最終更新日:2019/3/25

  • 正社員
  • 既卒可

福島さくら農業協同組合(JA福島さくら)

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 共済
  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
福島県
出資金
86億7,683万円
事業収益
281億1,064万円(2018年2月実績)
職員数
1,637名(2018年4月現在)
募集人数
36~40名
  • 業種 農業協同組合(JA金融機関含む)、共済、信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 福島県
  • 出資金 86億7,683万円
  • 事業収益 281億1,064万円(2018年2月実績)
  • 職員数 1,637名(2018年4月現在)
  • 募集人数 36~40名

【エントリーシート受付開始しました!】農業の振興と地域社会への貢献 ”『緑の輝き』と『地域の輝き』”を目指し、組合員や地域住民の暮らしを総合的に支援しています!

農業の振興と地域社会への貢献 ”『緑の輝き』と『地域の輝き』” (2019/03/01更新)

こんにちは!JA福島さくらの職員採用担当です。
この度は福島さくらのページへアクセスいただき、誠にありがとうございます!

エントリーいただいた方に応募に必要なエントリーシートのダウンロードURLを
お送りさせていただきます。ご興味がある方はまずはエントリーをお願いします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
私たちJAは地域の農業を振興し、消費者に安全・安心な農畜産物を提供するために総合的な事業に取り組むと共に、信用・共済・福祉介護など幅広く事業を展開しています。
PHOTO
農家の皆様に対して農業関連アドバイスをしながら、地域農業の発展に寄与しています。「生産者の顔の見える新鮮で安心安全」な農産物を提供し、地産地消拡大を目指します。

幅広い事業内容で地域やお客様をサポート

PHOTO

「地域に貢献したい」と思っている方は、ぜひJA福島さくらの一員となり、一緒にがんばりましょう。みなさんの笑顔を楽しみにお待ちしています。

JAで働く魅力は、様々な人との出会いがあること。また、幅広い事業を行っている為、仕事をすることで多くの知識を身につけられることです。
私の職歴は、1年目が支店の金融窓口、2年目が本店のコンプライアンス課、3年目から現在は、支店のMA(金融渉外)です。MAの業務は、組合員宅へ直接訪問し、貯金や年金、ローンなどの金融商品の提案を中心に共済推進、営農関係の取次などJA事業のほとんどを担っています。
MAを担当して2年目ですが、今でも毎日のようにわからない事や心配な事が出てきます。しかし、そのような時でも、上司や先輩等すぐに相談できるような環境が整っているため安心して仕事に取り組めます。そして、様々なことを経験し、出来なかったことを一人でやり遂げることができた時に、達成感や自分自身の成長を感じることができます。
幅広い事業を行っているJAは、多方面から地域や組合員のサポートをすることができるとてもやりがいのある職場です。
「地域に貢献したい」と考えている方は、ぜひJA福島さくらで一緒に働きましょう。
【支店勤務/MA(金融渉外)/2015年入組】

会社データ

プロフィール

JA福島さくらは、福島県内のJA5つ(JA郡山市、JAたむら、JAいわき市、JAいわき中部、JAふたば)が合併し、2016年に発足した新しいJAです。私たちJAは、地域の農業を振興し、消費者に安全・安心(新鮮)な農畜産物を提供するために総合的な事業に取り組んでおり、農家・生産者の継続した営農と所得向上のために、高品質の生産対策・販売流通対策・資材コスト低減対策などを行っております。
また、「豊かで暮らしやすい地域社会の実現」に向けて、地域ライフラインの一翼も担っています。組合員の暮らしに貢献するために、食農教育や福祉・介護などの高齢者支援、信用・共済事業など、JAグループとの連携により幅広く事業を展開し、組合員や地域住民のくらしを総合的に支援しています。

私たちが目指すものは、農業の振興と地域社会への貢献 ”「緑の輝き」「地域の輝き」” です。
「緑の輝き」は地域の元気でたくましい農業、美しくかけがえのない自然、農家組合員の活力ある営農の姿を、「地域の輝き」は地域社会の発展、健康で心豊かなくらし、次代の子供たちの姿をそれぞれ意味しています。農業の振興と地域社会への貢献を経営理念として、”より身近に” ”より信頼される”JAづくりを実践していきたいと考えております。
東日本大震災および原発事故により、JA福島さくらのエリアではふたば地域を中心に農業生産の環境が大きく変わってしまいました。祖先から受け継がれた緑の大地を守り、田畑を耕し、消費者に新鮮で安全・安心な農畜産物を提供してきた地域農業の生産基盤を再生すること。そして豊かで健康なくらしを再び取り戻すことが、わたしたちの願いでありめざすべき「ふるさとの未来」です。

当JAは人材育成基本方針にもとづき、組合員・利用者満足に貢献する人材育成に努めています。職員一人ひとりが自ら考え行動し、やりがいのある仕事、明るく元気な職場づくりに取り組んでおり、意欲を持って働ける環境をご用意しております。
福島で就職を希望する方、一緒に地域の発展に貢献したいと考える方は大歓迎です!
あなたのエントリーを、心よりお待ちしております!

事業内容

PHOTO

小学生による田植え体験の様子です。次世代を担うこどもたちに日本の食と農の大切さを伝えていくことも、JAの大事な事業のひとつです。

県中・浜通り南方部エリアを担当とし、農業生産物を取り扱う総合商社としての機能のみならず、信用事業(一般的な銀行業務)や共済事業(一般的な保険業務)を地域別に担う地域事業体です。

◆指導販売事業
主に営農活動、販売事業などを行っております。農家の皆様に対して農業関連アドバイスをしながら、地域農業の発展に寄与しています。

◆購買事業
主に、農業生産者が必要とする生産資材や生活資材を提供しています。

◆信用事業
地域金融機関として、貯金、貸出、為替等の業務を行っております。

◆共済事業
病気やケガ、不慮の事故に備え、「ひと・いえ・くるま」の総合保障を提供しています。
本店郵便番号 963-8502
本店所在地 福島県郡山市朝日二丁目14番7号
本店電話番号 024-922-3733
設立 2016年3月1日
出資金 86億7,683万円
職員数 1,637名(2018年4月現在)
事業収益 281億1,064万円(2018年2月実績)
売上高推移 14億348万円(2018年2月 経常利益)
平均年齢 38.1歳
平均勤続年数 16.0年
沿革
  • 2016年3月1日
    • 福島さくら農業協同組合 発足
      (旧郡山市農業協同組合、旧たむら農業協同組合、旧いわき市農業協同組合、旧いわき中部農業協同組合、旧ふたば農業協同組合)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 9.1時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6.2日(2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員 5.9%(67名中女性4名)
管理職 7.5%(133名中女性10名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒963-8502
福島県郡山市朝日二丁目14番7号
担当部署:人事教育課
電話:024-921-0695
E-mail jinji@ja-fsakura.or.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp223004/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
福島さくら農業協同組合(JA福島さくら)と業種や本社が同じ企業を探す。
福島さくら農業協同組合(JA福島さくら)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ