最終更新日:2019/7/31

  • 正社員

社会福祉法人マーシ園

  • 福祉サービス
本社
富山県
資本金
公益法人のためなし
売上高
2017年度 6億8,743万7,500円
従業員
106名
募集人数
1~5名
  • 業種 福祉サービス
  • 本社 富山県
  • 資本金 公益法人のためなし
  • 売上高 2017年度 6億8,743万7,500円
  • 従業員 106名
  • 募集人数 1~5名

慈愛の心で地域に根ざした福祉をめざします。

伝統的な井波彫刻で有名な富山県南砺市にある法人です! (2019/04/25更新)

こんにちは!
社会福祉法人マーシ園 採用担当の山田です!
この度は、当施設のページをご覧いただき、ありがとうございます。

まずは施設見学会へお越しください。
マイナビのセミナー予約画面よりご予約受け付けております。

皆さまにお会いできることを心よりお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
生活支援員や作業療法士、理学療法士など、さまざまな職種の職員が連携し、ご利用者さまの生活支援、自立や就労、社会参加を支援します。職員の仲もよく、明るい職場です。
PHOTO
生活支援員は、ご利用者さまの日常生活や余暇・生産活動を支援します。家庭的な雰囲気の中で喜んでもらえるよう、季節の行事も企画。「一緒に楽しむ」姿勢が大切です。

慈愛(マーシ)の心で地域に根ざす福祉の拠点。障がいを持つ方の自立や社会参加を支援

PHOTO

「施設の特徴を理解し、イメージとのギャップを埋めていただくために、ぜひ一度見学に来ていただくことをお勧めします」と話す、マーシ園木の香の豊川施設長。

 当施設は1959年に県内初の身体障害者授産施設として開設し、今年60周年を迎えます。法人理念に「慈愛(マーシ)の心で地域に根ざした福祉をめざします」を掲げ、障害者支援施設の入所支援、生活介護(通所含む)、短期入所、グループホーム、就労支援、ヘルパー派遣など8事業を展開しています。施設のご利用者さまだけでなく、南砺市の委託事業として地域活動支援センターの運営を行い、障がいのある方の相談受付や社会参加を支援しています。
 多機能型就労支援事業所では、障がいのある方の意欲や個性、能力、ニーズにあわせて5種類の生産活動を行い、井波の伝統工芸である木彫や軽作業、洋裁・編物のほか陶芸作業を提供しています。また、新商品のレトルトカレーの箱詰めなどがありモノづくりを通して、皆さんが自分らしく意欲的に働いています。

 当施設のご利用者さまの年齢層は幅広く、障がいの種類もさまざま。家庭的な雰囲気の中、障がいを持ちながらも趣味や仕事を生きがいに活き活きと生活を送る方や、機能回復を目指して熱心にリハビリに取組む方が多いです。職員はご利用者さま一人ひとりをかけがいのない存在として大切にし、向き合い、その人に合った支援を提供しています。ご利用者さまの意思を尊重し、自己実現を応援することは大きなやりがいであり、自立や社会参加、就職できた時の喜びは、自分のことのように嬉しいです。

 職員は106人(2018年10月現在。嘱託、臨時、パート含む)。幅広い年齢層で、世代の垣根を超えた活気ある職場です。職員の「夢を叶え、チャレンジ」を応援するため、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士などの資格取得支援や、職員の育児や介護を応援する「イクボス宣言」も行なうなど、働きやすい職場環境づくりに努めています。
 この仕事で最も大切なのは、ご利用者さまと同じ目線でコミュニケーションができ、協調性をもって、自分自身も一緒になって仕事を楽しめることです。また、障がい者福祉施設の仕事に関心があり、積極性や自己(健康)管理、仕事のオンオフの切り替えが上手な方、趣味や社会活動される方を歓迎します。
 今後の展望としては、「マーシ園八乙女」の移転新築も計画されています。これからもご利用者さまの自己実現を図るため、さまざまな支援を続けるとともに、地域に根ざした法人として努めていきます。
〈マーシ園木の香 施設長 豊川覚〉

会社データ

プロフィール

1959年の創立から60年を経る中で、社会福祉法人マーシ園では富山県砺波福祉圏域に備わる豊かな社会資源と奥深い歴史、文化を互いに尊重し、認め合いながら、地域福祉の発展と利用者支援の向上を目指して新たな福祉サービスの挑戦に歩みを進めています。今日に至るまで幾多の困難がありましたが、先人たちの英知によって危機を克服し現在に至っております。
2019年に創立60周年を迎えるに当たり、地域生活福祉拠点の一翼を担うべく複数の事業を展開しており、「マーシ園中期経営計画」および「マーシ園マスタープラン」では、10年後における福祉サービスの基本方針を位置付けています。
目標とする将来像は“選ばれる法人”“利用し続けたい法人”を掲げ、地域とともに一体的な事業を展開していきます。

事業内容

PHOTO

重い障がいを持つ方の日常生活をサポートする「マーシ園木の香」は、地域福祉の場としても利用されています。地域住民やボランティアも訪れ、交流の輪が広がっています。

障害者支援施設マーシ園八乙女
 障害に応じた介護や就労支援を提供
障害者支援施設マーシ園木の香
 重度障害者への日常生活や機能訓練を提供
多機能型就労支援事業所マーシ園すてっぷ
 就職の支援、より多くの作業工賃を得るための支援を提供
なんと共同作業所
 日々の軽作業を通した生活支援を提供
マーシ園ヘルパーステーション
 在宅での日常生活への支援を提供
地域活動支援センターピアサポートあい(相談支援センターあい)
 通所による生活支援、生活上の悩みや問題に関する相談支援を提供
マーシ園グループホーム(ホーム風に谷、ホームふくの実)
 地域で一人暮らしを目指す方の生活訓練を提供
本社郵便番号 932-0242
本社所在地 富山県南砺市谷142番地 マーシ園
本社電話番号 0763-82-0490
資本金 公益法人のためなし
従業員 106名
売上高 2017年度 6億8,743万7,500円
事業所 障害者支援施設マーシ園八乙女
障害者支援施設マーシ園木の香
多機能型就労支援事業所マーシ園すてっぷ
なんと共同作業所
マーシ園ヘルパーステーション
地域活動支援センター ピアサポートあい(相談支援センターあい)
マーシ園グループホーム(ホーム風の谷、ホームふくの実)

平均年齢 41.4歳(2017年度実績)
平均勤続年数 8.8年(2017年度実績)
平均給与 278,000円(2017年度実績:正規職員)
前年度育児休暇取得者数 1名(うち女性 1名、男性 0名)
管理職に占める女性の割合 50%(10名中  女性 5名  2017年度実績)
沿革
  • 1959年12月
    • 富山県旧井波町山見地内に身体障害者授産施設を設置し事業を開始する
      社会福祉法人マーシ園の設立認可を受ける
  • 1962年3月
    • 富山県旧井波町井波地内に園舎を新築する
  • 1973年5月
    • 富山県旧井波町谷地内(現在地)に園舎を移転新築する
  • 1973年7月
    • 重度身体障害者授産施設の指定を受ける
  • 1982年4月
    • 通所制度対象施設となる
  • 2003年7月
    • 相談支援事業を開始する
  • 2004年4月
    • 身体障害者療護施設、デイサービスセンターを開所する
  • 2007年4月
    • 重症心身障害児(者)通園事業を開始する(2012年3月廃止)
      居宅介護事業を開始する
  • 2009年10月
    • 創立50周年記念式典
  • 2011年4月
    • なんと共同作業所の事業譲渡を受ける
      地域活動支援センターを南砺市から受託する
      障害者自立支援法 新体系に移行する
  • 2013年4月
    • ホーム風の谷を開所する。(福祉避難所を併設)
  • 2017年3月
    • ホームふくの実を開所する。(福祉避難所を併設)
平均勤続勤務年数 2018年度 8.79年(正規職員)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4.75日(2017年度実績)

採用データ

先輩情報

【相談支援専門員】チームで地域生活を支える仕事
森田博
2008年入社
30歳
富山福祉短期大学
社会福祉学科社会福祉専攻
相談支援センターあい
相談支援
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒932-0242
住所:富山県南砺市谷142番地
部署:マーシ園八乙女 事務長 山田 浩司
TEL:0763-82-0490
URL hppt://www.mercy-en.or.jp
E-mail yaotome@mercy-en.or.jp
交通機関 最寄り駅  JR城端線 福野駅よりタクシー20分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp233747/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人マーシ園と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ