最終更新日:2019/5/8

  • 正社員
  • 既卒可

北海スターチック(株)

  • 農林・水産
  • 食品
本社
北海道
資本金
4,200万円
売上高
36億円(2018年3月期)
従業員
125名
募集人数
1~5名
  • 業種 農林・水産、食品
  • 本社 北海道
  • 資本金 4,200万円
  • 売上高 36億円(2018年3月期)
  • 従業員 125名
  • 募集人数 1~5名

「ホクレンのたまご」の一翼を担う北海道の採卵養鶏企業。【駅チカ・交通費支給の会社説明会】

エントリー受付を開始しました! (2019/03/01更新)

当社のページにアクセスしていただき、ありがとうございます!

当社の仕事に興味を持って頂いた方は、ぜひエントリーをお願いします。
会社説明会の日程は、セミナーページに掲載されていますのでご確認ください。

昨年、”くらしごと”で当社が取材を受けました。是非ご覧になって下さい。
https://kurashigoto.hokkaido.jp/konomachi/20180518170500.php

ご興味を持って頂きましたら、お気軽にお問合せ下さい。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
鶏は毎日たまごを産むので、体調管理には常に気を配ります。自分が手を掛けた分、その頑張りがすぐに産卵成績となって見えるのもこの仕事のやりがいです。
PHOTO
幅広い年齢層の経験豊かなスタッフが皆さんの成長をサポートします。

事業拡大につき、農場を支えてくれる若い人材を求めています。

PHOTO

「齊藤くんには経験を積んで、僕の後継者になって欲しい」と語る恵庭農場の吉田課長(左)と齊藤主任(右)

北海スターチック(株)は、雛の育成から鶏卵の生産まで一貫管理で鶏卵の生産を行っている会社です。白老町、恵庭市、愛別町、釧路市、4市町に農場を持ち、北海道の豊かな自然の中で約48万羽の鶏を飼育しています。また、ホクレンから受託を受けて、鶏卵センター(選別包装業務)の運営も行っています。

当社の中核である農場部門は育成農場と採卵農場に分かれ、育成農場では生まれたてのひよこを鶏(成鶏)まで育て、採卵農場では安定的に産卵できる飼育管理を行います。

当社の自慢は生産しているホクレンブランドのたまごです。消費者の「食」への「安全・安心」の意識が高まっている中、我々は消費者の求めにお応えするために、ホクレンの指導の下、日々の生産活動の中で徹底した衛生管理および品質管理を実施しています。また、「安心・安全」な高品質なたまごを生産するには、産卵する鶏が健康でなければなりません。そのため、鶏の様子には常に注意を払って、毎日消費者が満足して頂けるような生産物を提供できるように社員一丸となって邁進しています。

2015年には米国ハワイへ進出、2017年、2018年には鶏舎を増設するなど、創業から48年経った今なお業務拡大中です!


【先輩社員からのメッセージ】
母校の酪農学園大学では食品流通の勉強をしていて、食品関係の会社に就職したいという気持ちがありました。その中で食品流通の大元である第一次産業の生産に携わってみたいと思い、この会社に入社しました。

入社後には、しっかりとした農場研修があり、少し仕事を覚えた後には、道外研修も経験させてもらい、若い人材を大切に成長させようという会社側の思いを感じました。

今は、採卵農場の一つである恵庭農場に勤務しています。生き物が相手ということで変化の多い忙しい毎日を送っていますが、日々新しい発見の楽しみがあるので、飽きることなく仕事を続けることができています。職場自体も風通しの良い気軽に働ける職場だと思います。

今は本当に人に恵まれてるなあと思うんですよね。近年は後輩社員も入ってきたので、自分自身もそう思ってもらえるような人間になりたいですね。

(酪農学園大学卒 恵庭農場 齊藤主任 2013年入社)

会社データ

プロフィール

北海スターチック(株)は1971年、雛(Chick:ひよこ)の育成農場からスタートしました。1977年よりたまごの生産を開始、以来北海道の食卓においしさをお届けしています。

きびしい衛生基準をクリアした安全・安心の品質維持はもちろんのこと、 その土地で収穫されたものをその土地の人が口にする「地産地消」を大切に考えています。

関連農場のひとつである、米国ハワイ・オアフ島の農場でも、南国の温暖な気候で育った鶏のたまごを提供し、アイランドフレッシュとして地元の方々に親しまれています。

さらに、食料自給率200%である北海道の農業者の一員として、豊かな自然の中で生産される「北海道メイドのたまご」をアジアの地域に向けて広げています。

これからも「地産地消」を絶やすことなく、毎日新鮮なたまごをお届けできる農場づくりを目指していきたいと考えています。

 代表取締役社長 大森友子

事業内容

PHOTO

【育成農場】
 ●白老農場
 雛(ひよこ)の飼育事業

【採卵農場】
 ●恵庭農場
 ●愛別農場
 ●釧路農場
 成鶏の飼育事業、鶏卵の生産事業

【鶏卵センター】
 ●札幌鶏卵センター
 ●旭川鶏卵センター
 ホクレンより鶏卵の選別包装業務を受託

【本社】
 ●生産本部(育成農場、採卵農場の統括・指導)
 ●業務本部(鶏卵センターの統括・指導)
 ●管理本部(総務・経理)
本社郵便番号 004-0051
本社所在地 北海道札幌市厚別区厚別中央1条6丁目3番1号 ホクノー新札幌ビル4F
本社電話番号 011-802-2567
設立 1971年9月
資本金 4,200万円
従業員 125名
売上高 36億円(2018年3月期)
事業所 ■本  社 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1-6-3-1
■白老農場 〒059-0900 白老郡白老町白老831
■恵庭農場 〒061-1366 恵庭市北島27-1
■愛別農場 〒078-1651 上川郡愛別町豊里1009
■釧路農場 〒084-0921 釧路市美濃11線149-4
■札幌鶏卵センター 〒061-1270 北広島市大曲823
■旭川鶏卵センター 〒079-8441 旭川市流通団地1-2
主な取引先 ホクレン農業協同組合連合会
ホクレンくみあい飼料(株)
岩村養鶏(株)
小岩井農牧(株)
関連会社 (株)ホクザイ
北海道日東(株)
旭川ポートリー(株)
(株)室蘭うずら園
OKポートリーLLC(ハワイ)
社員平均年齢 40.7歳
平均勤続年数 8.6年
沿革
  • 1971年
    • 会社設立
      白老農場(育雛)を開設
  • 1977年
    • 釧路農場(採卵)を開設
  • 1983年
    • 愛別農場(採卵)を開設
  • 1992年
    • 恵庭農場(採卵)を開設
  • 2005年
    • 札幌鶏卵センターの業務開始(ホクレンより受託)
  • 2006年
    • 愛別農場鶏舎増設(第一次)
      旭川鶏卵センターの業務開始(ホクレンより受託)
  • 2008年
    • (株)室蘭うずら園(うずら卵生産・加工販売)を子会社化
  • 2010年
    • 愛別農場鶏舎増設(第二次)
      鶏卵センター業務を(株)ホクザイ(子会社)に移管
  • 2014年
    • 北海道日東(株)(単味飼料の製造販売)を子会社化
  • 2015年
    • 米国ハワイに現地法人OKポートリーLLCを設立
      旭川ポートリー(株)(鶏卵生産販売)と業務提携開始
  • 2016年
    • 白老農場が農場HACCP認証取得
  • 2017年
    • 白老農場鶏舎増設
  • 2018年
    • 恵庭農場鶏舎増設
月平均所定外労働時間(前年度実績) 25時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒004-0051
札幌市厚別区厚別中央1条6丁目3番1号 
ホクノー新札幌ビル4F
北海スターチック(株) 管理本部 採用担当
TEL:011-802-2567 FAX:011-802-2566
URL http://www.h-star.co.jp/
E-mail saiyou@h-star.co.jp
交通機関 JR新札幌駅、地下鉄新さっぽろ駅より徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp228191/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
北海スターチック(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ