最終更新日:2019/8/7

  • 正社員
  • 既卒可

印南養鶏農業協同組合

  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 農林・水産
本社
兵庫県
資本金
9,969万5,000円
売上高
57億332万6,000円
従業員
420名
募集人数
若干名
  • 業種 食品、商社(食品・農林・水産)、農林・水産
  • 本社 兵庫県
  • 資本金 9,969万5,000円
  • 売上高 57億332万6,000円
  • 従業員 420名
  • 募集人数 若干名

秋採用 東北から沖縄まで、全国の学校給食や生協に安全な食品を販売

兵庫県地元密着の食品メーカー印南養鶏農業協同組合 (2019/06/18更新)

こんにちは。この度は数ある企業の中から弊社の採用ページにアクセスいただき
ありがとうございます。
説明会、工場見学については随時行いますので、ご希望がございましたら電話での
ご予約をお願い致します。

会社紹介記事

PHOTO
2018年度の新卒入社は高卒1名、大卒1名の計2名。2017年度は大卒1名。2016年度は高卒2名、大卒4名の計6名。入社後は揃って研修を受け、交流を深めている。
PHOTO
経営において最も大切にしているのは法令遵守。お客様の信頼と満足を得るために、安全で安心な商品の提供を最優先している。

印南養鶏農業協同組合について

PHOTO

「個性を大切にする社風。自分の意見を言い、相手の意見を受け止め、切磋琢磨しながら誠実な気持ちで仕事に取り組める人材を求めています」。(代表理事組合長 松尾邦光)

印南養鶏農業協同組合は、設立以来鶏と共に歩み、鶏卵・鶏肉を糧として地域社会に貢献することを無上の誇りとしてきました。

私どもの生活は、豊かな食物に恵まれた暮らしに変わりました。しかし、一方では食品の安全性に暗い影を落としている昨今です。

組合のシステムは、つとに定評を頂いているとおり、安全な飼料によって鶏を飼育し、安心できる鶏卵・鶏肉を生産しています。その清浄な卵・肉を原料に品質の高いチキン加工食品を世に送り出してきました。雛から製品まで、そして流通に及ぶ全体制のクリーン化は完成しています。

いたずらに食品のロマンを追い求め、グルメの探求に溺れることなく、「食は命なり」を真しに追究し、食の針路を踏み分け前進する「インナミ」をご支援ください。

組合は、食品を供給する事業者として、食の安全・安心の追及を進める事と、独創的なアイデアが盛り込まれた商品を提案する事を基本として活動しています。
食品関連の事業は健康と生命にかかわる大事な仕事だけに、法律を守ることは勿論、顧客に満足していただく事が最優先です。
事業所はすべて兵庫県内に所在していますが、製品を通じて生活する全国人々の食生活と私たちを取り巻く経済・社会の発展に寄与できる様に心がけています。
組合は人材の育成・商品の育成・事業の育成をし続けますが、その中心となるのは、どんな苦難にも勇敢に立ち向かう高い意志を持った人です。
組合には入組した人の活躍できるフイールドが用意されています。
組合は職員が生き生きと働き、幸せを感じられる職場環境と制度の充実も図っていきます。

当組合の理念に共感していただける方の応募を期待します。

<経営理念>
1. 私たちは、新たな価値を創造し、お客様のニーズに応える安全で安心な質の高い食生活を提供します。
2. 私たちは、法令を遵守し、オープンでフェアな事業活動を行います。
3. 私たちは、地球環境の保護、人々の健康と安全の確保に積極的に取り組みます。
4. 私たちは、地域社会を尊重し、地域に根ざした事業活動を通じて、経済・社会の発展に貢献します。
5. 私たちは、開かれた取引関係を基本に、互いに創意と工夫に努め、長期的な成長と共存共栄を実現します。
6. 私たちは、一人ひとりがお互いを尊重し、自己実現できる活力あふれる明るい企業を作ります。

会社データ

プロフィール

鶏肉、鶏卵、食肉加工品を製造販売する養鶏専門農協として、1953年に設立。
兵庫県の学校給食からスタートし、近隣の岡山、大阪へと評判が広がりました。その後、消費者に無添加食品への関心が高まり、当社の製品への需要も増え、現在は東北から沖縄まで、全国の学校や生活協同組合とお取引しています。
経営とは常に挑戦領域への踏み込みであり、その創意工夫努力が利益になってかえってくるという構図です。
今後は、高齢者向けの加工食品の開発、総菜加工品の開発、親鶏肉加工品の製造販売に力を入れていきます。

事業内容

PHOTO

原料の調達から販売まで一括管理。養鶏専門の農協です。

鶏肉加工品製造販売
本社郵便番号 675-0045
本社所在地 兵庫県加古川市西神吉町岸802
本社電話番号 079-432-4129
設立 1953年6月18日
資本金 9,969万5,000円
従業員 420名
売上高 57億332万6,000円
事業所 土山事業所  兵庫県加古郡稲美町六分一1362-40
加古川事業所 兵庫県加古川市西神吉町岸802
姫路事業所  兵庫県姫路市白浜町甲841-41
業績 売上高  57億332万6,000円
経常利益  1億8,932万円

(2018年3月)
主な取引先 イオン、マックスバリュ、日生協、全国の生活協同組合、全国の学校等
平均年齢 42.7歳
平均勤続年数 15.7年
沿革
  • 昭和28年
    • 印南郡養鶏農業協同組合として設立認可。
  • 昭和30年
    • 自治体合併による印南養鶏農業協同組合と名称を変更。
  • 昭和37年
    • 組合事務所、資料倉庫、共同選卵場、食鶏処理場を高砂市米田町に完工。
      加古川市に営業所を開設。
  • 昭和39年
    • 高砂市に配合飼料のストックポイント、並びに配送基地建設。
  • 昭和42年
    • 三木市に雛の共同育成農場を建設。
  • 昭和46年
    • 加古川市に成鶏肉処理加工合理化事業としてインナミ食品センターを建設。
  • 昭和47年
    • 食品センター 兵庫県健康教育公社の指定工場となる。
      インナミ食品のブランドによる学校給食に進出。
  • 昭和52年
    • 本部を加古川市西神吉町に移転。
  • 昭和55年
    • 食品センター増設。
      加古川市西神吉町に独身寮建設。
  • 昭和57年
    • 食鳥処理ラインを刷新、増産態勢成る。
  • 昭和58年
    • 食品センター増設。
      原料安定供給モデル事業として冷凍、冷蔵施設を建設。
  • 平成元年
    • 食鶏高度加工センターを稲美町に新設。
      食品センターに名称変更。
  • 平成5年
    • 食鶏検査制度に伴う食鳥処理ラインを更新。
  • 平成13年
    • 食品センター第二次工場増設。
  • 平成14年
    • 姫路加工センターを白浜町に開設。
  • 平成16年
    • ISO9001・14001認証取得。
      食鳥処理施設更新。
  • 平成17年
    • 成長戦略プロジェクトキックオフ。
      畜産大賞他 地域畜産振興部門 優良賞受賞。
  • 平成18年
    • 第20回 兵庫県食品衛生大会において食鳥センターが食品衛生優良企業として知事表彰を受ける。
      ISO9001・14001 UKS認証取得。
  • 平成20年
    • BANBANラジオ『鶏屋のひね酢』CM放送。
      サンテレビ『鶏屋のひね酢』CF放映。
      サンテレビ”金曜いただき!”で『鶏屋のひね酢』紹介。
  • 平成21年
    • ISO9001・14001 更新以降審査。
  • 平成22年
    • 兵庫県認証食品の認証継続審査。
      『鶏屋のひね酢』兵庫県認証食品認証。
      『鶏屋の炙り塩焼き』兵庫県認証食品認証。
      印南養鶏OB会 設立総会。 会報誌『絆』創刊。
  • 平成23年
    • 松尾邦光組合長、県農林水産厚労者賞受賞。
      販売管理等基幹システム更新。
  • 平成24年
    • フードアクションニッポンアワード2012 受賞
  • 平成25年
    • 金治志津夫専務、県農林水産厚労者賞受賞。
平均勤続勤務年数 15.7年(2017年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 13.4時間(2017年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.8日取得(2017年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(2017年実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(2017年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%(2017年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒675-1112
兵庫県加古郡稲美町六分一1362-40
印南養鶏農業協同組合 管理部
竹内・福田
TEL 079-495-7771
URL http://www.innami.or.jp
E-mail a.fukuda@innami.or.jp
交通機関 JR西日本 土山駅より神姫バス 母里(もり)~土山駅系統で約12分
川北口バス停下車徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp234996/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
印南養鶏農業協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ