最終更新日:2019/3/18

  • 正社員
  • 既卒可

今岡製菓(株)

  • 食品
本社
広島県
資本金
4,000万円
売上高
10億5,800万円(2017年実績)
従業員
58名(パート13名を含む)
募集人数
1~5名
  • 業種 食品
  • 本社 広島県
  • 資本金 4,000万円
  • 売上高 10億5,800万円(2017年実績)
  • 従業員 58名(パート13名を含む)
  • 募集人数 1~5名

1878(明治11)年に尾道市で創業した「粉末清涼飲料」メーカーです。生姜湯やレモネードなど、自然の味を大切にした素朴で良質な商品を、国内外のお客様に届けています

  • 積極的に受付中

どうぞお気軽に会社説明会へご参加下さい。 (2019/03/18更新)

会社説明会の予約受付スタートしました。(※送迎あり※工場見学あり)
2019/3/26(火) 15:00~@尾道本社
2019/3/27(水) 15:00~@尾道本社
2019/4/5(金) 15:00~@尾道本社
2019/4/12(金) 15:00~@尾道本社
当日は疑問点など解消できる機会にできればと思います。
セミナー画面からご予約ください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「ベテランが多い会社なので、新卒者は大歓迎です!」と各部署の社員のみなさん。「先輩方はみんな話しやすくて、頼もしい方ばかり。安心して入社して下さい」
PHOTO
主力商品の「しょうが湯」「レモネード」「抹茶かたくり」など。肌の乾燥を防ぐ機能性表示食品「セラミドレモネード」は2018年秋に発売されたばかり。

選び抜いた国産原料と自社一貫体制の商品づくりが当社の誇りです

PHOTO

「こんなことを手がけてみたい!というみなさんのやる気を尊重します。社内に新しい風を吹き込んで下さい」と5代目の今岡社長。

▼尾道生まれの老舗メーカー
当社の創業は140年前。尾道市の長江という町で、飴菓子を製造・販売する商店として誕生しました。後に豆菓子作りにも着手し、1965年には粉末清涼飲料「飴湯」と「生姜湯」の製造をスタート。転機が訪れたのはその数年後、製薬会社の風邪薬の販促品として提供した「生姜湯」の大ヒットです。単品で売上げが伸びるようになり、会社の知名度・業績もアップ。同じ頃、それまで培ってきた製造技術を活かして、新製品「レモネード」も開発しました。当初、レモンは外国産を使っていましたが、防腐剤問題を受けて、レモンの生産量日本一の瀬戸田町から仕入れるように。果皮まで食べられる瀬戸田レモンは上質で、しかも産地は同じ尾道市です。結果として、地域活性化につながる強いルートを確立できました。

▼安心して口にできる原料選び
当社の主力商品は約9割が粉末飲料で、大きく生姜系・レモン系・抹茶系に分けられます。いずれも原料にはこだわりがあり、瀬戸田町産レモンをはじめ、高知産・広島産の生姜、宇治産の抹茶、砂糖やでんぷんは北海道産を使用しています。国産原料には食の安全はもちろん、原材料を無駄なく丸ごと使えるメリットや、生産者が分かりやすい、いつでも産地を追えるという安心感があります。この方針を徹底し、より良い商品づくりのための研究・開発を続けてきた結果、当社は粉末飲料業界において、国内シェアトップクラスを維持しています。レモンに関しては、広島レモンブームで材料そのものが不足気味ですが、当社には何十年も前から築いてきた瀬戸田町との信頼関係があります。これは独自の強みだと思っています。

▼国内外の販路拡大が目標
数年前から注力しているのが、業務用商品(レモンパウダーやレモンペーストなど)の製造です。外食産業や食品メーカーへのPRで、受注は徐々に増加しています。また、台湾やオーストラリアなど海外に向けた市販品の販売ルートも構築中。海外では生姜ドリンクが好まれますし、日本の抹茶は外国人に大人気です。当社の商品にはまだまだ可能性があるはず。それを信じて、私たちはこれからも前進していきます。みなさんには仕事への意欲と、職場の人間関係を大切にする協調性を求めます。受け継がれてきた当社の歴史を誇りに、価値のある商品づくりに一緒に携わっていきましょう。<代表取締役社長 今岡正英さん>

会社データ

プロフィール

私たちを取り巻く環境は日々変化しています。
求められる商品・技術・サービスも変化し続けています。
創業から現在まで、当社は時代に即しながら組織の変革に取り組んでまいりました。
昨今では安心・安全であるのはもちろんのこと、品質や健康に対する意識も高まってきています。
おいしいを越える付加価値の高い商品が求められています。

当社は国産原料にこだわり商品開発を行っています。
良質な国産原料を使用することにより、産地への貢献また健康的な商品作りを可能にしています。
基礎となる原料にこだわりを持ち、付加価値の高い商品作りを行ってまいります。

受け継がれてきた歴史に誇りを持ち、皆様の健康づくり・豊かな社会づくりのため、価値ある商品を提供し続けてまいります。

事業内容
粉末清涼飲料、業務用商品(果実ペーストなど)の製造・販売
本社郵便番号 722-0212
本社所在地 広島県尾道市美ノ郷町本郷新池田455-9
本社電話番号 0848-48-4111
創業 1878年2月1日
設立 1950年2月28日
資本金 4,000万円
従業員 58名(パート13名を含む)
売上高 10億5,800万円(2017年実績)
主な取引先 日本生活協同組合連合会、(株)日本アクセス、三菱食品(株)、伊藤忠食品(株)
沿革
  • 明治11年
    • 尾道市で創業、菓子の製造開始
  • 昭和18年
    • 企業整備の為全設備を供出
  • 昭和21年
    • 今岡亀次郎(2代目)、尾道市長江1丁目244番地にて飴菓子製造を再開
  • 昭和25年
    • 今岡商店を法人に改組し今岡製菓株式会社を設立 今岡亀次郎(2代目)、代表取締役社長就任 資本金40万円
  • 昭和28年
    • 豆菓子の製造を開始
  • 昭和37年
    • 今岡慶蔵、代表取締役社長(3代目)就任
  • 昭和38年
    • 資本金500万円に増資
  • 昭和40年
    • 資本金1,000万円に増資
  • 昭和43年
    • 新工場を建設し、尾道市栗原町8574番地に本社を移転
  • 昭和47年
    • 日本生活協同組合連合会との取引開始、CO-OP飴製造工場としての指定を受ける(菓子部門のCO-OP第1号商品となる)
  • 昭和49年
    • 粉末飲料「あめ湯」「しょうが湯」の製造開始
  • 昭和50年
    • 資本金1,800万円に増資
  • 昭和54年
    • 製薬会社 三共(株)(現:第一三共)との取引開始
  • 昭和58年
    • 新製品「レモネード」(粉末飲料)を開発し、製法特許を出願 全国的に販売開始
  • 昭和62年
    • 出願中の「レモン果汁粉末の製造方法」が製法特許第1378756号として公告される
  • 平成5年
    • 代表取締役社長 今岡慶蔵(3代目)が代表取締役会長に、専務取締役 今岡寛信が代表取締役社長(4代目)にそれぞれ就任
  • 平成8年
    • 新工場を建設し、現在地(尾道市美ノ郷町本郷新池田455番地の9)に本社を移転、「清涼飲料水製造」の営業許可を取得
  • 平成10年
    • 資本金4,000万円に増資
  • 平成14年
    • 本社倉庫を増築
  • 平成16年
    • ISO9001(2000年版)の認証を取得
  • 平成18年
    • 広島県食品自主衛生管理の認証を取得
  • 平成19年
    • 「かん詰、びん詰食品製造業」の営業許可を取得、「びん詰食品」の販売開始
  • 平成20年
    • 平成20年度 食品衛生優良施設 厚生労働大臣表彰を受賞
  • 平成29年
    • 代表取締役社長 今岡寛信(4代目)が代表取締役会長に、代表取締役副社長 今岡正英が代表取締役社長(5代目)にそれぞれ就任
平均勤続勤務年数 14年 (2018年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 1.3時間(2017年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.2日(2017年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒722-0212
広島県尾道市美ノ郷朝本郷新池田455-9
TEL:0848-48-4111
FAX:0848-48-4611
URL http://www.imaokaseika.co.jp
E-mail ryosuke@imaokaseika.co.jp
交通機関 路線バス:尾道工業団地行(尾道工業団地バス停下車)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp229802/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
今岡製菓(株) と業種や本社が同じ企業を探す。
今岡製菓(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ