最終更新日:2019/5/18

  • 正社員
  • 既卒可

丸徳商事(有)

  • 環境・リサイクル
  • 化学
  • 農林・水産
本社
静岡県
資本金
3,000万円
売上高
8億4,153万円(2018年1月実績)
従業員
31名(2018年4月現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 環境・リサイクル、化学、農林・水産
  • 本社 静岡県
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 8億4,153万円(2018年1月実績)
  • 従業員 31名(2018年4月現在)
  • 募集人数 1~5名

【静岡勤務】【肥料製造】【農業、化学の分野も活かせる!】環境浄化の産業廃棄物業界でありながら、肥料製造も始め、有機農法による野菜作りを実践中!!

農業関連事業を地域と共に発展させています!選考をご希望の場合は当社まで直接お問合せください!   (2019/05/13更新)

こんにちは!採用担当です!  

弊社は、皆さんの生活やあらゆる事業活動から発生する廃棄物を処分したり、有用物に転換させる仕事をしている環境・リサイクルの会社です!

環境問題に関心がある、農業関連事業に携わりながら地方(静岡)で働きたい!どんな思いでも結構です。

これから社会人になる前に、私生活にも身近な環境業界を覗いてみませんか?

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
2017年『ジャンボカボチャ大会』に参加。初めて取り組んだのにも関わらず、317kgを記録。静岡県大会で2位の功績を収めました!肥料の効果を発揮しました!
PHOTO
事業所周辺で処分に困っている放任竹林や竹林整備で出た竹を、粉砕機でチップにして肥料原料に添加しています。

産業廃棄物は、高度で誠意ある処理技術が要求されています!未来へ渡す地球環境。

PHOTO

入社7年目となり、大型のホイールローダーを乗りこなし、肥料製造部門の中心的役割を担っている赤堀さん。静岡県焼津市出身。

【赤堀さんが入社して感じたことは!?】
入社して、仕事に対して使命感持つようになりました。会社へ入りたての当時は、目の前の仕事をこなすだけで頭がいっぱいでした。しかし、多くの経験の場を周りの先輩方から与えていただいたことで、考え方が変わりました。

辛く大変な部分もありますが、それらは自分を成長させるチャンスだと考えるようになりました。今後もそのような機会を与えてくれる会社に対して、その期待に応えたいと思っています!



▼主な事業は、産業廃棄物・一般廃棄物の収集運搬処分業、倉庫業です。

現在管理型処分場の他、焼却炉3基、破砕機2基が稼働中。近年では油、電気といったエネルギー資源削減と、未利用資源活用の為肥料製造を開始。この肥料製造に利用する菌体は超高温醗酵が可能で、醗酵温度が100℃前後に達する為、雑菌や雑種子が死滅し非常にクリーンな肥料を製造することが出来ます。

今後も地元に密着した事業展開を進めていきたいと考えております。

会社データ

プロフィール

【産業廃棄物処理業】
設立54年を迎える会社で、廃棄物処理業、倉庫業を営んでいます。
意外と知られない廃棄物の処理方法は、時代の流れと供に変化してきています!
当初は埋立処分からスタートしましたが、埋立処分量の減量化のため、平成に入り焼却施設・破砕施設を増設し、現在では管理型埋立処分場1箇所、焼却施設3基、破砕施設2基が稼動中です。


【YM菌による有機肥料製造】
エネルギー資源の削減と未利用資源活用のために肥料製造を開始しました。
この肥料製造に使う菌体は、YM菌というバチルス族に属する菌体で、超高温発酵が可能であり、醗酵温度が100℃前後までに達します。その為、雑菌や雑草種子なども死滅し非常にクリーンな肥料を製造する事が出来ます。
肥料製造も今年で3年目を迎え、順調に良質の肥料が出来つつあります。
弊社では肥料の効果実証の為、地元の遊休農地を借り上げ、自社肥料のみを使用した有機農法による野菜作りを実践中です。


【ブルーベリー農園】
地域貢献の一環として、地元の有志団体「宍原を考える会」と共に、耕作放棄地となっていた茶畑を開墾し、数年かけてブルーベリーの苗木を植樹し、ブルーベリー販売、ブルーベリー狩りなどブルーベリー農園の運営にも携わっています。


【竹林の循環型活用】
山間地で問題となっている放任竹林を解消する為に、竹林整備で発生した竹を粉砕し肥料原料に活用しています。竹チップを混入することで、C/N比の向上や通気性の向上が見込めます。


【国立大学との共同研究】
2016年度には、静岡大学農学部と連携し地域ブランド野菜を模索する為の肥料の効用試験を実施。施肥量の検討やこの肥料を使うことによる葉物野菜の葉色値の向上などが確認できました。
今後も地域と共に『人と自然と未来のためにできること』を実行していきます!

事業内容

PHOTO

宍原事業所では、焼却炉で発生した焼却熱をオフィスの床暖房に活用。冬でも暖かいオフィスでは快適な環境で仕事ができます!

埋め立て事業からスタートした弊社は、廃棄物減量化のため、平成に入り焼却施設の設置を積極的に行っており、現在3基の焼却炉が稼働中です。

近年処理困難物が増えてきておりますが、廃棄物の特性に応じた焼却炉を使用する事で適切な処理を行っております。

直近では、YM菌(バチルス属)による超高温好気性発酵による廃棄物を有効活用する肥料製造に取り組み始めました。

多くの人々が関心を寄せている環境保全に貢献出来るよう、環境に負荷を与えず、自然界へ還元する事業を開始しました。今後も地域貢献を通して、農業関連事業にも展開していきます!
本社郵便番号 424-0067
本社所在地 静岡市清水区鳥坂575
本社電話番号 054-345-5173
設立 1965年7月
資本金 3,000万円
従業員 31名(2018年4月現在)
売上高 8億4,153万円(2018年1月実績)
事業所 宍原事業所
関連会社 丸徳運送(株)、日徳産業(有)、(株)静清貨物ターミナル、丸徳物流産業(株)、(株)ふるさと創生会
沿革
  • 1965年7月
    • 丸徳商事(有)創業(資本金100万円にて設立)
  • 1972年4月
    • 清水市(現静岡市清水区)より一般廃棄物収集運搬及び処分業の許可を受け埋立事業開始
  • 1972年9月
    • 静岡県より産業廃棄物収集運搬及び処分業の許可取得
  • 1977年9月
    • 沼津市内に管理型最終処分場を開設(管理型第一)
  • 1983年3月
    • 清水市(現静岡市清水区)宍原に管理型採取処分場を開設(管理型第二)
  • 1994年3月
    • No.1焼却炉(RH2000)設置
  • 1995年3月
    • 危険物倉庫A棟設置
  • 1995年4月
    • 資本金300万円に増資
  • 1996年3月
    • 静岡県より特別管理産業廃棄物収集運搬及び処分業の許可取得
  • 1996年6月
    • 危険物倉庫B棟設置
  • 1996年10月
    • 倉庫業許可取得
  • 1997年6月
    • No.2焼却炉(ロータリーキルン1号機)設置
  • 1998年7月
    • No.3焼却炉(ロータリーキルン2号機)設置
  • 2000年5月
    • 資本金500万円に増資
  • 2001年5月
    • 資本金800万円に増資
  • 2002年5月
    • 資本金1,000万円に増資
  • 2002年12月
    • No.4焼却炉(乾溜ガス化炉)及び二軸破砕機設置
  • 2003年5月
    • 資本金1,500万円に増資
  • 2006年9月
    • ISO14001認証取得
  • 2007年5月
    • 資本金3,000万円に増資
  • 2014年6月
    • 古物商許可取得
  • 2014年10月
    • 計量証明事業登録取得
  • 2015年2月
    • 肥料製造施設設置
  • 2015年6月
    • かんとりースーパー静岡 肥料登録
月平均所定外労働時間(前年度実績) 34時間(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日(2018年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 054-394-0338(宍原事業所)採用担当者宛
URL http://www.marutoku-shoji.jp/
E-mail matsuzaki@marutoku-g.co.jp
交通機関 各最寄り駅。
本社:JR東海道線 草薙駅、宍原事業所:JR東海道線 興津駅
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp227499/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
丸徳商事(有)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ