最終更新日:2019/3/1

  • 正社員
  • 上場企業

前澤化成工業(株)【東証一部上場】

  • 化学
本社
東京都
資本金
33億8,730万円
売上高
218億6,500万円(連結)(2018年3月末) 202億9,300万円(単体)(2018年3月末)
従業員
533名(単体)(2018年3月末)
募集人数
6~10名
  • 業種 化学
  • 本社 東京都
  • 資本金 33億8,730万円
  • 売上高 218億6,500万円(連結)(2018年3月末) 202億9,300万円(単体)(2018年3月末)
  • 従業員 533名(単体)(2018年3月末)
  • 募集人数 6~10名

日本初の無可塑成形よる水道用硬質塩化ビニル製継手の製造に成功。生活に不可欠な上下水道製品が安全、安心、快適な暮らしを支えています。

【熊谷、東京、大阪にて説明会開催】会社説明会の予約受付スタートしました! (2019/03/01更新)

当社のページにアクセス頂き、ありがとうございます。

創業以来「人々をゆたかにする心と技術をはぐくみ社会のために幸せを創造する」
という経営理念のもと、トップシェアを誇る数多くの上下水道製品を送り出してまいりました。

「人と水をつなぐ架け橋でありたい」。
そんな当社のビジョンに共感できる方とぜひ一緒に働きたいと思います。

まずはマイナビよりエントリーをお願い致します。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
さいたまスーパーアリーナに匹敵するほどの大きさを誇る「第二工場」では、最新鋭の設備により生産体制の合理化と省力化、省エネを追求しています。
PHOTO
三現主義に基づいた地域密着型の営業活動により、お客様のニーズをきめ細かくキャッチし、業界トップクラスの強力な営業体制を構築しています。

強みである射出成形技術を駆使した塩化ビニル製の上下水道製品は約3万アイテム

PHOTO

射出成形における金型は、製品の品質、生産効率に大きく影響を与える重要なアイテムであり、常に改善が要求されます。

◇この会社に決めた理由
 子供の頃からものづくりが好きで、製造メーカーを中心に就職活動をしていました。当社を訪問したのは就職活動をスタートして間もない時期でしたが、先輩技術者と会い、就職活動の進め方や仕事とは何かなどを親身にアドバイスして貰いました。入社を決めたきっかけも、その先輩の熱い言葉でした。「製造部門は若手が中心。君のようにエネルギーに溢れている人間であれば、きっと活躍できるよ」。背中を気風よく押された気がして、入社意欲が湧いたのです。
 
◇嬉しかったこと
 入社三年目に、初めて自分の力で金型を仕上げました。委ねられたのは、水道管とバルブをつなぐ継手。小さい部品なので簡単そうに思えたのですが、手掛けてみるとそう簡単なものではありませんでした。
 金型を設計するにあたっては、考えておかなくてはいけないポイントが数多くあります。材質、機構、動作、冷却効率、収縮などです。試行錯誤の上、金型に工夫を凝らす必要がありました。
 試作段階では、トラブルに直面しました。それは成形条件の違いによって製品の外観や寸法が大きく変わってくるからです。経験が豊富な先輩方は、一度目の試作で完成度の高い製品を作る事ができますが、私には到底無理な境地で、試作条件を導くのに苦労した記憶があります。それでも、先輩方から様々に手助けをしてもらい、ついに製品化まで到達することができたときは、とても嬉しかったです。

◇今後の目標
 同じ部署には、「技術力や知識、経験では誰にも負けない」という優秀な上司や先輩が揃っています。少しでも追いつき、「J.Tに聞けば何とかなる」と言われるような頼りにされる技術者になることが今の目標です。
 目指しているのは成形技術だけでなく、コスト試算から金型の設計、成形後の量産化までの工程を1人で見事に遂行できるすごい技術者です。どこをとっても評価されるオールラウンドプレイヤーになりたいと思っています。
 そのためにはまず、自分の強みや特徴を確立していかなければいけません。私が日頃から心がけている事は、生産技術に限らず、設計や製造などの部門の人々にも積極的に声を掛けて連携を図ることを心掛けています。多くの人とコミュニケーションを取り、各分野の知識を吸収しながら仕事を進めています。
(J.T 製造本部 熊谷工場 技術部 化学システム工学科卒)

会社データ

プロフィール

 前澤化成工業(株)は、日本初の無可塑成形による水道用硬質塩化ビニル製継手を開発した前澤バルブ工業(株)(現 前澤工業(株))樹脂部門が独立し、「硬質エンビ工業(株)」として1954年12月10日に設立されたのが始まりです。
 
 この製品は家庭の蛇口まで水を運ぶために水道管と水道管を連結するものです。品質次第で水道管全体の性能を変えてしまうほど、重要な役割を果たしています。

 形が単純で直線的なパイプの無可塑剤成形は比較的容易でしたが、複雑な形状の継手成形は極めて技術的困難を伴いました。試行錯誤を繰り返し、関係者の努力の甲斐あって、ついに無可塑剤継手の成形に成功し、東京都水道局採用認可第1号の認定書を戴くことができました。

 60年超におよぶ当社の歴史は、「水」をめぐる人々の住環境を支えてきた技術の歴史でもあります。
 当社の製品群は土の中や壁の中に埋まっていることが多いため決して目立ちませんがキッチンやバス・トイレといった水回りから、店舗などの上下水道、さらに、工場や水環境システムにいたるまで、目に見えないところで多数のトップシェア製品が社会インフラを支えています。
 創業以来、「人々を豊かにする心と技術をはぐくみ社会のために幸せを創造する」という経営理念を体現するため、ものづくりに邁進しております。

事業内容

PHOTO

上下水道製品および環境機器製品の製造・販売

 当社は、生活に必要な「水分野」を中心とした事業を行っております。
「お客様満足度第一」を徹底し、地域に密着した営業展開を積極的に推進しています。
「水に関わる事業」は、社会的にもますます重要度が高まり、前澤化成工業が果たすべき役割も大きなものとなっています。

 今後は、ビル設備分野や防災・減災関連製品を拡充、また植物の栽培工程を効率化する製品を中心として植物工場市場への進出を図ります。
 国内で長年にわたり培った技術・ノウハウを活用することにより、海外での上水道・下水道の発展に寄与し、海外市場を開拓してまいります。
本社郵便番号 103-0023
本社所在地 東京都中央区日本橋本町2-7-1 野村不動産日本橋本町ビル
本社電話番号 03-5962-0711
設立 1954年
資本金 33億8,730万円
従業員 533名(単体)(2018年3月末)
売上高 218億6,500万円(連結)(2018年3月末)
202億9,300万円(単体)(2018年3月末)
平均勤続勤務年数 15.9年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 11.75時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.6日(2015年度実績)
9.1日(2016年度実績)
10.7日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 女性(5人)、男性(12人)
※男性は配偶者の出産者数
前年度の育児休業取得者数 女性(5人)、男性(0人)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 採用窓口 総務部 総務人事課
担当者 採用担当 晝間(ヒルマ)、永野
住所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-7-1 野村不動産日本橋本町ビル
電話番号 03-5962-0711
Eメール jinjika@maezawa-k.co.jp

URL 会社HP http://www.maezawa-k.co.jp/
採用HP http://www.maezawa-k.co.jp/recruit/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp224416/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
前澤化成工業(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
前澤化成工業(株)【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ