最終更新日:2019/8/27

  • 正社員

泉陽冷熱(株)

  • 設備工事
  • 住宅(リフォーム)
本社
大阪府
資本金
2,000万円
売上高
3億5,000万円(2018年11月)
従業員
12名(2018年9月現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 設備工事、住宅(リフォーム)
  • 本社 大阪府
  • 資本金 2,000万円
  • 売上高 3億5,000万円(2018年11月)
  • 従業員 12名(2018年9月現在)
  • 募集人数 1~5名

省エネルギーの観点からトータル設備工事業を柱に、創業から40年を迎えた当社。社長自らが旗振り役として、新卒採用を行っています!

トップと直接出会える泉陽冷熱(株)に、是非エントリーください! (2019/03/01更新)

泉陽冷熱(株)では、業績好調につき一昨年より新卒採用をスタート!
新しい人財が社内の活性化につながっていることを日々実感しています。

設備業界というのは、多くの学生の皆さんには、あまり馴染みがなくピンと来ないかもしれませんが、実は多くの文系出身者、多くの女性社員が活躍している業界なのです。

是非、「知らない!分からない!」で終わらせてしまわずに、少し興味を持っていただければ、すごく可能性を感じていただける業界・お仕事だと考えています。

直接社長が皆さんの前に登場しお話をさせていただきます。
皆様のエントリーお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
「新卒採用」は当社の一大イベント!社長(写真左)自らが旗振りをし、社員全員で新しい仲間をお迎えします!
PHOTO
当社の強みは、空気調和設備・給排水衛生設備・電気設備の施工管理をワンストップで行えること。そのためには、日々のミーティングや部署間の情報共有が重要なのです。

施工管理技術者への第一歩を踏み出すということ

PHOTO

説明会では、わたくし社長の吉田が直接皆さんとお話をしたいと思います。是非、疑問があれば何でも聞いてください!

■人生100年時代「これから何年働くか?」
一般的な定年が60~65歳であれば、それ以降の20~30年は人生の第2ステージを過ごします。しかし、今の20代が60歳を迎える頃には、定年は70歳になっているかもしれません。70歳になると職業の選択が狭まりますが、施工管理技術者であれば、加齢によって現場で管理業務ができなくなっても、それまでの経験があれば事務所内での設計・積算・図面作成・若手の育成など様々な業務をこなすことができます。

■施工管理技術者は業界では「ひっぱりだこ」状態 
現在日本の建設業に従事する就業者数は約500万人、そのうち施工管理技術者は50万人です。しかし、10年後には今55歳以上の施工管理技術者がリタイアし、15万人減少するといった国土交通省の試算があります。そして、20代で施工管理技術者を目指す方は、年間3000~5000人程度にとどまるため、減少に対して供給が追いついていないのが現状です。そのため、職の安定という考え方からすれば、希少性・優位性の高い職業です。

モノが出来上がる過程が好き、一生モノの技術に興味があるといった人は、ぜひとも泉陽冷熱で一緒に働きましょう!
その一歩は得るものはあっても失うものは何もありません。
所持する物質はいつかなくなり奪われる可能性はありますが、“頭の中の知識と、身につけた技術は”一生貴方のものです。

会社データ

プロフィール

我々が属する建設業界は、ここ数十年で大きな変化を遂げてきました。高度経済成長期の「作れば、売れる時代」は遠の昔に終わりを迎えました。その後20年間右肩下がりが続いた建設投資は、2011年度を底に再び増加に転じています。今後も橋梁・トンネル・水道管等のインフラ維持や更新等で公共工事は堅調に推移すると予想されます。

また民間に於いても2020年のビッグイベントへの期待感が高まり、民間建設投資の増加が現実化し、建設業界の景況感は改善しつつあるという見方が大きくなっています。しかし、実際には楽観視できない要素も多くあります。建設業就業者の高齢化が進み、全国的に施工管理者や技能労働者不足が顕在化していることもその一つです。このままでは近い将来、老朽化が進むインフラの維持管理・的確な災害対応といった、この国を守る上で絶対不可欠な工事でさえも思うようなスピードで施工できないことが懸念されます。

2020年のビッグイベントを終えても労働需給緩和は一時的で、すぐに人手不足に戻る可能性は極めて高いと予想されます。今後、少子高齢化が進むことで、人手不足は他産業でも進行することから人材確保を先送りすることなく、若手人材育成を真剣に考え取り組む会社が生き残り、継続する企業として社会に貢献できるのではないかと強く感じます。

そんな中、当社でも将来の人材確保・育成を考え、一昨年より新卒採用をスタートしました。「新卒採用」は当社にとって、一大イベントです。40年近く続けてきた事業やこれから展開していこうとする事業を新卒者の方にも理解していただき、共にチャレンジしていっていただきたいという思いを込めての新卒採用です。

1979年創業以来40年近く、安全を第一に、空気調和設備・給排水衛生設備・電気設備など、幅広いジャンルで設計・施工・メンテナンスまでトータルにサポートしてきました。近年では一般住宅の建築リフォーム事業を行い、大阪・和歌山・奈良・京都・神戸といった各方面へ規模を問わず事業展開しております。これからも、お客様からのご要望はもちろんのこと、プラスαのご提案で、お客様の快適性と付加価値を追求するために努力していきたいと考えています。是非、当社で一緒に活躍してみませんか。

事業内容

PHOTO

最近、オフィスをリフォームし、より働きやすい環境になりました。このミーティングスペースでいくつものアイデアが生まれています。

■事務所ビル、商業施設、工場、高齢者施設、病院、学校、集合住宅、研究施設、スポーツ施設向けの総合設備工事の設計及び施工管理
■住宅、高齢者施設、医療機関向けの建築リフォーム工事のプランニング及び施工管理
本社郵便番号 590-0131
本社所在地 大阪府堺市南区栂371番地
本社電話番号 072-292-0722
創業 1979年
資本金 2,000万円
従業員 12名(2018年9月現在)
売上高 3億5,000万円(2018年11月)
建設業許可番号 ・管工事(特定)第61839号
・土木工事(特定)第61839号
・電気工事(一般)第61839号
・堺市指定給水装置工事事業者 第751号
・堺市指定排水設備工事事業者 第1455号
・建築工事(一般)61839号 
資格取得者 建築設備士(2名)、2級建築士(1名)、1級管工事施工管理技士(4名)、2級管工事施工管理技士(3名)、1級電気工事施工管理技士(1名)、1級土木施工管理技士(2名)、第3種冷凍機械主任技術者(1名)、給水装置工事主任技術者(2名)、消防設備士(各種)(2名)、電気工事士(2名)、排水設備責任技術者(2名)、福祉住環境コーディネーター(1名)、建設業経理士2級(1名)
沿革
  • 1979年12月
    • 泉陽冷熱(株)設立/ 本社を堺市栂414番地、事務所を堺市中之町にて営業開始。資本金500万円。
  • 1992年
    • 堺税務署より準優良企業に認定。
  • 2004年5月
    • 堺市指定給水設置工事業者に指定。
  • 2006年3月
    • 吉田勘哉 社長就任/ 吉田宰治 会長就任。
  • 2011年3月 
    • 堺市指定排水設備工事業者に指定。
  • 2011年6月 
    • ホームページ開設。
  • 2016年1月
    • 富田林市指定排水設備工事業者に指定。富田林市指定給水設備工事業者に指定。
  • 2017年3月
    • 建設業(一般)許可取得。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2018年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒590-0131
大阪府堺市南区栂371番地
担当/松下、三浦
TEL:072-292-0722
URL http://senyo-r.co.jp/
E-mail faci@senyo-r.co.jp
交通機関 泉北高速鉄道線「栂・美木多」駅より徒歩15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp221038/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
泉陽冷熱(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ