最終更新日:2019/3/1

  • 正社員
  • 既卒可

東新精工(株)

  • 自動車・自動車部品
  • 金属製品
本社
長野県
資本金
4,200万円
売上高
2018年8月期 6億円
従業員
39名
募集人数
1~5名
  • 業種 自動車・自動車部品、金属製品
  • 本社 長野県
  • 資本金 4,200万円
  • 売上高 2018年8月期 6億円
  • 従業員 39名
  • 募集人数 1~5名

魅力ある製品・技術を社会に提供し、地域の繁栄を目指す会社を創ろう。

EGRクーラープレス部品 金型設計からプレス量産までの一貫した対応 (2019/03/01更新)

現在特に力を入れているのが、「環境に優しい車社会」を実現するための製品である
自動車用熱交換器EGRクーラーのプレス部品の金型開発と量産です。
EGRクーラーは排気ガスの一部を冷却し、吸気に戻す部品であり、自動車の排ガス
対策と燃費を向上させるのに欠かせない部品です。
国内自動車メーカー6社に年240万台分を納入しています。2018年実績

会社紹介記事

PHOTO
精密さが必要とされる時計などの外装部品を製作していたため、社員は皆「他社にはできない製品を作り出している」というプライドをもち設計・開発を行っている。
PHOTO
製品は時代の流れに合わせて、時計の外装部品(右奥)、携帯電話やデジタルカメラのカバー(右奥)、そして現在は自動車の熱交換機のカバー(左、右前)を製造している。

確かな技術で着実に実績を上げ続ける、知る人ぞ知る長野の名企業

PHOTO

「求めているのは、モノづくりが好きな方、新製品の製造がしたいという方。当社に今あるものは進化させ、新しいものにはどんどんチャレンジしてほしい」と語る両角社長。

 東新精工(株)は、プレス加工の中でも難しいとされるステンレスのプレス加工を得意とし、3次元形状を必要とするプレス成形部品を製造する企業です。1960年代より時計の外装部品の量産を行い、1990年代からはCDプレーヤー、MDプレーヤー、デジタルカメラ、携帯電話といったその時代を象徴する製品のプレス成形部品を製造してきました。
 過去に担当してきた製品は、厳しい寸法と精密さが求められるものだったため、長年の経験から【コイニング冷間鍛造】と【深絞り技術の複合プレス成形】を自社技術として内製化しました。そのため、通常のプレス金型と工程では実現できない複雑な形状のデザインにも対応することができました。その実績が評価され、近年では自動車の熱交換機ケースの製造に開発から携わることになりました。現在、自動車の熱交換機EGRクーラープレス部品は年々生産台数も伸び、国内6自動車メーカー向けに年間240万台を量産。今後はさらにシェアを伸ばしていきたいと考えています。

 当社の強みの一つは、精密なものを生み出す高い技術力です。その技術は、3次元CAD単体で完結するものではありません。材料の特性などを加味しながら補正をしていくことで、より精度の高いものが完成します。設計はデジタルですが、アナログ的な補正をする技術力が製品の出来栄えに大きく関わっているといえます。
 また、金型設計から金型試作、プレス量産までの一貫した自社内対応も当社の強みです。お客様からの急な設計変更依頼や金型破損などのトラブルなどにも、迅速に対応できます。また、当社の技術を蓄積していくだけでなく、情報や技術の流出を防ぐ万全な体制も整っていることで、お客様からも厚く信頼いただけているのだと感じます。

 3次元CADで設計して、金型を作り、製品を完成させるのは、とてもやりがいのある仕事です。また、当社で製造しているような複雑な形状の製品を作り上げられる会社は、日本でも数えるほどしかありません。技術は実績となって現れ、実績は作り手の自信になります。そしてその自信は、また新しいものへ挑戦しようという意欲につながります。
 当社が求めるのは、「モノづくりが好き」「モノづくりがしたい」という方です。ぜひ当社ならではの技術を身に付けて、活躍してほしいと思います。

<代表取締役社長 両角憲>

会社データ

プロフィール

1.顧客に満足していただける製品を提供することにより、社会に貢献し以って社員の幸福と会社の発展を目指す。
2.設計・金型・製造・管理までの一貫した対応ができる体勢を強化することにより、顧客に満足していただける付加価値を創造します。

事業内容

PHOTO

当社の特徴は一貫した自社内対応。設計、金型製造、プレス量産、検査を担当する部署が相互に連携し柔軟な対応を行うことで、量産体制を整えている。

金型設計製作
自動車金属プレス部品加工
冷間鍛造部品加工
本社郵便番号 391-0211
本社所在地 長野県茅野市湖東5451
本社電話番号 0266-78-2126
創業 1927年
設立 1965年
資本金 4,200万円
従業員 39名
売上高 2018年8月期 6億円
主な取引先 マルヤス工業(株)、井澤金属(株)
平均年齢 41歳(2018年12月)
沿革
  • 1927年
    • 鍛冶屋として個人創業
  • 1965年
    • 会社設立
  • 1968年
    • 腕時計外装ケース冷間鍛造部品量産
  • 1992年
    • 3次元CAD/CAM導入
  • 1997年
    • MD・CD アルミカバー量産開始
  • 1999年
    • デジカメ アルミカバー量産開始
  • 2004年
    • 携帯 アルミカバー量産開始
  • 2007年
    • 門型250tプレス導入 自動車部品量産開始
  • 2009年
    • ISO9001取得
  • 2017年
    • 門型300tプレス導入
  • 2017年
    • ISO9001/2015年度版更新
  • 2019年
    • 門型250tプレス 2台導入
平均勤続勤務年数 11年(前年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 21時間(前年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.2日(前年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 女性1名 男性0名(前年度実績)
前年度の育児休業取得者数 女性1名 男性0名(前年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒391-0211
長野県茅野市湖東5451
TEL:0266-78-2126
総務 両角(もろずみ)
URL http://www.tohshin-s.co.jp
E-mail info@tohshin-s.co.jp
交通機関 JR茅野駅からバスで30分「北部中学前」下車
諏訪IC・諏訪南ICから車で20分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp224031/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東新精工(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ