最終更新日:2019/4/6

  • 正社員
  • 既卒可

(株)西部開発農産

  • 農林・水産
  • 食品
  • 外食・レストラン
  • 環境・リサイクル
  • 建設
本社
岩手県
資本金
2,697万円
売上高
5億1,600万円(2018年(平成30年)3月期)
従業員
115名
募集人数
1~5名
  • 業種 農林・水産、食品、外食・レストラン、環境・リサイクル、建設
  • 本社 岩手県
  • 資本金 2,697万円
  • 売上高 5億1,600万円(2018年(平成30年)3月期)
  • 従業員 115名
  • 募集人数 1~5名

Earth to Table ~大地から食卓へ~

  • 受付締切間近

マイナビの受付を開始しました! (2019/03/01更新)

みなさんこんにちは!西部開発農産人事委員会です。
弊社の『企業マイページ』はもうご覧いただきましたか?

『企業マイページ』では通常の掲載情報だけではお伝えしきれない
弊社の具体的な仕事内容や社風等をお伝えしています!

3月10日(日)に東京ビックサイトにて開催される『新・農業人フェア』に
参加致します!!!
ご都合の方、弊社ブースにいらしてください!
http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「Earth To Table 大地から食卓へ」をコンセプトにお客様に安心安全を届けたい想いを表現しています。
PHOTO
明るく忍耐力のある社員が多く働いています。また、当社の経営理念に共感できる方を求めています。

PHOTO

「食を通じて楽しさと大切さを」

当社は創業以来、地域の農地の保全に努めてまいりました。時代の流れと共に、農業情勢は著しく変化し就農人口の減少や農業従事者の高齢化、米価下落等により農村地域の離農が進み、当社への農地の耕作依頼が増えました。耕作面積は創業当初は10ha程度でしたが、現在は900haまでになりました。その中には耕作放棄地や中山間地等農作業をするためには非常に手間のかかる決して条件の良いとは言えない農地も多く含まれています。しかし、私たちはそのような耕作不利地でもできる限りお断りすることなく地権者の依頼に応えられるよう、そしてその農地を最大限生かせるように努力をしてまいりました。なぜなら「食」を生み出すための多くの資源は、農地に依るものであるからです。そして、「食」は人間にとって必要不可欠だからです。

会社データ

プロフィール

本州最大級の約840ヘクタールの農地に、米、大豆、小麦、蕎麦の米穀作物を中心に、野菜類、肥育牛(黒毛和牛)の生産と加工も含めた複合経営です。農作業ができなくなり耕作者がいなくなった農地や、耕作放棄地等の耕作依頼を受け規模拡大をしてきました。米穀作物は、播種~乾燥調製(製品)まで機械化一貫体系で生産しています。昨年、自社直営店(焼肉店)をオープン予定し、安心・安全はもちろん、新鮮、おいしさ、楽しさをお客様にお届けし喜んでいただける、そんな企業を目指しています。

事業内容
農畜産物の生産販売/農作業の受託/農畜産物の加工販売/産業廃棄物の収集運搬・処分/酒類の販売/農業機械の販売、整備、並びに部品の販売/古物営業法による古物商/建設業・土木建築工事業/飲食店経営
本社郵便番号 024-0335
本社所在地 岩手県北上市和賀町後藤1-333
本社電話番号 0197-73-6471
設立 1986年(昭和61年)
資本金 2,697万円
従業員 115名
売上高 5億1,600万円(2018年(平成30年)3月期)
主な取引先 商社、卸売業者、JA等
平均年齢 正社員32歳 パート社員55歳  
沿革
  • 昭和61年4月
    • 北上市和賀町後藤に資本金100万円で設立。照井耕一 代表取締役社長就任。農作業受託開始 小麦50ヘクタール、大豆3ヘクタール。
  • 昭和62年11月
    • 味噌加工開始
  • 平成元年5月
    • 現物出資により資本金2,122万円とする
  • 平成3年3月
    • 平成2年度全国麦作共励会(集団の部)において岩手県1位入賞
  • 平成4年1月
    • 第20回全国豆類経営改善共励会において岩手県1位入賞
  • 平成4年4月
    • 第20回全国豆類経営改善共励会において農林水産大臣賞を受賞
  • 平成4年10月
    • 岩手県農業賞を受賞
  • 平成4年11月
    • 第31回農林水産祭で内閣総理大臣賞(農産部門・経営大豆)を受賞
  • 平成8年2月
    • 岩手県朝日農業賞を受賞
  • 平成8年3月
    • 平成7年度社団法人日本そば協会農林水産省農産園芸局長賞を受賞
  • 平成8年4月
    • 畜産(黒毛和種・肉用牛)部門導入
  • 平成14年10月
    • 本社事務所前を会場に産直祭り開催(来場者約1,000人)
  • 平成19年4月
    • 畜産繁殖(黒毛和牛)部門導入
  • 平成20年11月
    • 公益社団法人大日本農会より第92回農事功績表彰において緑白綬有功賞(複合部門)を受賞
  • 平成22年3月
    • 第39回日本農業賞において大賞を受賞
  • 平成24年5月
    • 照井耕一 代表取締役会長に就任
      照井勝也 代表取締役社長に就任
  • 平成24年11月
    • 岩手日報文化賞産業部門を受賞
  • 平成27年2月
    • ベトナムにおいて農業生産のための現地法人を立ち上げる
  • 平成28年11月
    • 設立30周年祝賀会を開催
  • 平成29年10月
    • 直営店「せいぶ農産発焼肉DININGまるぎゅう」オープン
  • 平成29年3月
    • JGAPの認証を取得(米・小麦・大豆・そば)
  • 平成29年12月
    • 経済産業大臣より地域未来牽引企業に選定される
  • 平成29年12月
    • ASIAGAPの認証を取得(米・小麦・大豆・そば)
  • 平成30年3月
    • 一般社団法人日本蕎麦製粉協同組合理事長賞を受賞
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒024-0335
岩手県北上市和賀町後藤1-333
TEL 0197-73-6471
FAX 0197-73-6475
人事委員会 照井、菅野
URL https://www.seibu-kaihatsu.com
E-mail katsuya@seibu-kaihatsu.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp231757/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)西部開発農産と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)西部開発農産を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ