最終更新日:2019/8/19

  • 正社員
  • 既卒可

HRS(株)

  • 建設コンサルタント
本社
北海道
資本金
2,000万円
売上高
8億4,924万円(2018年3月)
従業員
82名
募集人数
若干名
  • 業種 建設コンサルタント
  • 本社 北海道
  • 資本金 2,000万円
  • 売上高 8億4,924万円(2018年3月)
  • 従業員 82名
  • 募集人数 若干名

私たちは道路や川などの土木施設の調査や設計を行う「建設コンサルタント」です。

  • 積極的に受付中

Web説明会を開催しています。 (2019/08/19更新)

採用担当の大浦です。
8月も後半になって、北海道も涼しくなってきました。
ZoomというWeb会議システムを用いた、Web説明会を開催中です。遠方の方も交通費や移動時間を気にせずに気軽に参加できます。カメラとマイクがついているPCか、スマホがあれば誰でも参加できます。お気軽にお申し込みください。
通常の説明会・面接の申し込みもまだまだ受付中です。
エントリーお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ドローン(UAV)を使った調査の様子。撮影データの3D処理にも対応しています。超音波を利用した非破壊検査など新しい技術を取り入れ精度の向上を図っています。
PHOTO
現地調査が終わると会社に戻りデータをまとめます。道央圏の現場が多いこともあり長期出張や長時間残業などがありません。仕事が終われば自宅でゆっくり休めます。

小樽に根づいた建設コンサルタント。ドローンなど最新技術にも取り組んでいます。

PHOTO

管理技術者として発注者との打ち合わせや社内の調整、現場管理を担当している境井さん。2017年にRCCM(道路)を取得し、技術士を目指して研さんを積んでいる。

当社には「設計診断部」「環境防災部」「情報技術部」「測量補償部」といった部署があり、幅広いコンサルタント業務をカバーしています。私は環境防災部に所属していて、主に道路に関する業務を担当しています。

業務の一例としては、昨年、余市市内の国道の渋滞調査に携わりました。発注者である北海道開発局と打ち合わせをして調査計画を立てるところから始まり、道路の使用許可の申請、アルバイトスタッフの手配、当日のオペレーション…と業務全般を担当。調査が終わるとデータを分析して報告書にまとめました。

今回は、ドローン(UAV)を飛ばして渋滞の様子を上空から撮影したり、ネット地図の渋滞情報のデータと比較するなど多角的に検証しました。数字やグラフだけではなく視覚的にも分かりやすい報告になったと思います。調査結果は道路改良の設計などに生かされる予定です。仕事の成果が身近なところで役立てられるので、やりがいが感じられますね。

そのほかにも、標識・照明・ガードレールといった道路の附属物の点検、騒音・振動・水質といった環境調査もしています。新人社員の方は私や先輩に同行して、こうした簡単な業務からスキルアップしていってほしいと思います。

社風についてですが、「暮らしの基本は毎日自宅に帰ること」といった考え方が浸透していて、社員のプライベートな時間を尊重してくれます。どの部署も小樽や札幌といった道央圏が主なフィールド。長期出張や転勤などがないので、落ち着いて働けます。また若手が調査や測量で現場に出る代わりに、管理職は内勤でフォローするなど、できるだけ残業しないように協力していますね。

環境防災部道路環境課
主任技師 境井雅章さん(2000年入社)

会社データ

プロフィール

 私たちの会社は、小樽と札幌に事務所があります。社員の大部分が電車で約30分のこれら2つの事業所に所属していて、遠方への転勤はほとんどありません。
 我が社の残業時間は27時間程度、建設コンサルタント業界平均の約7割です。業務のほとんどが北海道内で行われます。土木なので外の仕事がある部門も多いのですが、大半が日帰りで、3日以上の出張は最も多い社員でも年に数回です。
 毎日家に帰って家族と過ごす。そんな普通の生活を営みながら、社会に貢献しませんか。

 私たちの会社は、運河で有名な小樽に1971年(昭和46年)に創業した、測量・土木設計・環境調査・地質調査・家屋調査・地理情報技術などを専門とする「建設コンサルタント」です。創業以来、「公共」の仕事に関わり続けており、私たちが調査し、設計した土木施設があちこちにあります。小樽のすぐ近くにある積丹半島は海産物で有名ですが、そこで採れた魚は、私たちが調査し、設計した道路を通って消費地に運ばれています。
 そして、既存の施設の点検診断、ドローンによる地形調査、3Dモデルの構築、地理情報システムの開発・運営等、これからも新たなアプローチで社会に貢献し続けていきます。

事業内容
【土木設計】
道路・河川などの土木に関わる施設を設計する仕事です。
【測量・地理情報技術】
地形や用地の状況を調査します。ドローンやレーザーを用いて地形情報を取得し、地理情報技術者が3Dモデルを構築するといった仕事も増えています。これ以外に地図にデータベース機能を付加した地理情報システムの開発・運用なども実施しています。
【環境調査】
騒音や振動、大気、水質、動植物の調査などを実施します。
【地質調査】
ボーリング調査などの方法で、地下の状態を調べます。
【家屋調査】
工事に伴い移転が必要な建物を調査して、補償費を算定する資料を作ります。建築だけではなく、会計に関する知識も必要です。
【各種施設点検】
各種施設の点検・診断:橋梁や標識など既存の土木施設を点検して、補修の必要性を診断する仕事です。海外ではこれをきちんとやらなかったので、突然橋が崩れたりしています。
本社郵便番号 047-0005
本社所在地 小樽市勝納町8番39号
本社電話番号 0134-22-7710
設立 1971年(昭和46年)2月(2008年2月社名変更)
資本金 2,000万円
従業員 82名
売上高 8億4,924万円(2018年3月)
事業所 札幌事務所
東北事務所
業績 売上高:7億5,474万円 経常利益:5,752万円 (2015年度)
売上高:7億7,092万円 経常利益:2,757万円 (2016年度)
売上高:8億4,924万円 経常利益:4,642万円 (2017年度)
主な取引先 北海道開発局(各開発建設部)、北海道(各建設管理部)、後志管内各市町村
平均年齢 51歳
沿革
  • 昭和46年2月
    • 北海道調査測量(株)設立製図・写図事業を開始(小樽建設協会内)測量業登録
  • 昭和47年4月
    • 測量事業・道路調査事業(交通量調査)を開始
  • 昭和56年
    • 調査事業(地質・土質・水質・環境調査)を開始
  • 昭和58年
    • 本社を小樽市潮見台1丁目2-26に移転
  • 昭和61年
    • 本社を小樽市勝納町8番39号に移転
  • 平成2年
    • 補償調査を開始
  • 平成6年
    • 協和技研と北海道調査測量(株)合併、札幌営業所開設 建設コンサルタント登録
  • 平成7年
    • 補償コンサルタント登録
  • 平成10年
    • 地質調査業登録
  • 平成14年12月
    • ISO9001取得
  • 平成15年
    • 土壌汚染対策法に基づく指定調査機関として登録
  • 平成18年
    • 特定派遣事業登録
  • 平成20年
    • 社名を「HRS(株)」に変更 札幌営業所を「札幌事務所」に変更 
  • 平成21年
    • 計量証明事業登録(音圧レベル・振動加速度レベル)
  • 平成24年
    • 東北事務所を開設
  • 平成30年7月
    • 労働者派遣事業許可
平均勤続勤務年数 12年(2018年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 27時間(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9日(2018年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 HRS(株)
〒063-0829 札幌市西区発寒9条13丁目1番3号 駅前プラザ発寒2F
HRS株式会社 札幌事務所
担当者:管理部 採用担当
TEL 011-667-0385 / FAX 011-667-0387
URL https://h-r-s.co.jp/
交通機関 JR函館本線小樽築港駅より徒歩10分 
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp232624/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
HRS(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ