最終更新日:2019/7/18

  • 正社員
  • 既卒可

井原精機(株)

  • 自動車・自動車部品
  • 金属製品
本社
岡山県
資本金
8,000万円
売上高
120億円(2018年3月)
従業員
450名
募集人数
6~10名
  • 業種 自動車・自動車部品、金属製品
  • 本社 岡山県
  • 資本金 8,000万円
  • 売上高 120億円(2018年3月)
  • 従業員 450名
  • 募集人数 6~10名

自動車部品からロボット産業、農業、住宅、介護の分野へ、広がる技術と可能性。

  • 積極的に受付中

エントリーお待ちしています。 (2019/07/09更新)

みなさんに就職活動に際して大切にして頂きたいことは
「自分の目で見て、耳で聞いて、肌で感じること」

当社ではエントリー後に工場見学をしていただき、
少しでも働くイメージを持てた状態で、選考に進んでいただきたいと考えています。

当社が採用活動に関して大切にしていることは、
「しっかりと一人ひとりに寄り添った対応をすること」

工場見学の際には、できる限り皆さんの質問にお答えしたり、
個別の説明ができるように1回あたりの見学人数を最大でお二人までとしています。

当社に少しでも興味をもっていただけた方は、まずはお気軽にエントリーいただき、
工場見学の際に当社のことを詳しくお伝えできればと思っています。

会社紹介記事

PHOTO
誠実さとやる気があれば、成長環境は万全。自動車部品を主軸に新たな事業分野にも広く可能性が拓かれている。
PHOTO
当社の技術の中核となる「鍛造」工程を担当する渡邉亮太さん。「当社にはこの人すごいな、と思える先輩や上司が何人もいる。それが成長の最大の原動力になる」。

社長と次代を担う若手技術者達が語る。『井原精機』のモノづくりに携わる魅力と強み。

PHOTO

上写真、左より坪田さん(2012年入社)、渡邊さん(2013年入社)、上野社長、下写真、左より藤江さん(2014年入社)、猪下さん(2017年入社)

(社長)自動車産業は日本の基幹産業として今もこれからも進化・発展し続ける分野のひとつ。井原精機が担っている自動車部品製造は、その進化・発展の一翼を担う意義深い仕事だけれども、皆さんはどの部分に魅力を感じていますか?

(藤江)私は、自動車業界のほか医療機械から鉄鋼関係まで「モノづくり」業界を広く検討していました。そんな中、当社を志望する大きなきっかけになったのは合同説明会で聞いた「縁の下の力持ち」というキーワード。自動車部品製造って決して目立つ存在ではありませんが、果たす役割や責任がとてつもなく大きい仕事なんだなと実感したんです。

(渡邊)確かに、部品に注目して車を選ぶ人はまずいないでしょうね(笑)。ただ、私が担当する鍛造工程では「ニア・ネット・シェイプ成形」と呼ばれる技術を駆使して、その後の処理・加工を最小限に抑制。材料や仕事の無駄を少なくし、結果として環境負荷や価格の低減にも貢献しています。

(坪田)当社は設計~鍛造~熱処理~加工と、一貫生産システムを確立しているので、自分の仕事の質は他の仲間のモノづくりに繋がっていくんですよね。お客さまの求めるスペックや品質を実現する喜びはもちろんですが、自分の後工程を担当する仲間から「前より仕事がやりやすくなった」と言われると、本当に嬉しいです。

(猪下)私自身にはまだそういった経験がありませんが、先輩たちが研修や資格取得への挑戦を通じて成長し続けている姿を見ると本当に尊敬します。

(社長)当社は「資格取得奨励制度」があったり、社員一人ひとりの成長に合わせて、他社や海外に研修の機会があったりと、人材育成には力を入れていますからね。私たちのようなモノづくりに携わる技術職に成長の限界はありませんから、努力したら努力しただけ、必ず成長できますよ。

(藤江)私も以前、資格取得のための研修に行ったのですが、勤務時間として行くことができましたし、上司や先輩も業務を融通してくれたので、参加しやすかったですね。自分と先輩のレベルの差を痛感させられることはまだまだ多いですが、「すごい」「こんな技術者になりたい」と思える存在が身近にたくさんいることも、成長のためには最高の環境だと思います。

(猪下)私も当社初の女性技術職として、一日も早く期待に応える活躍ができるように頑張りたいです。

会社データ

プロフィール

会社の創業は、1944年。
繊維産業の盛んであった創業の地「井原」において、当時の国の政策に協力・貢献するため、有志が集まって飛行機部品の製造を始めたのが当社の始まりです。
創業70年を過ぎた現在でも、事業を通じてだれもが安心できる社会の実現に向けて貢献するという経営理念『安心の創造』の下に企業経営を行っています。

事業内容
 <事業内容>
自動車部品、農機具部品の製造
(エンジン、トランスミッション、サスペンション、ステアリング、ブレーキ 関連部品)

 ・岡山県南の工場(井原、笠岡、総社)と中国、インドネシアにて、クルマの「曲がる・止まる・走る」に関わる部品を冷間塑性加工から熱処理、機械加工、溶接・組み立てまで一貫生産を行っています。


 <社長メッセージ>
小さなネジまで含めると1台約3万個にもおよぶとされる自動車部品。
当社は、設計・開発から加工・組み立てまでの全工程を自社で行う一貫生産システムを強みに、自動車の「走る」「曲がる」「止まる」を操る部品を多数製造。
主要製品は、お客様を通じて、ほぼすべての日系メーカーと海外向けに生産し、世界トップのシェアを誇っています。

さらに近年は自動車部品の設計・開発で培った技術とノウハウをいかし、産業用ロボット部品や農機具、モーターなど新たな分野にも進出を目指しています。
井原精機は次代を見据え、果敢に挑戦し続けています。

そんな当社が求めるのは、人命を預かるモノづくりに真摯に向き合う「誠実さ」と、よりよいモノづくりへの「旺盛な好奇心」を兼ね備えた人財。
資格取得推奨制度や通信教育奨励制度など各種制度を通じて、
次代を担う人財へ、会社と共に成長してくれる方をお待ちしております。
本社郵便番号 715-0021
本社所在地 岡山県井原市上出部町431-3
本社電話番号 0866-62-0061
資本金 8,000万円
従業員 450名
売上高 120億円(2018年3月)
事業所 国内:岡山県南4カ所(井原市、笠岡市、総社市)
主な取引先 明石機械工業(株)
(株)アドヴィックス
井関農機(株)
(株)エクセディ
(株)クボタ
(株)ジェイテクト
(株)デンソー
(株)デンソーダイシン
水島プレス工業(株)
三菱自動車工業(株)
三菱ふそうトラック・バス(株)
(50音順)
関連会社 福州井原六和機械有限公司
福州六和機械有限公司
PT.IBARA LIOHO INDONESIA
平均年齢 42.9歳
平均勤続勤務年数 19.3年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 28.2時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.7日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 8名(うち女性0名、男性8名)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち女性0名、男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 2%(39名中女性1名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 採用に関するお問い合わせ先
 mirai_jinzai@ibaraseiki.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp221904/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
井原精機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ