最終更新日:2019/3/1

  • 正社員
  • 既卒可

十勝毎日新聞社グループ【(株)十勝毎日新聞社・(株)CMC】[グループ募集]

  • 新聞
  • 広告
本社
北海道
資本金
3,000万円
売上高
40億2900万円(2018年9月期実績)
従業員
170名(2019年1月1日現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 新聞、広告
  • 本社 北海道
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 40億2900万円(2018年9月期実績)
  • 従業員 170名(2019年1月1日現在)
  • 募集人数 1~5名

郷土の発展とともに100年

勝毎人事部便り (2019/03/01更新)

皆さん、こんにちは。

十勝毎日新聞社 総務局人事部 杉原と申します。

当社グループの採用活動にご興味・ご関心を持っていただきありがとうございます。
当社の定期採用前期日程のエントリー受け付けを開始しました。
お問い合わせは、どうぞ遠慮なく当社人事部(0155-24-2299)へご連絡ください。

会社紹介記事

PHOTO
十勝毎日新聞社グループの経営理念
PHOTO
勝毎(かちまい)グループの構成

PHOTO

勝毎グループのクロスメディア

「地域とともに」「メディアと観光で地域振興」

十勝毎日新聞社は大正8(1919)年の創業以来、「地域とともに」の社是の下に歩みを進めてきました。 新聞本紙を中心として、インターネットの電子版、ケーブルテレビ、コミュニティーFMラジオという多様なメディア、ホテルや飲食・菓子店、ガーデン施設などの観光業を経営の両輪に据え、地域振興に貢献しています。

■クロスメディア
新聞を中核に、各メディアの特性を生かし、連動した情報発信を行っています。 「勝毎花火大会」では、紙面記事のほか、ラジオ放送、ケーブルテレビやインターネットでの生中継を実施。複数のメディアを場面ごとに活用できるのが最大の強みです。

■デジタルの推進
IT化が進む中、2008年にモバイル事業「かちモバ」サービスを開始し、2010年には「かちまい電子版」を開設。 速報性を高めるとともに、観光、農業、ビジネスなどの専門サイトや大樹航空宇宙基地構想サイトなど、電子版独自コンテンツも提供しています。

■ハイパーローカルの追及
地域に根差す新聞社として「顔の見える新聞」をモットーに紙面づくりを行っています。 地域密着報道を徹底し、2012年にスタートした「まちマイ」では「まちの毎日がニュースになる」をコンセプトに学校区や町村単位で地域に秘められた話題を掘り起こしています。

■グローバルの追及
十勝の大樹町でロケット開発や射場誘致の動きが活発化する中、30年以上前から大樹町の宇宙産業基地の実現を推進してきました。2018年2月には国内地方紙では初めて、米国最大の日刊ビジネス紙「ウォールストリートジャーナル(WSJ)」と提携し、本紙電子版でWSJオンラインのフルコンテンツを閲覧できるほか、紙面にもWSJの記事を掲載しています。日本の読者に関係が深い金融、ビジネス、米国政治・経済の解説記事、最先端のIT・テクノロジーなどのニュースを紹介し、グローバルな読者ニーズに対応しています。 その他、世界各国のリポーターによる「imaワールド」の掲載、南極への記者派遣なども行っています。

■キャリアプランを支援
グループ内での人材交流にも積極的に取り組み、「編集」「ビジネス」「技術」の3コースで採用後、本人のキャリアプランや適性に応じて職種を選択できます。

会社データ

プロフィール

十勝毎日新聞社は大正8(1919)年の創業以来、「郷土の発展とともに」を社是に、十勝管内で最大シェアの夕刊紙を発行しています。「顔の見える紙面」と「読者本位」を編集方針の基本に据え、十勝35万人の生活に欠かせない「地域密着のハイパーローカル紙」を追求しています。

事業内容

PHOTO

全国トップ水準の評価を得ている「勝毎花火大会」

各社詳細をご覧ください。
本社郵便番号 080-8688
本社所在地 北海道帯広市東1条南8丁目2番地
本社電話番号 0155-24-2299
設立 1919年9月
資本金 3,000万円
従業員 170名(2019年1月1日現在)
売上高 40億2900万円(2018年9月期実績)
事業所 【(株)十勝毎日新聞社】
本社/帯広
支社/東京、札幌
支局/新得、広尾、池田、本別

【(株)CMC(シーエムシー)】
本社/帯広
支社/東京、札幌
関連会社 (株)CMC、(株)帯広シティーケーブル、(株)エフエムおびひろ、(株)かちまい印刷、(株)かちまいサービス、(株)勝毎光風社、(株)北海道ホテル、(株)第一ホテル、(株)十勝農園、(有)ランラン・ファーム、(株)十勝トテッポ工房
募集会社1 【(株)十勝毎日新聞社】

事業内容:日刊新聞の発行(夕刊)
本社所在地:帯広市東1条南8丁目2番地
資本金:3,000万円
従業員:170名(2019年1月1日現在)
売上高:40億2,900万円(2018年9月実績)
募集会社2 【(株)CMC(シーエムシー)】

事業内容:各種媒体の販促計画・媒体計画・広告キャンペーンなどの企画立案
本社所在地: 北海道帯広市東1条南8丁目2番地 勝毎ビル2階
資本金: 2,000万円
従業員: 40名(2019年1月時点)
売上高: 10億9,800万円(2018年9月実績)
沿革
  • 林豊洲が当社を創立
    • 1919年 林豊洲初代社長が帯広町西2条南8丁目で帯広新聞社を設立、9月から旬刊「帯広新聞」を創刊
  • 十勝毎日新聞社に改題
    • 1920年 「 十勝毎日新聞」と改題して日刊とする
  • 勝毎花火大会を開始
    • 1929年 第1回納涼花火大会(勝毎花火大会)を開催
  • OCTVを開局
    • 1985年 ケーブルテレビ局、帯広シティーケーブル (コールサイン・OCTV)開局
  • 農業生産法人を設立
    • 1991年 農業生産法人 ランラン・ファーム(現・十勝千年の森の運営法人)設立
  • FM‐JAGAを開局
    • 1994年 コミュニティーFM局、 エフエムおびひろ(FM‐JAGA)開局
  • 本紙発行9万部達成
    • 2001年 発行部数9万部達成
  • 現代アート展を開催
    • 2002年 とかち国際現代アート展「デメーテル」を開催
  • 世界ラリー選手権主催
    • 2004年 世界ラリー選手権(WRC)「ラリー・ジャパン2004」を主催
  • チーズ国際会議開催
    • 2005年 ナチュラルチーズ国際交流会議「コミテ・プレニエ・フロマージュ」開催
  • 5代目林浩史社長就任
    • 2009年 林浩史副社長が社長に就任、林光繁社長は会長に
  • 電子版サービス開始
    • 2010年 十勝毎日新聞「電子版」サービス開始。十勝トテッポ工房オープン
  • ガーデンショー開催
    • 2012年 北海道ガーデンショー開催。十勝千年の森(アース・ガーデン、メドウ・ガーデン)が英国ガーデンデザイナーズ協会(SGD)大賞受賞
  • 広告事業を分社化
    • 2013年 広告事業(十勝毎日新聞社広告局)を分社化し、勝毎100%子会社「CMC」を設立
  • 事業部門を分社化
    • 2017年 「勝毎光風社」を設立し、事業局に関する業務を委託
月平均所定外労働時間(前年度実績) (株)十勝毎日新聞社
月平均22時間

(株)CMC
月平均28時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒080-8688
北海道帯広市東1条南8丁目2番地
電話:0155-24-2299
十勝毎日新聞社 総務局人事部採用担当
URL http://www.tokachi.co.jp/company/index.php
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp221110/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
十勝毎日新聞社グループ【(株)十勝毎日新聞社・(株)CMC】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ