最終更新日:2019/5/14

  • 正社員
  • 既卒可

なめがたしおさい農業協同組合

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 共済
  • 農林・水産
本社
茨城県
資本金
24億円
【2018年度事業実績】
・販売品販売高208億円・購買品供給高39億円・貯金残高1,147億円・貸出金残高127億円・共済保有高3,747億円 
従業員
282名(2018年1月31日現在)うち正職員217名
募集人数
11~15名
  • 業種 農業協同組合(JA金融機関含む)、共済、農林・水産
  • 本社 茨城県
  • 資本金 24億円
  • 【2018年度事業実績】 ・販売品販売高208億円・購買品供給高39億円・貯金残高1,147億円・貸出金残高127億円・共済保有高3,747億円 
  • 従業員 282名(2018年1月31日現在)うち正職員217名
  • 募集人数 11~15名

チャレンジ精神を発揮できる職場環境を目指します!

  • 積極的に受付中

5月の説明会は31日(金)開催です (2019/05/14更新)

こんにちは、なめがたしおさい農業協同組合採用担当です。
当組合5月の就職説明会は5月31日(金)開催です。
地元での開催ですのでなかなか都合がつかない場合もあるかとは思いますが、6月以降も順次開催予定でおりますので是非ご参加ください。スケジュールは確定次第この場でご案内いたします。
多くの学生の皆様のエントリーお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
需要と供給のマッチングに加え、どのように売るかも販売事業の面白さ。最近でいえばさつまいも。品種リレーや「焼き芋」に特化したマーケティングで差別化に成功している。
PHOTO
JAなめがたしおさいは管内に支店と営農経済センターを展開。首都圏消費地まで100キロの地の利を生かし、生鮮野菜の多品目供給基地として存在感を発揮している。

大人気の「焼き芋」をはじめ、当地の野菜のおいしさを全国に広めています

PHOTO

潮来市出身の荻さん。「農業が盛んな地元への恩返しになる仕事といえば農協」と同組合を選んだ。営農経済部門で水菜やセリなどの野菜についても知識を深めている。

なめがたしおさい農業協同組合は2019年2月、2つのJAが合併して新しく出発しました。なめがた管内(行方市、潮来市)の営農経済センター麻生に所属する私から見ると、鹿嶋市と神栖市が加わり管内が広がったほか、ピーマンをはじめ、扱う品目も拡大。当地の野菜のおいしさをさらに広く全国に発信できるようになりました。

なめがた管内では、さつまいもやレンコン、水菜など全国有数の野菜生産地として知られています。そのなかで私は今、さつまいもを担当し、営農指導と販売事業を中心にチームで取り組んでいます。土壌に恵まれ、豊かなうま味と食味を持つ行方のさつまいもは以前から人気でしたが、平成29年の農林水産祭で最高の栄誉である天皇杯を受賞したことから、ますますブームが盛り上がっています。販売事業では全国の青果市場と取引を行うほか、「消費宣伝」と呼ぶ、一般消費者向けの販促イベントも行っていて、大盛況です。毎年、お祭りの時期に訪れる仙台市では、スーパーの前に8台の焼き芋機を並べたのですが、あっという間に全部に長い行列ができ、焼き芋が足りなくなるほどでした。消費宣伝は北海道や神戸など全国で行っていますが、「おいしい」と言っていただけるのはもちろん、「行方産の焼き芋の大ファンです」と、心待ちにしてくださる方も多く、誇らしくなります。

一方、営農指導では、生産物の安定出荷に向け、生育状況を確かめるなど農家さん(組合員)と密にやりとりをしています。農作物は天候に左右されることも多いので、時々の収穫量を踏まえてこちらで最善の販売計画を立てたり、栽培技術向上のための講習会を開いたり、「栽培面積を広げたい」といった相談に乗ったりと、やるべきことは尽きません。真面目で熱心な組合員の方々を支えられることは、何物にも代えがたいやりがいです。若手の生産者も多く、ブランド品種の質の向上など新しい試みにも意欲的。組合員とともに学び、成長できる環境です。職場は、とてもアットホームで、入組1年目の新人でも気兼ねなく、のびのびと仕事ができますよ。多くの人に、当地のおいしい野菜を届けるという目標に向けて、一緒に元気いっぱい活動していきましょう!
(営農経済センター麻生 荻有城さん 2014年入組)

会社データ

プロフィール

 JAなめがたしおさいは、2019年2月1日、行方・潮来市を管内とする旧JAなめがたと鹿嶋・神栖市を管内とする旧JAしおさいが合併して誕生した新しいJAです。農産物の販売高は200億円を超え県内最大の規模を誇ります。管内は茨城県の東南部に位置しており、 霞ケ浦・北浦・鹿島灘に挟まれ、半島状の地形となっています。
 行方台地・鹿島台地には肥沃な関東ローム層の土壌を持つ畑作地帯が、「水郷」と呼ばれる両湖岸には水田地帯が広がり、四季を通じて比較的温暖で気候にも恵まれた全国有数の農業地帯を形成しています。
 台地では大規模畑作によるさつまいもやエシャレット、キャベツなどの露地野菜のほか、みず菜、ちんげん菜、大葉、いちご、メロンなど施設(ハウス)を用いた果菜類が生産されています。昨今の焼き芋ブームの火付け役である当JAのさつまいもは近年その功績が認められ第56回農林水産祭において天皇杯を受賞しました。また、鹿嶋神栖地域は、平地が続き、水はけの良い土壌を活かしたピーマンの生産が盛んで、日本一の生産量を誇ります。
 また近年では香菜(パクチー)をブームになる以前より研究を重ね日本の気候に合った栽培方法を確立し全国をけん引している他、ちんげん菜GAP部が県GAP第一号を取得するなど先進的な取り組みをおこなっております。
 当地域は都心より100キロ圏内に位置し、交通網の整備等の有利性を背景に、都市近郊型の生鮮野菜の一大供給基地として、また、「首都圏の台所」としての位置づけをますます高めています。

事業内容
【信用事業】
JAを利用される皆さまからお預かりする貯金のお取り扱いや、営農や生活に必要な資金のご融資を行います。JAバンクは身近な金融機関として、利用者の皆さまに便利と安心をお届けしています。

【共済事業】 
組合員、地域住民の皆様を不慮の災害から守り、その家族の暮らしをまもることを最大の目的として、生命・医療に関する保障はもちろん、建物や家財、自動車事故などの損害に関する保障もあわせて「ひと・いえ・くるま」の総合保障を提供しています。

【営農経済事業】
農業生産に必要な資材や生活に必要な物資の販売、営農や生活へのよりよいアドバイスを行うとともに、組合員が生産した農産物を集荷し、市場などを通して新鮮なまま消費者へお届けしています。

【営農指導事業】
組合員の農業経営の改善・生活向上のため、ニーズに沿った研修の機会を提供したり営農技術の指導を行っています。
本社郵便番号 314-0148
本社所在地 (本店/金融共済本部)
茨城県神栖市深芝2752-5
本社電話番号 0299-93-5511
第二本社郵便番号 311-3832
第二本社所在地 (総務企画本部/営農経済本部)
茨城県行方市麻生3346-25
第二本社電話番号 0299-72-1877
設立 2019年
資本金 24億円
従業員 282名(2018年1月31日現在)うち正職員217名
【2018年度事業実績】 ・販売品販売高208億円・購買品供給高39億円・貯金残高1,147億円・貸出金残高127億円・共済保有高3,747億円 
事業所 本店・総務企画、営農経済本部・地域センター(なめがた、しおさい)・支店(大野、鹿嶋、神栖、波崎、麻生、潮来、北浦、玉造)・営農経済センター(鹿嶋、神栖、波崎、麻生、潮来、北浦、玉造)・鹿嶋農産物直売所・なめがた地域医療センター直売所
平均年齢 42歳(2018年度)
平均勤続年数 15.1年(2018年度)
平均有給休暇取得日数 8.0日(2018年度)
関連会社 (有)なめがたサービス
なめがた農機燃料(株)
(有)アグリサポート麻生
平均勤続勤務年数 15.1年 (2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 7時間 (2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日 (2018年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒306-0404
茨城県行方市麻生3346-25
なめがたしおさい農業協同組合
総務企画部企画人事課
採用担当
TEL:0299-72-1812
URL http://www.ja-ns.or.jp
E-mail janamegata.jinjikachou@ja-ibaraki.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp226455/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
なめがたしおさい農業協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。
なめがたしおさい農業協同組合を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ