • 1996年10月
    • 一般薬局向けに「ビオスリーHi錠」を発売
  • 1997年5月
    • 混合飼料「ビオスリーエース」を発売
  • 1999年7月
    • 館林工場内に注射棟を竣工、及び製剤棟を改築
  • 2008年9月
    • 館林工場内に注射倉庫棟を竣工
  • 2011年10月
    • 館林工場内に管理棟を竣工
  • 2011年11月
    • 子宮収縮抑制剤「マグセント注シリンジ40mL」を発売
  • 2013年1月
    • 館林工場内に培養棟「カルチャープラント」を竣工
  • 2014年9月
    • 受託事業を本格的に開始
  • 2016年2月
    • 生菌製剤として初のOD錠となる「ビオスリー配合OD錠」を発売
  • 2018年4月
    • 館林工場内に新製剤棟を竣工
  • 2019年2月
    • 増田智英 代表取締役社長に就任
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.0時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.9日
前年度の育児休業取得対象者数 対象者数 男性3名 女性1名
前年度の育児休業取得者数 取得者数 男性1名 女性1名

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒151-0073
東京都渋谷区笹塚2-1-11
東亜薬品工業(株)
総務部 総務課 新卒採用担当
TEL:03-3375-0511
URL http://www.toabio.co.jp/
E-mail recruitinfo@toabio.co.jp
交通機関 京王線笹塚駅 徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp219878/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東亜薬品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ