最終更新日:2019/4/11

  • 正社員

(株)ダッドウェイ

  • 商社(その他製品)
  • 専門店(その他小売)
  • ゲーム・玩具・アミューズメント製品
  • 日用品・生活関連機器
  • 教育
本社
神奈川県
資本金
3,000万円
売上高
69億円
従業員
295名
募集人数
1~5名
  • 業種 商社(その他製品)、専門店(その他小売)、ゲーム・玩具・アミューズメント製品、日用品・生活関連機器、教育
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 69億円
  • 従業員 295名
  • 募集人数 1~5名

しあわせな家族づくりをお手伝いするため、新しい育児文化を世界に創出します。

  • 積極的に受付中

本年度の応募は終了いたしました。 (2019/04/11更新)

当社のページにお越しくださり、ありがとうございます!

大変申し訳ございませんが、本年度の募集を締め切らせていただきました。
今後の予定につきましては、決まり次第更新いたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
自由な服装で働けて、オフィスはカジュアルな雰囲気です。仕事仲間をお互いに深く知り、助け合いの気持ちを持って働ける環境づくりに努めています。
PHOTO
週1回、本社リラックスルームにて「朝の対話」を開催。自由参加で、社長と副社長と一緒になって生き方や哲学などの様々なテーマについて語り合う場としています。

子どもの成長を“みんな”で楽しめば、家族はもっと幸せになれる

PHOTO

起業前から大のアウトドア好きで、今年は新たにウインドサーフィンを始めたという白鳥社長。休日にはお孫さんを連れてキャンプも楽しんでると語ってくれました。

◆子どもの成長を喜び、その幸せを家族が分かち合う
 起業の構想は、私自身の育児経験から生まれました。子育ては戸惑いの連続ですが、それをはるかに上回る喜びや幸せがあると知り、「子どもの成長を知らないのはもったいない」と感じるようになりました。そこで、「子育てをもっと面白く楽しく感じられるようにしたい」「もっと笑顔があふれる家族にするためのお手伝いがしたい」――そんな思いからダッドウェイは誕生しています。男女雇用機会均等法の施行も後押しをして、誰もが家族のために働き、育児や家事を分担する時代となりました。

 今でこそ分担して育児をするのは当たり前になりましたが、1992年創立当初はまだ時代を先駆けている考え方だったこともあって、メディアにはずいぶん取り上げられましたが、はじめから順風満帆だったわけではありません。私たちの提案が徐々に受け入れられるようになり、家族で過ごす時間も大切に、そして楽しもうとする意識が高まりはじめ、ビジネスとして軌道に乗るまでには数年かかりました。


◆一人ひとりの社員が幸福になれる経営を追求
 ダッドウェイの強みは、何といっても商品力と提案力です。オリジナル商品のほか、欧米を中心に世界中の育児関連メーカーのグッズを取り扱っていますが、その採用を決定するにはメーカーのコンセプトをはじめ、機能性やデザイン性、安全性において非常に高いハードルを設定しています。仮に商品のアイデアは良いものの品質に不安がある場合は、メーカーをサポートして品質管理を向上させるほどです。

 今後は「モノ」と並行し、家族のつながりを深める「コト」の提案も大切にしたいと思い、室内遊び場の運営といった事業も展開し始め、大人も子どももいっしょに楽しめる空間を提案しています。

 ダッドウェイで働く社員の共通点を一言で表すなら「好奇心」です。ヒトやモノへの強い興味を出発点として愚直な姿勢で行動し続けられれば、若い方々もきっと大活躍する道が見つけられるでしょう。2019年度より「幸福学」の見地から「Well-being経営」を掲げます。一人ひとりの社員が仕事と家庭をいかに充実させて仕事の生産性を高め、人生を幸福にしていくかを追求したいと考えています。そんな環境で、日本中の家族をもっと幸せにできるアイデアを生み出し、広く世の中へ発信していきましょう。

<代表取締役社長 白鳥公彦>

会社データ

プロフィール

 お父さんの子育てをもっとおもしろ楽しくしたい!
 ペットとのふれあいをもっとおもしろ楽しくしたい!
 笑顔のあふれる家族でいっぱいに
 ダッドウェイはしあわせな家族づくりをお手伝いします

これがダッドウェイの企業理念=私たちが目指すことです。

ダッドウェイは“イクメン”という言葉が生まれるよりも前から、
お父さんの育児を、そして家族みんなを笑顔にするような商品や企画を提案してきました。
現在、そして未来の子育て世代にも選ばれ続けるため、ペット事業への参入をはじめ、自社ブランドの海外輸出事業、直営店事業のエリア拡大など進化を続けています。

事業内容
■輸入・販促部門
日本未上陸の海外ベビー・キッズ商品を輸入する部門。
日本の高い基準に合わせ、プロモーション戦略を立てます。

■商品開発部門
ベビー・キッズのオリジナル商品を企画・開発する部門。
デザイナーと共に、国内外の家族をしあわせにする商品を日々開発しています。

■直営店部門
当社取扱商品を直接お客様にお届けする小売部門。
店舗の運営やイベントの企画を行います。

その他、ペット商品の企画・販売を行うペット部門や
当社取扱商品を取引先様に販売する卸営業部門などがございます。
本社郵便番号 222-0033
本社所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-12
本社電話番号 045-471-3443
設立 1992年10月1日
資本金 3,000万円
従業員 295名
売上高 69億円
沿革
  • 1992年
    • 10月1日(株)ダッドウェイ創立。
      横浜市神奈川区菅田町に営業所を開設し、27品目の販売を開始。
  • 1993年
    • フランス・フィレ社製抱っこひも「tonga」販売開始。
      ダッドウェイの超ロングセラー商品となる。
  • 1994年
    • ベビーバッグ社製「フリース」を発売開始。
      日本のベビー市場で初めてフリース製品を紹介。
  • 2001年
    • サッシー社と正式代理店契約を結ぶ。
      リクルート社「赤すぐ」誌上で「Sassy」がデビュー、大反響に。
  • 2003年
    • ダッドウェイオリジナル“アートシリーズ”制作開始。
      イギリスのベビーバギー「MICRALITE」で、ベビーカー市場に本格参入。
  • 2004年
    • 「Petstages」販売開始。ペット業界に参入する。
  • 2006年
    • “アートシリーズ”が、「Solby」としてブランド展開開始。
  • 2007年
    • 直営店事業を開始。
      大阪吹田市に営業所を開設。
      横浜市との協働子育て支援を開始。
  • 2008年
    • ハワイの抱っこひも「Ergobaby」を導入。
      よこはまグッドバランス賞「働きやすく子育てしやすい事業」認定企業として受賞。
  • 2012年
    • 物流倉庫(LOGISTORAGE)の自社管理を開始。
  • 2013年
    • オリジナルアパレル「DADWAY Apparel」デビュー。
      「よこはまグッドバランス」ブロンズ賞受賞。
      働きやすく、子育てしやすい中小企業として継続賞。
      (認定3回目 2010年、2011年、2013年)に受賞。
  • 2015年
    • 男女共同参画貢献推進賞受賞。
      「kodomonia! SHOP BY DADWAY」施設プロデュース。
      オリジナルテキスタイルブランド「D BY DADWAY」発売。
      ペット用品のオリジナルブランド「FAD」「FAD+」デビュー。
  • 2016年
    • 室内遊び場「DADWAY PLAYSTUDIO」オープン。
  • 2017年
    • 横浜健康経営認証2017クラスAA表彰。
      創立25周年「感謝の記」プロジェクト。
  • 2018年
    • 「Ergobaby」日本上陸10周年。
      マグネット入り積み木「tegu」、コルク玩具「elou」発売。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 約12.5時間(2017年実績)

採用データ

先輩情報

お客様、従業員の幸せを目指して
S.M.
2016年新卒入社
上智大学
総合人間科学部心理学科
管理本部 人事総務グループ
従業員の働く環境を整える
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ダッドウェイ
新卒採用担当:渡部・関口

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-12
TEL:045-471-3443
MAIL:recruit@dadway.com
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp234370/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ダッドウェイを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ