最終更新日:2019/3/1

  • 正社員
  • 既卒可

宮島醤油(株)

  • 食品
本社
佐賀県
資本金
4,500万円
売上高
129億8,036万円(2018年度) 126億4,298万円(2017年度) 121億8,500万円(2016年度) 124億5,427万円(2015年度)
従業員
699名(男性 349名、女性 350名)2019年1月1日現在
募集人数
6~10名
  • 業種 食品
  • 本社 佐賀県
  • 資本金 4,500万円
  • 売上高 129億8,036万円(2018年度) 126億4,298万円(2017年度) 121億8,500万円(2016年度) 124億5,427万円(2015年度)
  • 従業員 699名(男性 349名、女性 350名)2019年1月1日現在
  • 募集人数 6~10名

【3/29 博多で座談会に参加】 For the Tasty Century~伝統の心、先端の技、ひろがる味わい~

採用担当者からの伝言板 (2019/03/01更新)

みなさん、こんにちは!
弊社のエントリー受付を開始しました。

会社説明会等のご案内は、エントリーしていただいた方のマイページ「お返事箱」へ
ご連絡させていただきます。
ご興味のある方は、エントリーをお願いします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
136年間作り続けている醤油や味噌はもちろん、その他のラインナップも豊富。最近ではカレーを始めとしたレトルトパウチ食品が好調で、売上に大きく貢献しています。
PHOTO
商品開発部や営業部など、各部門で知恵を絞り合って新商品を生み出します。自分が企画した商品を世に出せるチャンスがあることが、仕事の魅力の一つ。

『地産地工』の考えのもと、佐賀の農業に貢献することが会社の使命です。

PHOTO

宮島家にて代々宮島醤油の看板を受け継ぎ、現在は6代目の代表取締役社長。新技術の開発と技術の高度化をめざす姿勢を表した「技術立社」という考えを根付かせた。

当社は1882年創業、今年で136年になる会社です。醤油と味噌の製造から始まり、たれや粉末などの調味料、さらにレトルトパウチ食品、業務用の缶詰などへと徐々に商品ジャンルを広げてきました。商品の多様性は当社の強みの一つです。二つ目は、総合的な技術力です。大学や研究機関との連携を進め、研究室の室長に佐賀大学の元教授を抜擢するなど、伝統的な技術・技法も大事にしつつ、時代や市場に合わせて新しい技術も絶えず取り入れています。

近年の技術上の特徴の第一は、食品の品質管理と安全管理です。当社は九州に2つ(本社工場と妙見工場)、関東に1つ(宇都宮工場)、合計3つの工場を持っていますが、そのすべてがSQF(Safe Quality Food)という国際認証を取得しており、その技術力は国際的な信認を得ています。第二は環境対応です。CO2排出量を減らすために数年がかりで自家発電機と主なボイラーの燃料を重油から天然ガスに切換えており、今年度中にほぼ完成します。当社は石油をほとんど使わない会社となり、CO2発生量を従来より約30%削減します。蛍光灯のLED化、水銀灯の廃止、各種省エネの取組みも推進しています。

私たちが大切にしていることがもう一つ、それは、事業を通して「佐賀の農業に貢献する」ことです。原料をできる限り佐賀県産にし、地元農業と共に歩もうとしています。2014年に『紫黒米酢(しこくまいす)』という新商品を発売しました。佐賀農業試験研究センターが『佐賀40号』という新しいお米を開発したので、これを使って新商品を作れないかと、佐賀県より依頼を受けて開発したものです。地元で生まれた作物を地元で加工して全国で販売し、売り上げを地元に還元する。これを当社では『地産地工』と呼んでいます。

宮島醤油に今必要なのは、独創性のある人です。先輩たちを見て学ぶことも大事ですが、先輩たちがやってこなかったことを自分の頭で考え提案できる人材を求めています。入社後は1か月以上かけて教育・研修を行うため、学部・学科は不問です。社内に「宮島技術学校」という学校があります。社歴・年齢を問わず誰もが入学可能です。月に1回、一日中勉強だけをする日があり、物理化学、微生物学、食品加工学の3科目を学びます。厳しい競争を勝ち抜いて会社が前進するためには、新しい力が必要です。私たちと共に150年、200年と続く会社をめざしてみませんか。

代表取締役社長 宮島清一

会社データ

プロフィール

社是は「去華就実」
未来を見据えた「技術立社」を実現します
創業から130年の時代を経た今も、21世紀にふさわしい企業としてフィールドを拡大。さらに広く、深く、高いおいしさの世界を求めて、総合食品メーカーを目指します。

事業内容
各種調味料・加工食品の製造及び販売
本社郵便番号 847-0062
本社所在地 佐賀県唐津市船宮町2318番地
本社電話番号 TEL 0955(73)2151
創業 1882年(明治15年)
設立 1950年(昭和25年)
資本金 4,500万円
従業員 699名(男性 349名、女性 350名)2019年1月1日現在
売上高 129億8,036万円(2018年度)
126億4,298万円(2017年度)
121億8,500万円(2016年度)
124億5,427万円(2015年度)
平均年齢 39歳
沿革
  • 明治15年(1882年)
    • 醤油・味噌醸造業を創業(唐津市水主町)
  • 大正 9年(1934年)
    • 本社移転(水主町→船宮町)
  • 昭和25年(1950年)
    • 宮島醤油(株)設立
  • 昭和34年(1959年)
    • ソース工場新設
  • 昭和35年(1960年)
    • 食酢工場新設
  • 昭和42年(1967年)
    • スープ工場新設
  • 昭和48年(1973年)
    • 焼肉のたれ工場新設
  • 平成 1年(1989年)
    • 妙見工場新設(唐津市中瀬通)
  • 平成 5年(1993年)
    • 妙見工場自動倉庫増設
  • 平成12年(2000年)
    • 宇都宮工場開設(宇都宮市清原工業団地)
  • 平成19年(2007年)
    • 基礎研究室新設
  • 平成22年(2010年)
    • 東京・名古屋営業所開設
平均勤続勤務年数 15.2年(2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20.1時間(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6.4日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 13名(うち女性3名、男性10名 2018実績)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性3名、男性0名 2018実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒847-0062
佐賀県唐津市船宮町2318番地 
宮島醤油(株)

管理本部 採用係 合田美香 
電話 0955-73-2151 
e-mail: soumu@miyajima-soy.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp222846/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
宮島醤油(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ