最終更新日:2019/7/19

  • 正社員
  • 既卒可

(株)ヨシミツ理化

  • その他電気・電子関連
  • 半導体・電子・電気機器
  • 鉄鋼
  • 金属製品
  • その他メーカー
本社
東京都
資本金
67,500千円
売上高
15億5,142万円(2018年度実績)
従業員
66名(本社・工場34名/回路事業部32名)2019年4月現在
募集人数
1~5名
  • 業種 その他電気・電子関連、半導体・電子・電気機器、鉄鋼、金属製品、その他メーカー
  • 本社 東京都
  • 資本金 67,500千円
  • 売上高 15億5,142万円(2018年度実績)
  • 従業員 66名(本社・工場34名/回路事業部32名)2019年4月現在
  • 募集人数 1~5名

【夏採用】【選考直結】【文理不問】【多摩】【市外転勤なし】東京都東村山市でプリント配線板を製造しています。ものづくりの現場を見学しませんか!?【営業職積極採用】

  • 積極的に受付中

7月の説明会、予約受付中です。7/25・30【同日面接OK】【全学部・全職種共通】 (2019/07/18更新)

★☆更新☆★
企業マイページの限定ページに、「全社員社外研修」の様子を掲載しました。
検討リストに登録または当社にエントリーして下さった方限定の記事となりますので、ぜひ登録のうえご覧ください!
  ************************************************************
      ◆ヨシミツ理化 会社説明見学会 7月の日程決まりました◆
  ************************************************************
!!選考直結!!
7月は、25日(木)、30日(火)に開催します。
【説明会終了後に続けて1次面接を実施することも可能です】
会社説明見学会で、実際に働く現場を見てみましょう!
詳しくは、セミナー画面をご覧ください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
金めっきを施す無電解ライン。槽には金を溶かした薬品が入っており、自動機ではロボットがプログラムどおりにめっき加工をします。その設定には人の知識や経験が必要です。
PHOTO
プリント配線板製造の工程の一つである回路形成を行うクリーンルーム。防塵服で作業し、高品質かつ高品位なプリント配線板の製造を行っています。

技術力が強み!業界でも類をみないプリント配線板メーカーです。(営業課長 福本一郎)

PHOTO

「営業職にはそれなりの専門知識が必要ですが、それは後からでも大丈夫。いかにお客様のニーズを引き出せるか?大切なのは“人の話を聞ける”ことではないでしょうか。」

■高度なめっき技術とプリント配線板の製造を通じて電子業界の発展を支えています
 ヨシミツ理化は、1966年に電子部品への機能めっき専業メーカーとして創業しました。プリント配線板は、ICチップなどの各種部品を接続して電子回路としての機能を持たせていますが、各部品間の配線や接続を可能にするため不可欠なのが「めっき」による表面処理加工です。言い換えれば、めっきの品質が電子部品、さらには最終製品の質を左右するといっても過言ではないのです。
1985年からは、表面処理加工で蓄積した技術と豊富なノウハウをベースに、高品質かつ高品位なプリント配線板の製造を開始。現在では、プリント配線板に機能めっきを行う部門と、プリント配線板を製造する部門の2事業を有する、業界でも類をみないプリント配線板メーカーへと成長し、電子業界の発展を支えています。
 当社は設立以来、「技術立社=業界トップの技術力」を掲げて、大手のお客様に信頼される企業をめざしてきました。企業規模は大きくありませんが、プリント配線板のすべてに精通し、2つの部門が互いに技術をフィードバックすることでさらに優れた技術を追求し、数多くの独自技術を開発してきました。その技術力を通じてお客様のニーズにお応えすることで、グローバルトップ企業など、多くの大手のお客様から高く評価されています。

■製造会社の営業職に必要なスキルとは
 当社が製造に関わるプリント配線板は、携帯電話の基地局、自動車、ロボットなど産業分野で使用されるため、多くが受注生産です。そのため当社の営業職に求められることは、技術と各業界のトレンドを常にキャッチアップし、お客様のニーズをとらえて潜在的な要望を顕在化していくこと。それにより、お客様の期待以上の成果でお応えすることをめざしています。
 当社の理念は「信頼と成長」。お客様から信頼され、さらに個々の社員が成長していくことが、会社の成長につながると考えています。現在は、設備の入替えや働き方改革、教育研修制度を整えるなどの取り組みを進めており、事業拡大に力をいれています。
 2020年の運用を目指して検討が進められている次世代通信(5G)など、今後も当社の技術はますます必要とされるでしょう。ものづくりをしたい方も、技術を売りたい方も、ぜひ当社の一員となって更なる電子業界の発展を支えていきましょう!

会社データ

プロフィール

1966年6月/初代代表取締役 黒岩 晃がめっき加工業として美光金属化学研究所を東京都三鷹市に個人創業
1968年12月/(有)ヨシミツ理化を資本金400万円で設立
1973年7月/(株)ヨシミツ理化に改組(資本金1500万円)、本社を東村山市恩多町に移転
1984年12月/本社工場を現在地(東村山市秋津町)に建築
1985年3月/本社移転
1985年4月/回路事業部を新設しプリント配線板の製造を開始
1985年11月/資本金4500万円に増資
1990年9月/資本金6750万円に増資
1998年1月/回路事業部工場の増築
2013年6月/代表取締役に 大川 賢一が就任

事業内容

PHOTO

薬品とは切っても切れない関係です。どんな薬液を使えばご依頼どおりのめっきに仕上がるのか…、日々研究しています。

◇本社工場  ⇒ プリント配線板へのめっき加工
◇回路事業部 ⇒ プリント配線板の製造

≪主な加工方法と用途≫
●本社工場
◇電解硬質金めっき…(SDカードや自動車のシートベルト等)
◇軟質硬質金めっき…(ノギスを含む測定器に使用される基板等)
◇無電解金、パラジュウムめっき…(携帯に使用する基板等)
◇電解・無電解銀めっき…(LED蛍光灯向け基板等)
◇無電解スズめっき…(携帯基地局向け基板等)

≪主な製造方法と用途≫
●回路事業部
◇フッ素樹脂等の特殊な材質を使用した基板…(携帯電話の基地局向け基板等)
◇切削加工技術を利用した端面電極基板…(携帯電話向け基板等)
◇ザグリ加工を利用した基板…(測定器に使用される基板等)
◇2枚の板を貼り合わせた基板…(産業用ロボットやLED搭載基板等)
◇凹凸を無くした平滑基板…(一眼レフカメラ向け基板等)

他にもここではご紹介しきれない多くの技術を利用した、めっき加工やプリント配線板の製造方法があります。

このように、当社では幅広い業界のお客様から、さまざまな製品に搭載されるプリント配線板、めっき処理加工のご依頼を頂いております。
本社郵便番号 189-0001
本社所在地 東京都東村山市秋津町2-17-7
本社電話番号 042-393-2311
創業 1966年6月
設立 1968年12月
資本金 67,500千円
従業員 66名(本社・工場34名/回路事業部32名)2019年4月現在
売上高 15億5,142万円(2018年度実績)
事業所 本社/東京都東村山市秋津町2-17-7
回路事業部/東京都東村山市恩多町1-18-5
平均勤続勤務年数 15年(2019年4月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 21.3時間(2018年1月~12月実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 1名(うち女性1名 2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性1名 2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒189-0001
東京都東村山市秋津町2-17-7
042-393-2311
採用担当:木村
URL http://www.yosimiturika.com
E-mail saiyou@yosimiturika.com
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp231512/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ヨシミツ理化と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ヨシミツ理化を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ