最終更新日:2019/3/14

  • 正社員
  • 既卒可

南国興産(株)

  • 農林・水産
  • 環境・リサイクル
本社
宮崎県
資本金
9,000万円
売上高
81億1,695万円(2018年3月期)
従業員
男性208名、女性31名 合計239名(2019年1月)
募集人数
若干名
  • 業種 農林・水産、環境・リサイクル
  • 本社 宮崎県
  • 資本金 9,000万円
  • 売上高 81億1,695万円(2018年3月期)
  • 従業員 男性208名、女性31名 合計239名(2019年1月)
  • 募集人数 若干名

資源循環型社会の構築を目指して

3月開催イベント出展のご案内 (2019/03/01更新)

南国興産は3月に開催される以下の説明会へ参加いたします。

3月2日 合同就職説明会熊本 IN グランメッセ熊本
3月4日 マイナビ就職セミナー宮崎 IN 宮崎市総合体育館
3月5日~6日 合同就職説明会福岡 IN マリンメッセ福岡
3月10日 合同就職説明会宮崎 IN JAAZMホール

あなたのご来場をお待ちしております。
この機会に是非、お越しください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「資源循環型社会の構築」 この取り組みが、この社会を一歩一歩未来へ前進させるものと信じて、これからも活動に邁進します。
PHOTO
感謝の循環=命への恩返し それこそが「エコサイクラウンド!」

私たち南国興産は、資源循環型社会を目指しています!

PHOTO

南国興産には多数の部署があり、若手もベテラン社員も日々成長するために協力し合っています。

私たちは、現代の豊かな社会の発展を、その裏で、一つひとつ支えていきたいと考えています。たったひとつの限りある命の副産物から一粒の肥料を、一滴の飼料油脂を。そのプラントの稼働に必要なエネルギーを、家畜の排泄物から賄う。私たちの製品には、肥料原料や飼料用油脂など、一般の消費者の皆様には、目に触れないものがたくさんあります。それらのすべては、また次の命を生み、育てるために使用されています。
南国興産は、製品の供給を通じて、毎日毎日、感謝を循環し続けます。

南国興産は畜産副産物から、これまでにあらゆるノウハウ生み出し、様々な商品をつくり上げてきました。現場には「誇り」の数だけ「改善」があり、この仕事があるからこそ、輝く未来があると自負しています。利用されることのなかったモノに高付加価値をつける「限りある資源を生かし切るための創意工夫」。問題が生じれば社員一体となって取り組む「徹底管理」。そして、これまでに蓄積されたノウハウは次の命を育むための商品開発に生かされ、「地域農業と社会の発展」に貢献することを目指しています。品質管理に万全を期し、商品がお客様に納品されるまで一貫して社員が携わります。それぞれの役割に情熱と向上心を持って行動できる!そんな人財を歓迎します。

会社データ

プロフィール

南国興産は、限りある命から生まれてくる畜産水産副産物を、徹底した安全管理の下で「肥料・飼料・油」等の資源として再生する仕事に取り組んでいます。
わたしたち南国興産は、常に身近にある資源の有効利用を考え、地域の農業と社会の発展に貢献できる会社を目指しています。
資源循環型社会の構築を目指す農畜水産分野の企業としてこれからも努力し続けます。

事業内容

PHOTO

徹底した安全管理の下、運び込まれた副産物を原料として飼料原料、飼料用油脂、肥料原料等の生産を昼夜通じて行っています。

◆飼料、肥料、動植物油脂の製造及び販売
◆農、水産物(養豚、鰻・チョウザメ養殖)の生産販売
◆産業廃棄物、一般廃棄物の収集運搬、処理処分
◆産業廃棄物処理装置の製造及び販売
本社郵便番号 885-1311
本社所在地 宮崎県都城市高城町有水1941番地
本社電話番号 0986-53-1041
創業 1973年(昭和48年)1月17日
設立 宮崎県都城市高城町に油脂販売会社である(株)FYCの製造メーカーとして設立
資本金 9,000万円
従業員 男性208名、女性31名 合計239名(2019年1月)
売上高 81億1,695万円(2018年3月期)
事業所 ・本社工場   宮崎県都城市
・木城工場   宮崎県児湯郡木城町
・養殖場    宮崎県児湯郡川南町
・養豚場    宮崎県都城市、宮崎県小林市
・北部営業所  佐賀県佐賀市
・北九州営業所 福岡県築上町
株主構成 (株)創循ホールディングス 100%
関連会社 ■(株)創循ホールディングス

■(株)FYC

■南国運送(株)
平均年齢 42歳
沿革
  • 昭和48年~昭和50年
    • 昭和48年 1月 現在地において、支払資本金1,000万円にて        設立
      昭和48年 4月 高城町の誘致企業となる
      昭和48年 9月 操業開始
      昭和50年 9月 飼料用油脂の製造を始める
  • 昭和51年~昭和55年
    • 昭和52年 7月 2,000万円に増資
      昭和53年 5月 発酵肥料試験製造を始める
      昭和54年 3月 魚粉の製造を始める
      昭和54年 4月 連続式フェザーミール製造装置国産1号機導入
      昭和55年 8月 牛豚皮の塩漬加工を全農から受託して操業を始める
      昭和55年 11月 3,000万円に増資
  • 昭和56年~昭和64年
    • 昭和56年 8月 ペットフード用原料ミールの製造を始める
      昭和57年 1月 肥料の自動計量袋詰装置を設置
      昭和57年 4月 連続攪拌発酵肥料製造装置を設置
      昭和61年 3月 9,000万円に増資
              鶏ふんを燃料とする固形燃料ボイラー設置
      昭和61年 4月 湿式法による飼料製造装置導入
  • 平成2年
    • 10月 ペットフードの研究開発を始める
  • 平成3年
    • 10月 事務所新築
  • 平成4年
    • 4月 ペットフード製造棟完成
      9月 原皮倉庫完成
      11月 飼料生原料の自動搬送装置完成
  • 平成5年
    • 1月 ミートボーンミール配合混合機設置
  • 平成7年
    • 5月 宮崎県食品残渣処理協同組合設立
      9月 肥料第一工場完成
      環境保全型畜産確立対策事業を特認団体として着手
  • 平成9年
    • 10月 南九州動物油脂タンク利用協同組合設立
  • 平成10年
    • 5月 事務所三階建てに増築
      9月 ペットフード第二工場完成
  • 平成11年
    • 5月 国有林払い下げ 造成工事着手
  • 平成12年
    • 3月 肥料第二工場完成
  • 平成13年
    • 3月 超音波汚水処理施設導入
      9月 牛処理施設完成
      10月 宮崎県畜産残渣処理協同組合設立
      11月 1億1,100万円に増資
  • 平成14年
    • 3月 超音波汚水処理施設完成
      鶏ふん発電ボイラー完成
  • 平成15年
    • 3月 BSEフリー肉骨粉供給施設整備事業による乾式設備完成  (南九州畜産残渣処理協同組合)
  • 平成16年
    • 12月 ペットフード工場増設
  • 平成18年
    • 6月 スプレードライ工場完成
      12月 食用油脂工場完成
  • 平成21年
    • 3月 豚鶏混合肉骨粉製造ライン新設
      4月 魚粉製造設備更新
      6月 リキッドフィード製造設備新設
  • 平成22年
    • 1月 FYC、南国興産グループの純粋持株会社として、(株)創循ホールディングスを設立
      4月 南国興産 北部営業所の営業開始
  • 平成24年
    • 3月 第二畜ふん発電ボイラー完成
  • 平成26年
    • 4月 (株)シービーフーズを南国興産(株)へ統合
  • 平成27年
    • 4月 (有)日向ひまわりファームを南国興産(株)へ統合
平均勤続勤務年数 2018年3月現在 平均勤続10年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2018年3月期 9時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2018年3月期 8日
前年度の育児休業取得対象者数 2018年3月期取得申請者 4名(うち男性0名、女性4名)
前年度の育児休業取得者数 2018年3月期取得者 4名(うち男性0名、女性4名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 2018年3月期 5%(うち役員0名、管理職1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 南国興産(株)
管理部 総務課
〒885-1311
宮崎県都城市高城町有水1941
TEL/0986-53-1041(代)
FAX/0986-53-1850
mail:saiyou@nangokunet.co.jp
 
URL ホームページURL
https://www.nangokunet.co.jp/
E-mail saiyou@nangokunet.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp230660/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
南国興産(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
南国興産(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ