最終更新日:2019/3/6

  • 正社員
  • 既卒可

ヤマエ食品工業(株)

  • 食品
本社
宮崎県
資本金
1億7,400万円
売上高
25億1,750万円(2018年3月期)
従業員
130名
募集人数
1~5名
  • 業種 食品
  • 本社 宮崎県
  • 資本金 1億7,400万円
  • 売上高 25億1,750万円(2018年3月期)
  • 従業員 130名
  • 募集人数 1~5名

“食”を支える事業を展開し、新しい分野にも挑戦を続けております。

ふるさとの味を守り続けて今年創業148年を向えます。高千穂峡つゆも大好評ですよ! (2019/03/01更新)

みなさん、こんにちは!
ヤマエ食品工業(株) 採用担当です。
当社の採用ページをご覧いただきありがとうございます。
ご興味がある方は、まずエントリーをお願い致します。
一人でも多くの学生のみなさまとの出会いを、心よりお待ち致しております。
食を通して、消費者の皆様に喜んでいただける会社で一緒に働きませんか。

会社紹介記事

PHOTO
味に磨きをかけるべく、日々研究や分析に注力する開発部スタッフ。140年以上の歴史で培った技術や味を標準化していくのも彼らの大きな役割だ。
PHOTO
味噌や醤油など、日本の伝統的な味を守りながらも、知識や根拠に裏打ちされた新しいアイデアと感性で新商品を生み出し続けている。

宮崎発!味噌や醤油、伝統の味を守りながらも、新しい発想でチャレンジ!

PHOTO

「会社全体が明るく元気。風通しも良く、他部署と意見交換がしやすいので働きやすいです」。昼休憩時には社員が集まる会館で日替わりの味噌汁を飲むことができる。

●新しい課題が現場にいっぱい落ちています
(諏訪園哲哉さん/開発部/2011年入社/宮崎大学農学部卒)

農学部応用生物科学科で学び、大学院での研究も行っていたので、それらを生かせる食品系の地元企業で働きたいと思っていました。でも実は私、味噌や醤油に作用する麹菌や乳酸菌などの微生物の知識はあまり持っていませんでした。

入社後すぐは開発部で味噌の品質管理を担当。ここではできあがった商品の分析や管理を行い、製造工程の改善なども行います。先輩に質問したり業務の合間を縫って勉強したり。そこで感じたのは、常に疑問を持って仕事に臨む姿勢が大事だということ。課題は現場にいっぱい落ちています。製造現場のスタッフとコミュニケーションを図りながら、課題解決を試みます。自分のアイデアで良い結果に導けたときはやりがいを感じますね。

当社の魅力は、自分の考えを自由に実践できる点。もちろん知識や根拠がないと、「職人」でもある製造スタッフを納得させることはできません。常に疑問を持ち、人と関わることが好きであれば、当社での仕事はより面白くなると思います。

●苦労を重ねたドレッシングが店頭に並んだ!
(下村ひとみさん/開発部/2005年入社/宮崎大学農学部卒)

学生時代、会社と共同で味噌の商品開発に携わったことがきっかけになり入社しました。その時は血圧上昇を抑える健康志向の味噌を作って商品化したのですが、味とのバランスが難しく、残念ながら今は販売されていません。シビアな現実を目の当たりにして、商品開発の難しさを実感する一方、ものづくりの楽しさも味わいました。それは今でも仕事への原動力になっています。だから結婚しても出産しても、またここに帰ってきちゃうんですよ。

入社してから5年間は味噌の品質管理を担当。その後、ドレッシング開発に携わり続けています。当社では業務用と家庭用のドレッシングを作っています。業務用は営業からのリクエストを基に、家庭用は企画部と一緒に案を練って完成させます。試作と評価を繰り返し、苦労を重ねた家庭用のドレッシングが店頭に並んだときは達成感でいっぱいになりますよ。

味噌・醤油はとても伝統的な食品ですが、アレンジは無限。自分のアイデアで可能性が広がります。「食べる」ということに興味を持っている人と一緒に働けたらうれしいですね。

会社データ

プロフィール

1871年の創業以来、地域の皆さまから愛されて、地域のソウルフードとして成長させて頂きました。日本の和食文化の基本的醗酵調味料である、醤油や味噌を主に製造及び販売しておりますが、近年は各調味料類(業務加工用のソース類、ドレッシング類、つゆ類等)の製造販売にも力を入れており、南九州の味を県外・国外へ発信しております。

事業内容

PHOTO

味噌・醤油を中心に1,000以上のアイテムを製造販売する宮崎県最大規模の食品加工会社。霧島山系の水を使うなど、素材には絶対の自信を持っている。

原料仕入れから始まり、最終製品まで仕上げる製造メーカーです。主な製品は、日本の伝統的発酵調味料である醤油、味噌を主力商品として製造及び販売しておりますが、加工度を上げた市販用、業務加工用等の各調味料等の製造販売も強化しております。加工品割合は当社全体で容量比40%以上となっております。
市販用商品である「高千穂峡めんつゆ」は、おかげさまで、当社の看板商品の一つとなり、多くの方から支持されております。
 2018年8月に「宮崎県成長期待企業」に認定、2018年12月には「地域未来牽引企業」に認定され地域の中核的企業として、地域経済に寄与することを期待されております。
本社郵便番号 885-0076
本社所在地 宮崎県都城市西町3646番地
本社電話番号 0986-22-4611
創業 1871年5月
設立 1950年12月
資本金 1億7,400万円
従業員 130名
売上高 25億1,750万円(2018年3月期)
事業所 ・本社
・東京事業所
主な取引先 ヤマエ販売(株)、ヤマエ久野(株)、宮崎県味噌醤油工業協同組合
取引銀行 株式会社宮崎銀行、株式会社鹿児島銀行
関連会社 ヤマエ販売(株)
平均年齢 39歳(組合員平均)
平均給与 基準内賃金247,800円(2018年10月実績)
沿革
  • 1871年5月
    • 都城市に江夏本店として創業
  • 1950年12月
    • 会社設立
  • 1952年2月
    • 商号を江夏味噌醤油(株)に改称
  • 1955年7月
    • 商号を江夏食品工業(株)と改称し総合食品メーカーへ進出
  • 1966年1月
    • ブランドにちなんでヤマエ食品工業(株)と改称
  • 1968年6月
    • 本社を福岡市に移転
  • 1998年2月
    • 本社を都城市に移転
  • 2003年4月
    • ISO9001:2000 and HACCP同時認証取得
  • 2009年6月
    • ISO22000:2005認証取得
  • 2018年8月
    • 宮崎県成長期待企業として認定される
  • 2018年12月
    • 経済産業省 地域未来牽引企業として認定される
平均勤続勤務年数 16年 (2018年3月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間 (2018年3月実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12日 (2018年3月実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒885-0076
宮崎県都城市西町3646番地
TEL:0986-22-4611
採用担当  田中
URL http://www.yamae-foods.net/
E-mail soomu@yamae-foods.co.jp
交通機関 JR日豊本線
「西都城駅」西口より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp225774/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ヤマエ食品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ