最終更新日:2019/7/22

  • 正社員

(株)微生物化学研究所【京都微研】

現在、応募受付を停止しています。

  • 薬品
  • 機械
  • 化学
  • 医療用機器・医療関連
本社
京都府
資本金
3,000万円
売上高
50.4億円(2018年度)
従業員
297名(2019年4月末現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 薬品、機械、化学、医療用機器・医療関連
  • 本社 京都府
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 50.4億円(2018年度)
  • 従業員 297名(2019年4月末現在)
  • 募集人数 6~10名

大型培養機器 運転従事者求む!研究開発から製造・販売、アフターフォローまで一貫体制で責任を持って製品をお届けしています。

2020年新卒採用を開始いたしました (2019/06/07更新)

数ある企業の中から、当社にアクセスいただき、
ありがとうございます。

只今、大型培養機器の運転(管理及びメンテナンス含む)を
担当する人材を募集しております。
工学系で興味のある方、是非説明会へお越しください。

説明会で皆様にお会い出来ることを楽しみにしてます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
薬効を発揮できるかを検証するプレ試験から、原液と抗原性補強剤の混合、書類作成まで最終製品づくりの全プロセスに関わる製剤部門はやりがい満点です。
PHOTO
担当エリア内の獣医師さん、畜産農家さんを訪ねて、製品情報提供と安全性情報の収集に努める営業職。学術課と共に講習会や研修会を催すこともあります。

動物用ワクチンでは国内トップ級のシェアを誇ります。

PHOTO

自然体な社風で優しい人ばかり。時短勤務制度など長く働ける環境です。

■「役立つワクチン」を生みだす喜び
免疫抗体機能を利用して、様々な感染症から牛や豚、鶏たちを守る動物用ワクチン。「京都微研」の名で全国の生産者さんから信頼を寄せられる当社は、この分野のパイオニアであり、牛用ワクチンを筆頭に国内トップ級のシェアを誇っています。信州大学の大学院農学研究科で、発酵物が持つ抗アレルギー効果を追求した私は、免疫に関する知識を仕事に活かせる全国でも希少なこの会社に注目。面接時に感じたなごやかな社風にも好感しました。
ワクチンの原料は標的とする感染症ウイルスや細菌から作られたワクチン株。それを培養した“原液”にアジュバント(抗原性補強剤)を混ぜるなどの処理を施して、製品に仕上げるのが私たち製剤部の役割です。私が所属する部署は鶏と養殖魚用のワクチンを担当。新たに作るワクチンに実効性があるかを鶏に投与して確かめる試験から工程は始まりますが、スケジュール立案から生産条件を子細に記録するドキュメント作成まで、1つの製品の全プロセスに1人が責任を持つ担当性なので、やりがいは満点です。
(林 慈さん/製剤部 2015年入社)

■家庭の食の安全を守る仕事
私がこの【京都微研】を選んだきっかけの一つは、会社説明会や内定者懇親会での社員交流会で先輩方の雰囲気がアットホームであったことです。営業部の仕事は、月曜日に担当エリアに移動し、金曜日までホテルに泊まる出張スタイルです。生活スタイルが今までとガラッと変わり、なれるまでは大変でした。自分ひとりで行動するだけではなく、上司や代理店の方々と同行しながらお客様を訪問します。この仕事の大変なところは、病気だけではなく飼料や飼養管理など幅広い知識が必要となります。大学の講義や普段生活するうえで見たことのないことばかりですが新しいことの連続で面白いところもあります。また、牛や豚、鶏などの病気を予防することで自分の家族や友人が安心してお肉を食べられると思うと誇らしい仕事です。【京都微研】の理念は、「動物を守り、人を支える」。下痢症や呼吸器病などへの感染を予防することで、動物たちが健やかに育ち、私たちの食を守ることができるところに魅力を感じています。今後の私の目標は、お客様から『相談があるから来てほしい』と頼りにされるような営業マンになることです。
(中村 茜さん/営業部 2018年入社)

会社データ

プロフィール

「動物を守り、人を支える」を目指して
京都微研は動物用ワクチン専業メーカーとして1948年に創業し、研究開発から製造・販売、アフターフォローまでを一貫して行うメーカーとして、動物を守り人を支える方針のもとにワクチン及び診断薬の製造販売一筋に取り組み、動物の予防衛生に寄与してまいりました。

しかしながら、現在、私たち動物用医薬品業界を取り巻く環境は、この数年来、畜産農家の高齢化による経営離脱やペットの飼育数の減少等、大きな局面を迎えております。その一方で畜産経営規模の拡大や海外とのボーダーレス化は、感染症発生リスクの増大を招き、総合的な予防衛生対策は、今後、ますます重要な課題になると考えられます。私たちは、その予防衛生の一翼を担うワクチンメーカーとして引き続き皆様のお役に立てるよう、課題の解決に取り組んでまいります。

動物用ワクチンを通して、安心して暮らせる平和な社会をつくることを理念として、今後も皆様に喜ばれる製品を開発し、安定的に供給する企業であり続けることを目指して、日々、精進してまいります。

代表取締役社長
中谷 雅之

事業内容
動物用医薬品等の製造・販売
動物用・魚用・植物用ワクチンの研究・製造・販売・輸出入
本社郵便番号 611-0041
本社所在地 京都府宇治市槇島町二十四,16番地
本社電話番号 0774-22-4518
設立 1948年6月
資本金 3,000万円
従業員 297名(2019年4月末現在)
売上高 50.4億円(2018年度)
事業所 ●本社
京都府宇治市槇島町二十四、16番地

●第二研究所
京都府宇治市槇島町十一 29番地1

●物流センター・第2物流業務センター
京都府宇治市槇島町中川原2番地

●宮津支所
京都府宮津市里波見小字ダイラ49

●札幌事務所
北海道札幌市中央区大通西十五丁目2-1ラスコム15ビル4階B
関連会社 ●京都微研ハノイラボラトリーズ
Hung Yen province, Vietnam
沿革
  • 昭和23年
    • 6月
      京都市上京区紫野下柳町37番地に設立京都市伏見区桃山町松平筑前20番地の1において製造開始
  • 昭和41年/昭和42年
    • 昭和41年7月
      京都府宇治市槇島町24、16番地に本社を移転
      製造研究施設1号館、試験動物舎及び諸施設を新築

      昭和42年11月
      製造施設2号館及び洗浄施設A棟を新築
  • 昭和44年/昭和45年
    • 昭和44年5月
      事務所、集会場B棟及び倉庫C棟を新築

      昭和45年4月
      試験鶏舎を新築
  • 昭和46年/昭和48年
    • 昭和46年3月
      製造研究検査施設3号館を新築

      昭和48年1月
      京都府宮津市里波見小字ダイラ49に宮津支所(SPF施設)を開設
      生産研究棟及びウィンドレス鶏舎第1棟を新築

      昭和48年11月
      製造研究施設を2号館に増設
  • 昭和49年

    • 2月
      京都府宇治市槇島町中川原一番地1に社員寮及び社宅を新築

      10月
      宮津支所(SPF施設)に第2棟を新築
  • 昭和53年
    • 6月
      実験動物施設試験検定棟を新築
  • 昭和54年
    • 12月
      魚病研究飼育施設を新築
  • 昭和56年
    • 12月
      製造施設5号館を新築
  • 昭和58年
    • 2月
      製造研究検査施設6号館を新築

      11月
      宮津支所(SPF施設)に第3棟を新築
  • 昭和59年
    • 10月
      宮津支所(SPF施設)に第4棟を新築
  • 昭和61年
    • 11月
      小動物試験検定施設を新築
  • 昭和62年
    • 4月
      研究施設7号館を新築
  • 平成元年
    • 4月
      北海道札幌市中央区北一条西十九丁目1‐4日宝北一条ビル4階に札幌事務所を開設
  • 平成4年
    • 7月
      宮津支所(SPF施設)に第5棟を新築
  • 平成6年
    • 1月
      宇治市槇島町中川原2番地に物流センターを新築
  • 平成7年
    • 4月
      製造施設新1号館を新築
  • 平成11年
    • 9月
      宮津支所に管理棟、犬・猫棟、作業棟を新築
  • 平成14年
    • 4月
      東京都千代田区神田紺屋町34番地 東和神田ビル4階に東京事務所開設
      2号館及び第2検定棟を新築
  • 平成15年
    • 12月
      事務所棟を新築
  • 平成18年
    • 2月
      北海道札幌市中央区大通西15丁目2番地1 ラスコム15ビル4階8号室に札幌事務所を移転

      8月
      品質管理棟を新築
  • 平成21年
    • 1月
      第二物流業務センターを新築

      11月
      東京都中央区日本橋3丁目4番12号 インデリックス八重洲ビルに東京事務所を移転
  • 平成23年
    • 7月
      ベトナムに京都微研ハノイラボラトリーズ設立
  • 平成24年
    • 1月
      宇治市槙島町十一29番地1に第二研究所を新築
前年度の育児休業取得対象者数 【女性】取得対象者数:11名
【男性】取得対象者数:7名
(2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 【女性】取得者数:11名
【男性】取得者数:0名
(2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒611-0041
京都府宇治市槇島町二十四、16番地
(株) 微生物化学研究所(京都微研)
TEL 0774-22-4518   人事課
URL http://www.kyotobiken.co.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp220672/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)微生物化学研究所【京都微研】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ