最終更新日:2019/4/3

  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人名古屋ライトハウス

  • 福祉サービス
本社
愛知県
資本金
社会福祉法人のため資本金はありません
売上高
30.8億円(2017年度3月決算実績)
従業員
430名  パート職員や登録ヘルパーを含む
募集人数
6~10名
  • 業種 福祉サービス
  • 本社 愛知県
  • 資本金 社会福祉法人のため資本金はありません
  • 売上高 30.8億円(2017年度3月決算実績)
  • 従業員 430名  パート職員や登録ヘルパーを含む
  • 募集人数 6~10名

…答えは1つじゃない …利用者一人ひとりの幸せを考え、職員一人ひとりが働きやすさと成長を実感できる環境を整え、成長し続ける法人です!

人生のうちで必ず触れる「福祉」というものを仕事にする。 (2019/03/01更新)

採用担当の法人本部 多賀と申します。

福祉に興味がある方はもちろん、福祉なんて考えたことがなかった方も、
お困りの方々の生活の中に密着し、地域のインフラとして活躍する仕事はいかがでしょうか?

今は全然意識をしていなくても、
保育・障害・高齢…人生の中でいつかは必ず触れる、福祉サービス。

自分は将来何かの役に立ちたい、それをお仕事として実現してみませんか?

皆さんにお会いできることを楽しみにしております。


入社時から有給休暇を10日付与。
働き方改革として、初年度から5日間の消化をしていただきます。
オンもオフも大切にして頂いて、より人として輝けるように。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
キャリアに応じて求められる役割やスキルが明示され、個々の目標達成に向け、上司・先輩からの助言も参考にしながら成長できる職場です
PHOTO
一人ひとり認め合い、サポートし合える環境だからこそ、仕事と休みのメリハリが付けられて、残業も少なく働きやすい!職員同士の仲が良く、自然と笑顔になる職場です

働きやすい環境があるから、社会人として心にゆとりを持って働き、成長できる!

PHOTO

ライトハウスは和訳すると「灯台」。 視覚障害者の行く手を照らす光として、長年、地域福祉に携わってきました。

視覚障害者への支援活動からスタートし、現在では、障害・高齢福祉分野において名古屋市内で7拠点40事業を営む名古屋ライトハウス。70年を超える歴史と実績を持ち、地域と密接に関わりながら事業展開してきました。「ひとりの幸せのために~生きる喜びを創造する~」を合言葉に、施設やサービスを利用する方はもちろんのこと、働く一人ひとりの人生も豊かになるよう、組織運営を行っています。

福祉・介護の知識や経験がない人も、ここで仕事を通して無理なく成長できます。また、着実にキャリアアップが可能です。私自身、家政学部出身で未経験スタートでした。高齢福祉施設[瀬古マザー園]で介護職として働き始めて相談員となり、デイサービス事業の立ち上げリーダー、所長、瀬古マザー園全体の副園長を経験。現在は、若い方を含め幅広い年代の障害者が生活する[戸田川グリーンヴィレッジ]の施設長として、“利用者さんも職員も気持ちよく過ごせる環境づくり”に取り組んでいます。
“挑戦できる”ことも、名古屋ライトハウスの大きな特長。例えば私は以前「デイサービスの活動室を広く使いやすくしたい」と提案し、実行しました。実施メリットを独自にリサーチしてまとめ、業者に問い合わせて予算立案してプレゼンテーションすると、「やってみなさい」と任されたのです。現在、責任あるポジションにあるのも、さまざまな挑戦を通じて成長できたからこそです。

成長要因は現場経験だけではありません。名古屋ライトハウスでは、研修制度も充実しています。特に新人向けには、配属後のフォローアップ研修も用意し、手厚くサポートします。その後も、専門性を学ぶ各種研修ほか、全職員を対象とする年1回の法人研修会では、法人内の他施設で働く仲間とも積極的に交流して見識を広げます。また、リーダーシップスキル研修、マネジメントスキル研修といったキャリアアップにつながる学びもできます。
ワークライフバランスを重視しているため、出産・育児休暇を取得した職員のほとんどが復職。日常的にも、イベント等で休日出勤となる場合もありますが、必ず代休が取れ、心身に余裕を持って働き続けられます。

福祉に興味があり、社会人として働きやすい環境を求めるなら、ぜひ、名古屋ライトハウスを訪ねてください。共に、仕事を通して幸せになりましょう!
 
《 障害者支援施設戸田川グリーンヴィレッジ/施設長/伊藤 桂子》

会社データ

プロフィール

名古屋ライトハウスのはじまりは1946年、視覚障がい者の自立支援と福祉向上を目指したものでした。当時こういった組織は全国でも珍しく、1948年にはヘレン・ケラーもご訪問。その後、障がい者の就労支援を中心に生活のサポートから就労支援、ヘルパーの派遣、視覚障がい者専用の老人ホームやデイサービスの運営、点字・録音図書の製作・貸出、白杖・点字器・音声時計の用具販売なども実施。現在では地域のニーズに応じ、様々な障害を持つ方や高齢者の方などへの幅広いサービスを展開。創立70年を超える名古屋エリアの社会福祉法人のパイオニアとして、「生きる喜び」を引き出すお手伝いを続けています。

今、社会福祉法人として、地域になくてはならない存在であり続けることが使命であることが叫ばれています。名古屋ライトハウスは福祉の法律も制度もない頃から、地域で困っている視覚障害者と一緒に「うまくいく」方法を模索してきました。
様々な制度が整備された今日でさえ、支援の手が届かずに毎日の生活に不安を持ってらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。例えば、弱視の方が支援に繋がるタイミング・特別支援学校の卒業後の進路選択、これまで「知らなかった」ことを知るだけで未来が明るくなる。小さなことの積み重ねですが、これまで培ったノウハウとネットワークを活用して、皆さんに情報をお伝えしていくことも、「灯台」たるライトハウスの使命の1つと考え、実践し続けています。

事業内容

PHOTO

「ひとりの幸せのために」  皆それぞれの人生への想いを形作るお手伝いが仕事です。

名古屋市内に7つの拠点を置き、それぞれが特色をもった活動をしています。
障害者就労支援事業をはじめ障害福祉サービスを中心に、多くの職種が従事しています。
いずれかの事業において、職業指導員や生活支援員、相談員、介護職員など障害・高齢福祉分野の職員としてキャリアをスタートしていただきます。

【光和寮拠点】 (昭和区)
視覚障害者サポート、障害者生活支援、
障害者職場提供、障害者就職支援、障害者相談支援

【明和寮拠点】 (港区)
障害者生活支援、障害者職場提供、障害者就職支援、障害者相談支援

【港ワークキャンパス拠点】 (港区)
障害者生活支援、障害者職場提供、障害者相談支援

【名古屋盲人情報文化センター】 (港区)
視覚障害者サポート
(点字・録音図書館、盲人用具販売、視覚障害者相談支援)

【戸田川グリーンヴィレッジ拠点】 (中川区)
障害者生活支援、障害者相談支援

【緑風拠点】 (千種区)
障害者職場提供

【瀬古マザー園拠点】 (守山区)
視覚障害者サポート、高齢者生活支援、高齢者相談支援
本社郵便番号 466-0855
本社所在地 名古屋市昭和区川名本町1丁目2番地
本社電話番号 052-757-3522
創業 1946年10月17日
設立 1948年7月20日 法人認可
資本金 社会福祉法人のため資本金はありません
従業員 430名  パート職員や登録ヘルパーを含む
売上高 30.8億円(2017年度3月決算実績)
理念 平成8年の創立50周年の際に、
これまで大切にしてきた「名古屋ライトハウスのこころ」(後述)を
もっと広くとらえ、根底に流れる原点を大切にしながら、
今後50年の行動理念として、以下の3つの言葉をつくりました。
(平成29年4月1日 一部改定)

【福祉サービスの理想像を求めて常に前進する】
 名古屋ライトハウスは、障がい者や高齢者などの社会的弱者を様々な角度から支援し、 理想的な福祉社会を実現するためにある。

 福祉施策を研究し、日々の活動に反映させる、また将来の展望についても絶えず考え、新しいことに挑戦し、行動する福祉のパイオニアであること、
これが私たちの存在理由です。

【地域と共に、生きることの喜びを知る環境を創る】
 明るく楽しく、笑い声が絶えない環境であること、働くこと、生活することを通じて喜びを分かち合える仲間が集まるところであること。
 地域福祉の推進のため、地域の一員として福祉環境の充実に貢献していくこと。

 利用者にこのような環境を提供することを、私たちの目指す使命だと考えて活動します。

【自分を愛し他人を愛し、自ら行動する】
 常に自己啓発に努め、自ら考え、自主的に行動すること。
 犠牲的精神ではなく、自分も相手もうまくいくように努力すること。
 他人も自分も大事にすることができ、名古屋ライトハウスで働くことに喜びが持てること。

この精神を常に持ち続け、常に前進し続ける姿勢を大切にします。
大切にしている心 名古屋ライトハウスが創立以来、大切にしている先達の言葉です。


「失明者の幸せを願い しあわせのために働こう」
(マザー夫人 - 視覚障がい者支援者、ライトハウス運動の母)

「花のように気高く 獅子のようにたくましく」
(ヘレン・ケラー - 社会福祉活動家)

「光は闇より 希望は絶望より」
(岩橋武夫 - 日本ライトハウス創設者)

「目が見えないということは 不自由であっても不幸ではない 明るく生きなさい」
(片岡好亀 - 当法人創設者)

「運命を愛し 希望に生きよ」
(近藤正秋 - 当法人創設者)
求める人物像 学部学科は問いません。
福祉学部などで学んできた方もそうじゃない方も多数活躍しています!

~ 以下のような方を求めています ~
●柔軟な発想によりアイディアを形にしていくことが好きな方
●周囲と協力しながら、主体的に課題に取り組むことが好きな方
●和気あいあいとした雰囲気を好み、人の手助けが大好きな方

この仕事で必要とされる能力は福祉の知識に限らず、多岐に渡ります。
福祉や介護に関する知識は入職後に身に付けることができるので、
福祉・介護系の勉強をしている方はもちろん、
今まで福祉業界を考えていなかったという方でも大丈夫です。

現在の先輩たちの中には、
元々はバスの運転手や栄養士として採用された方がいますが、
今では管理職として活躍しています。

まずは福祉や介護の現場を経験していただき、
その中で資格取得を目指したり、自分の理想とする施設づくりに挑戦したりなど、 少しずつ法人運営にも携わっていただくことも可能です。

~ 採用コンセプト ~
福祉・介護に決まった方法はありません。

例えば、ひとつの課題を解決する場合でも、
いくつかの選択肢があり、それをみんなで相談しながら、
そのとき、その人にとっての最善の方法を選びます。

『答えは一つじゃない 』

人の数だけ答えがあることが、この仕事の醍醐味です。
採用後の研修について 入職後は段階的に様々な研修を受けていただきながら、
スキルアップやステップアップを目指すことができます。

■入職後
それぞれに配属後、約1カ月間は、毎週本部に集まっていただき、
法人のこと・福祉のこと・ビジネスマナーのことなど多岐について学びます。

配属先では、各事業の対象となる利用者の基礎知識や対応方法などを、現場での実践を通じて体験し、
先輩の姿を見ながらつかんでいただきます。

<研修内容>
法人・拠点の概要研修/制度的事業の説明研修
就業規則・各種規程についての研修/高齢・障害理解研修/
介助技術研修(車椅子・視覚障害・移乗・体位変換等)/
リフト車両研修(運転・リフト)

■~入職3年目
入職3年未満の職員を対象に、
もう一歩深く踏み込んだ研修を実施します。

<研修内容>
理念・沿革についての研修/法人組織研修/
視覚障害の理解と体験研修/各拠点見学研修/
ライトハウスの求める職員像研修 … など

また、他拠点の職員と共に施設見学や共通課題に取り組むことで、
相互に相談し合える関係性を築くなどの交流も目的の一つです。

■さらなるキャリアアップを目指して
その後も、分野別・階層別の研修を行っています。

法人内だけでなく、福祉的な専門性を学ぶ研修や
社会人としてのスキルアップを目指す研修に参加することも可能です。

【専門性を学ぶ研修の一例】
介護技術研修/相談援助技術研修/
医療知識研修/救急救命研修 … など

【スキルアップ研修の一例】
ビジネスマナー研修/リーダーシップスキル研修/
マネジメントスキル研修/対外交渉力研修 … など

キャリアアップ研修には、サービス業に特化した外部の研修システム
「グローイングアカデミー」を活用しています。
仕事紹介 一言で、「福祉」「介護」といっても様々な仕事があります。
まったくの未経験から携わることができることもあれば、経験や資格が必要なものもあります。

あなたがどんな仕事をしてみたいか
将来どんな役割を目指していきたいのかを相談の上、
それを実現するために少しずつ 、いろいろな経験を積んでいただくことができる環境です。

【主な仕事内容の一例】
●介護職員
老人介護施設での日常生活のお世話になります。
入所型やデイサービスなど、様々な形態があります。

●生活支援員
障がい者の方の日常生活のお世話や、
施設内でのレクリエーション活動などになります。

●相談員
施設の利用希望者からの相談をはじめ、
施設を利用中の方からの要望を受けたり、
困りごとの相談などにのります。

●職業指導員
障がい者の方の就労のサポートや職業訓練などを行います。

●事務職員
各施設における事務作業全般になります。
平均年齢 (正職員)41.3歳(2019年1月時点)
平均勤続年数 (正職員)8.02年(2019年1月時点)
男女比 (正職員)男性50.4%・女性49.6%
沿革
  • 昭和21年10月
    • 盲人の自立更生と、福祉増進をめざして片岡好亀、近藤正秋が中心となり、愛知県盲人福祉協会を設立
  • 昭和23年7月
    • 盲人の新職業開拓を合言葉に、金属作業部(製缶)を設立
      点字出版の事業を開始
      社団法人愛知県盲人福祉協会となる
  • 昭和27年5月
    • 社会福祉法人に組織変更し、第一種身体障害者授産施設となる
  • 昭和32年8月
    • 名古屋ライトハウスと改称
  • 昭和54年11月
    • 重度身体障害者授産施設「明和寮」開設
  • 平成元年5月
    • 特別養護老人ホーム「瀬古第一マザー園」、養護盲老人ホーム「瀬古第二マザー園」、「瀬古マザー園デイサービスセンター」、ふれあいセンター「瀬古平成会館」開設
  • 平成20年1月
    • 障害者自立支援法に伴い、光和寮・明和寮・港ワークキャンパスにおいて新事業体系へ移行
  • 平成23年4月
    • 障害者支援施設 戸田川グリーンヴィレッジ開所
      通所授産施設 緑風荘を名古屋市より譲渡 就労継続支援(B型)事業 緑風として事業開始
  • 平成24年4月
    • 光和寮に相談支援事業 光和障害者相談センター
      明和寮に 同 明和障害者相談センター
      港ワークキャンパスに 同 港ワーク障害者相談センター
      戸田川グリーンヴィレッジに 同 戸田川障害者相談センター をそれぞれ開設
  • 平成28年10月
    • 創立70周年を迎える
  • 平成29年4月
    • 社会福祉法の改正および前年度の実績に基づき、「特定社会福祉法人」となる。
  • 平成31年6月
    • 地下鉄「日比野」駅に、視覚障害者サポートに関わる拠点を開所
平均勤続勤務年数 7.7年(2018年1月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 4.33時間(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.35日(2018年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員及び部長にある者の内の女性の割合
14.3%(21名中3名) 2017年度実績

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒466-0855
愛知県名古屋市昭和区川名本町1丁目2番地
社会福祉法人名古屋ライトハウス
担当者:法人本部 多賀

電話番号 052-757-3522
FAX   052-757-3533
URL 公式採用サイト
http://nagoya-lighthosue.jp/recruit
E-mail houjin-honbu@nagoya-lighthouse.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp221613/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人名古屋ライトハウスと業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人名古屋ライトハウスを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ