最終更新日:2019/6/24

  • 正社員
  • 既卒可

(株)やまびこ(霧の森・霧の高原)

  • レジャーサービス
  • 食品
  • ホテル・旅館
  • 専門店(食品・日用品)
  • 外食・レストラン
本社
愛媛県
資本金
1億2,550万円
売上高
5億3,460万円(平成29年度実績)
従業員
68名(平成30年11月1日現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 レジャーサービス、食品、ホテル・旅館、専門店(食品・日用品)、外食・レストラン
  • 本社 愛媛県
  • 資本金 1億2,550万円
  • 売上高 5億3,460万円(平成29年度実績)
  • 従業員 68名(平成30年11月1日現在)
  • 募集人数 1~5名

◆「霧の森大福」を生み出した注目企業◆地元・新宮村を元気にする村おこし企業!オリジナルスイーツ開発職、観光施設運営サービス職、村おこし企画職を限定募集!

〈〈 (株)やまびこのページへようこそ! 〉〉 (2019/06/04更新)

こんにちは!
株式会社やまびこ 採用担当です。

下記の予定で選考直結の会社説明会を開催します。

■個別会社説明会開催予定
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:6月15日(土)13:50~15:30
場所:本社(四国中央市新宮町)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※三島川之江ICより無料送迎あり
※希望者は15:30から一次選考(面接)受験可

ご参加をお待ちしています。

会社紹介記事

PHOTO
看板商品「霧の森大福」は新宮村の名産品・無農薬の「かぶせ茶」をふんだんに用いた人気商品です。当社の町おこしに欠かせないキーアイテムとなりました。
PHOTO
地元特産の新宮茶を楽しめる茶フェをはじめ、レストランやコテージ、天然温泉などを揃えた複合レジャー施設「霧の森・霧の高原」の運営も行っています。

先輩社員へインタビュー!

PHOTO

自然豊かな場所で、温かい人々に囲まれてやりがいのある仕事に打ち込めることはこの上なく幸せです。(2010年4月入社 愛媛大学法文学部卒 Y/Tさん)

【これまでのキャリアと、その時々の目標や頑張っていたことを教えてください。】
本店勤務を経て、その後企画戦略室へ異動し、現在は県内外への出張販売や企画・広報などを担当しています。
入社時から今まで心がけているのは、新宮とお客様を繋ぐ架け橋になること。
それを念頭に、より多くの人に新宮を知ってもらい、実際に足を運んでいただけるようPRしてきました。

【霧の森に入社した理由は?】
大学時代にインターンとして出張販売に参加した際、新宮・新宮茶の知名度の低さに愕然とし、ほとんど知られていない新宮の良さや新宮茶の美味しさを自分の働きで世に伝えていきたいと思ったことがきっかけです。

【今の仕事のやりがいを教えてください。】
自分の想いがお客様に伝わったと実感できるときにやりがいを感じます。
遠方に出張販売に行くこともありますが、そんなところからでもわざわざ新宮に足を運んでくださったり、新宮茶が美味しいと感想を寄せてくださるなど、そんな時に地道にコツコツやってきてよかったと感じます。

【将来の夢は?】
人口1,200人にも満たない地域から、海外でも認められるお茶として新宮茶が有名になればいいなと思っています。
もちろん日本でも新宮茶に親しんでもらえるよう新宮以外でもお客様が新宮茶を飲める機会を増やしていきたいと思います。
コーヒーや紅茶のように、お金を払ってお茶を飲むという概念がま定着していないのが現状ですが、飲み物の選択肢の中に新宮茶が入ってもらえるようになるのが、私の思い描く一つの目標です。
新宮茶の価値が上がれば、お茶の生産者や新宮に足を運ぶ人も増え、新宮地域が賑わう日が来ると信じて頑張りたいと思います。

【学生へのメッセージ】
就職はゴールではありません。
1日のほとんどの時間を仕事に費やすのですから、自分はその就職先でどんなことをしたいかよく考えて就職活動を進めてほしいなと思います。
もちろん仕事ですから働く中で自分の本意ではない仕事を任されるかもしれません。
時には心が折れたり、つらいこともあるでしょう。
それでも自分の心の中にやりたいこと、ちょっとした野望のような芯になるものがあれば、心の支えになり、立ち直ることができるはずです。
いやいやではなく、やりがいを感じながら楽しく働ける場所へ就職できるようしっかり悩んで自ら進むべき道を切り拓いてください。

会社データ

プロフィール

■株式会社やまびこって?
当社は地元「新宮村」を盛り上げるために設立された第3セクターの村おこし企業です。
「新宮村に活気をもたらす」をコンセプトに、地元の特産品であった「新宮茶」を使った「霧の森大福」を生み出したり、大規模レジャー施設「霧の森」「霧の高原」を運営しています。

地元特産の無農薬抹茶を贅沢に使った「霧の森大福」は、当社の村おこしのカギを握る重要なアイテムです。
無農薬ゆえに甘みが強く、香りの濃さが特徴のこの茶葉をふんだんに使用することで、他社が真似できないオリジナル商品となりました。
さらに販売経路、PR方法に徹底的にこだわった結果、お取り寄せが倍率100倍ほどの抽選となる人気商品にまで成長しました。

しかしながら、霧の森は単なるお菓子屋さんではありませんから、売れれば終わりではありません。
霧の森大福が有名になればなるほど、使用している新宮茶の価値はさらに高まり、苦労しながらも無農薬でお茶の栽培に取り組んできた地域住民が、自分たちの歩んできた道が間違いではなかったと感じることができます。
これこそが当社の目指す、戦略的な村おこしの道筋です。

とはいえ村おこしだから、3セクだから、と堅苦しく考える必要はありません。
自由な気風にあふれており、ちょっとした思いつきが採り入れられ、大きな成果につながることもしばしば。

従業員がそれぞれの得意分野を活かし、たとえばオリジナルスイーツを開発したり、あるいはもてなしの心で全国から来場される25万人の観光客を楽しませたり。
そうした先に、新宮茶の価値が高まり、地域に暮らす人たちが元気になる未来が待っているなら、こんなに誇り高くやりがいに満ちた仕事はありません。
自身の持てる力を発揮していっしょにがんばりましょう。

正式社名
(株)やまびこ
正式社名フリガナ
ヤマビコ
事業内容

PHOTO

新宮茶のおいしさ、新宮町での思い出を良い記憶として残してもらえるよう、心をこめておもてなしをしています。

地域おこしの担い手として設立された地元の第3セクターです。
観光施設「霧の森」のほか、キャンプ場「霧の高原」を運営し、また施設内の工房で地域特産の無農薬茶を贅沢に使用した菓子等を製造・販売しています。

【運営施設】
●霧の森
名産の新宮茶、施設内の工房で作ったお菓子をご賞味いただける茶フェをはじめ、茶そばや川魚を味わえるレストラン、新宮茶や大福を販売する菓子工房本店などが揃い、さらにのんびりと日ごろの疲れをいやしていただける天然温泉や宿泊のできるコテージも併設しています。

●霧の高原
愛媛・徳島にまたがる塩塚高原に自然との調和を目指して整備されたビッグスケールのプレイゾーン。
設備の整ったオートキャンプやコテージ、気軽に利用できるテントデッキのほか、グループでワイワイ楽しいバーベキュー施設が完備されています。またマウンテンバイクコースも備え、お子さまの遊び場としても最適です。
周辺ではパラグライダーやハイキングなど、大自然の中での遊びが満載です。

●霧の森菓子工房
霧の森内にある工房で作った和菓子、洋菓子のほか、新宮茶や雑貨などを販売していて、全国からお客様がお越しになります。
松山市にも支店があり、とくに週末には朝から行列となることも。

【代表商品】
霧の森大福
フォンダンチャコラ
新宮茶プリン
霧の森茶そば、など
本社郵便番号 799-0301
本社所在地 愛媛県四国中央市新宮町馬立4491-1
本社電話番号 0896-72-3111
ホームページ https://yamabiko.ehime.jp/
http://kirinomori.co.jp/
メールアドレス work@yamabiko.ehime.jp
設立 平成10年6月19日
資本金 1億2,550万円
従業員 68名(平成30年11月1日現在)
売上高 5億3,460万円(平成29年度実績)
事業所 ■霧の森(本社所在地)
愛媛県四国中央市新宮町馬立

■霧の高原
愛媛県四国中央市新宮町上山

■霧の森菓子工房松山店
愛媛県松山市大街道(ロープウェイ街)
株主構成 四国中央市(第3セクター方式)、うま農協ほか
月平均所定外労働時間 6.2時間(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数 13.0日(2018年度実績)
沿革
  • 1998/6/19
    • 会社設立
  • 1999/4/1
    • 松山店オープン、「霧の森大福」販売開始
  • 1999/5/25
    • 霧の森オープン
  • 1999/7/19
    • 霧の高原オープン
  • 2004/4/3
    • 「霧の森大福」がネットモールで売上日本一に輝き、その後現在に至るまで入手困難な状況が続く
  • 2005/8/12
    • 霧の森交湯~館オープン
  • 2007/7/1
    • 霧の森茶フェオープン
  • 2011/3/1
    • バリアフリー化工事を終え、道の駅として営業開始
  • 2017/4/1
    • 松山店リニューアルオープン
  • 2018/6/19
    • 創業20周年
  • 2019/4/1
    • 松山店20周年
  • 2019/5/25(予定)
    • 霧の森20周年
  • 2019/7/19(予定)
    • 霧の高原20周年
平均勤続勤務年数 9.2年(2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 6.2時間(2018年度実績)
10時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13.0日(2018年度実績)
12.5日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(2018年度実績)
0日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(2018年度実績)
0日(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)やまびこ(霧の森・霧の高原)
電話:0896-72-3111

〒799-0301
愛媛県四国中央市新宮町馬立4491-1
霧の森
URL https://yamabiko.ehime.jp/
http://kirinomori.jp/
E-mail work@yamabiko.ehime.jp
work@kirinomori.co.jp
交通機関 【車】
高知自動車道・新宮インターより1分

【公共交通機関】
JR予讃線・伊予三島駅よりバス55分「霧の森」下車すぐ
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp226622/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)やまびこ(霧の森・霧の高原)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ