最終更新日:2018/11/9

岡谷エレクトロニクス(株)【岡谷鋼機(株)100%出資会社】

  • 商社(電子・電気機器)
  • 輸送用機器
  • 専門コンサルティング
  • 商社(通信)
  • 半導体・電子・電気機器
本社
神奈川県
資本金
6,000万円
売上高
462億円(2018年2月期)
従業員
150名(2018年2月)
  • 業種 商社(電子・電気機器)、輸送用機器、専門コンサルティング、商社(通信)、半導体・電子・電気機器
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 6,000万円
  • 売上高 462億円(2018年2月期)
  • 従業員 150名(2018年2月)

車の自動走行など、ワクワクの未来は始まっている。時代を切り拓いていく技術商社!

会社紹介記事

PHOTO
時代の変化と共に、新しい技術を吸収しながら確かな信頼を築いてきた当社。次世代を担う若手社員の存在が、岡谷エレクトロニクスをさらなる高みへと引き上げるだろう。
PHOTO
職種に関係なく、便利でより快適な社会を創りたいという想いは同じ。お客様のために本気で意見を交わすことで相乗効果を生み、個々の成長につながっている。

提案力と技術力によって、未来の種を蒔いていく。

PHOTO

「あなたの提案が新しい世の中を創る。世界というフィールドで自分の力を発揮したいという、チャレンジ精神溢れる方を歓迎しています」と、水野社長。

■“モノつくり”から、“コトつくり”のパートナーに

岡谷エレクトロニクスは1984年の設立当初から、世界的大手企業とパートナーシップを結び、半導体やOSなどの製品を多くの日本企業に提供。モノつくりのパートナーとして時代を切り拓いてきました。

現在、AIやIoTが普及し、車の自動走行や無人店舗など、思い描いていた未来が現実のものになり始めています。世の中が劇的に変わろうとしているのです。
消費者のニーズに関しても、商品を得ることに価値を見出す「モノ消費」から、商品やサービスを購入したことで得られるワクワクの体験に価値を見出す「コト消費」へ移行しています。

当社も、時代のニーズに応えながら進化を続けています。
“コトつくり”のパートナーとして、人々の暮らしにワクワク感を届けられる未来へと、種を蒔いていきます。

■チャレンジ精神を応援する社風、若手がプロジェクトを牽引

岡谷エレクトロニクスには、年次に関係なくプロジェクトの中核に携わるチャンスがあります。
私自身プロパーとして技術を磨いてきたプレイヤー時代があるからこそ、社員と同じ視点を持ち、社員一人ひとりの情熱や想いを受け止め、チャレンジ意欲を全面的に応援しているのです。

例えば、自動走行をはじめとした車の新しい技術を大手自動車メーカーに提案したり、ベンチャー企業と協力して決済機能を持つ最先端のタブレットの開発にあたるなど、若手社員の活躍事例は多数。
また、海外展開にも注力しているので、社員が活躍できるフィールドはますます広がり続けています。

■未来につながる技術、世界へ

私たちが求めるものは、2つあります。
ひとつは、AIやIoT、ビッグデータなど、新しい技術を取り入れながらより良い社会を創っていきたいという情熱。
もうひとつは、提案力やプロデュース力を磨き、プロジェクトを牽引していく成長意欲。

今後当社はビジネスの領域を海外へ拡大させていきます。国内に留まらず、世界を視野に入れて自分の可能性を広げたい方には最適なフィールドになるでしょう。
あなたがワクワクする理想の社会に向けて、一緒に成長していきましょう。

<代表取締役社長/水野 治>

会社データ

事業内容
  • 受託開発

PHOTO

重点マーケットとして、自動車分野にも注力。自動運転を支えるセンサーの技術・製品を理解するべく、独自にモデル機を製作して、より的確な提案へとつなげている。

世界の先端商品を充実のサポート・信頼性とともにお客様にお届けする専門商社

■半導体、電子部品ならびにシステム製品の販売
お客様のニーズを深くお伺いし、要求される「モノ」ではなく、そこから生まれる「コト」をキャッチ。その情報をもとにインテル社をはじめとする先端商品の幅広いラインナップから最適な製品をご提案しています。

■技術サポート、受託開発
商社でありながら技術部門があるという強みを生かし、導入されたシステムのトラブルに迅速かつ的確に解決しています。お客様と継続的にかかわる心強いパートナーとしてビジネスをサポート、ニーズに応じて新たなソリューションをご提案していくこともあります。

■その他関連付帯する業務
本社郵便番号 222-0033
本社所在地 横浜市港北区新横浜2-3-19 新横浜ミネタビル8F
本社電話番号 03-6831-4625
設立 1984年10月
資本金 6,000万円
従業員 150名(2018年2月)
売上高 462億円(2018年2月期)
事業所 ■本社
〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-3-19 新横浜ミネタビル8F
■東京オフィス
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-1神田進興ビル7F
■名古屋支店
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南1-16-30 東海ビル3F
■大阪営業所
〒550-0013 大阪市西区新町1-27-5 四ツ橋クリスタルビル6F 岡谷鋼機(株)内
■宇都宮営業所
〒320-0811 宇都宮市大通り2-1-5 明治安田生命宇都宮大通りビル2F
■刈谷駐在員事務所
〒448-0039 愛知県刈谷市原崎町4-207-2 岡谷鋼機(株)刈谷支店内
■台湾駐在員事務所
中華民國台北市松江路87號 帝國大廈11樓-2 台湾岡谷鋼機内
沿革
  • 1984年
    • 名古屋に輸入半導体販売の為の技術サポートを目的として、アイディーエス(株)を設立
  • 1986年
    • 岡谷鋼機(株)がインテルジャパン(株)の正式ディストリビュータに指定される
      大阪営業所を開設し、西日本地区への進出を図る
  • 1987年
    • 東京営業所を開設し、東日本地区への進出を図る
  • 1988年
    • 業務伸展に対応して、本社を名古屋市中村区名駅南1丁目東海ビルに移転
  • 1989年
    • 厚木営業所を開設し、関東地区の強化を図る
  • 1990年
    • 岡谷エレクトロニクス(株)に社名変更
  • 1993年
    • NKK./MACRONIX 代理店となる
  • 1994年
    • 横浜店を開設
  • 1996年
    • 年間売上高50億円突破(62億円)
  • 1999年
    • 日本フィリップス(株)半導体事業部の代理店となる(現:NXP Semiconductor)
  • 2001年
    • (株)アクセルの代理店となる
      PCボードの本格的取り組み開始(リコー、ダックス)
      年間売上高100億円突破(103億円)
  • 2002年
    • 年間売上高150億円突破
  • 2003年
    • 横浜店を拡充・移転(新横浜3丁目 第2上野ビル)
      名古屋本店を東海ビルにて拡充
      フェニックス社の代理店となる
      スーパーマイクロ社の代理店となる
  • 2004年
    • 会社創立20周年を迎える
      横浜店を拡充・移転(新横浜2丁目 新横浜ミネタビル)
      年間売上高200億円突破(238億円)
  • 2005年
    • 本社を名古屋から横浜に移転
      名古屋オフィスは名古屋支店と改称
  • 2006年
    • Microsoft社の代理店となる
  • 2007年
    • 年間売上高250億円突破(257億円)
  • 2008年
    • サイレックス・テクノロジー社の代理店となる
  • 2010年
    • Netronome社の代理店となる
  • 2011年
    • (株)バッファローメモリの代理店となる
  • 2012年
    • 台湾駐在員事務所開設
      刈谷駐在員事務所開設
  • 2015年
    • 宇都宮営業所開設
  • 2016年
    • 東京オフィス開設
月平均所定外労働時間(前年度実績) 14.5時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11日(2017年度実績)

先輩情報

心強い仲間とともに新たな価値を生み出し続ける!
能登原 徹
2017年4月入社
東京経済大学
経済学部
ソリューション営業本部
企業向けソリューション営業
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

岡谷エレクトロニクス(株)【岡谷鋼機(株)100%出資会社】と業種や本社が同じ企業を探す。
岡谷エレクトロニクス(株)【岡谷鋼機(株)100%出資会社】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ