最終更新日:2019/8/23

  • 正社員
  • 既卒可

(株)花見台自動車

  • 輸送用機器
  • 自動車・自動車部品
  • 機械設計
  • 機械
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
本社
福島県
資本金
2,800万円
売上高
18億8,700万円(2018年9月期)
従業員
101名(2018年6月現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 輸送用機器、自動車・自動車部品、機械設計、機械、商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 本社 福島県
  • 資本金 2,800万円
  • 売上高 18億8,700万円(2018年9月期)
  • 従業員 101名(2018年6月現在)
  • 募集人数 1~5名

【交通費支給】専務が話す会社説明会受付中!”日本初”のスライド型積載車両『セフテーローダ』を開発!◆事務職・技術職・営業職、夏採用募集中!◆

【交通費支給】8月2日・9日説明会受付中!! (2019/07/26更新)

こんにちは!(株)花見台自動車の採用担当です。
数ある企業の中から当社へアクセスいただき、誠にありがとうございます!

【8月説明会予定!!】
・08/02(金)
・08/09(金)

詳細の御確認・ご予約は、マイナビ上当社ページからお願いします!

2020年卒採用では、【技術職・営業職・事務職】の募集を行っております。
エントリーいただいた方には採用に関する情報を随時お伝えいたしますので、
まずはマイナビよりぜひエントリーをお願いいたします!

その他ご質問等ございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

あなたにお会いできる日を、心より楽しみにお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
花見台自動車のセフテーローダ架装車両は、工事現場を中心に幅広く活用されている。街中で活躍する製品そのものが広告となって、新たな引き合いにつながる。
PHOTO
クライアントの細かなご要望にお応えするのが当社の特徴。そのうえで、いかに効率よく製造するかが課題であり、設計業務の重要な役割でもある。

スライド式のトラック荷台「セフテーローダ」の開発元にしてトップメーカー

PHOTO

新しい仲間を受け入れるにあたって「会社も変わっていかなければ」と語る能條専務。会議などコミュニケーションの場を増やし、より意見が言いやすい環境にしたいと話す。

当社は、スライドボディー「セフテーローダ」の製造と販売に取り組んでいます。これは荷台を油圧シリンダーで後方にスライドして地面と接する仕組みで、この機構によって荷物や車両の積み下ろしをすみやかに安全に行うことが可能となっています。セフテーローダは、主に工事現場などで建機の運搬        に活用されてきました。公共事業との関わりも強く、最近では2020年に向けた競技会場やインフラの建設現場でも使用されています。スライドボディーのメーカーは国内に数社しかありません。当社はそのパイオニアとして、長年培ってきた技術力と経験をもとにお客様満足度の向上に努めてきました。

セフテーローダが誕生したのは1972年。私の父で創業者の能條健二が中心となり、世界で初となる荷台スライド式ボディーを作りあげました。
当社の特徴と強みは、その企画力にあります。お客様のご要望に応じて1台1台細かい仕様に対応し、製品を設計・開発・製造。同じような製品に見えても、使う現場や運ぶ物によってサイズも変わってくるのです。例えば、精密機械を運ぶ際には荷物が揺れないよう固定するため、多数のフックを付ける必要があります。こういった細かい仕様変更への対応は、お客様からいただく評価の声につながっています。半面、1台1台の製造に時間が掛かってしまうため、安全性や質を担保しながら、いかに効率よく製品を製造していくかが大きな課題です。重い車両を運ぶための走行安定性、長く乗り続けるための耐久性なども重視し、製造中に細かいチェックを繰り返していることも求められます。

現在、公道を走っていると自社製問わず、1台積車両運搬車を見ない日はありません。1日に数台は建機や車を運ぶセフテーローダを目にします。このことから、セフテーローダの需要が高まっているといえるでしょう。今後は既存のセフテーローダを基本にしつつ、より使いやすい車両を開発していくことに取り組みたいと考えています。そのために必要なのが、これからの当社を支えていく人材です。どんな仕事でも大変なことが多々あるかと思います。厳しい状況でも、それを受け入れて前向きに改善できる方と一緒に働きたいと考えています。スポーツやアルバイトなどで高いハードルを乗り越えた経験がある方、明るく前向きに仕事に取り組んでいただける方のエントリーをお待ちしております。
(能條幹也/専務取締役・1995年入社)

会社データ

プロフィール

1965年に自動車整備工場といて創立した当社は、その度独自の技術より【日本で一番最初】にスライドボデー式車輌、重機運搬車『セフテーローダ』を開発し、以来特殊車両の開発・設計・製造・販売を行なっている輸送機器製造販売会社です。『セフテーローダ』は1972年に、自動車修理業を営んでいた弊社創業者である能條健二が、安全な積み降しによる効率化と低コスト化を目指して世界に先駆け開発いたしました。
初めは納車引取りの業務を改善する為に実際に業務で使用しており、当社は日本で最初のスライドボディユーザーでもあります。その経験からセフテーローダは、多くのユーザー様より使いやすく長年ご利用いただけるため高い評価をいただいており、”日本一のスライドボディ生産実績” を誇るまでになりました。安全で操作性に優れ、車両・重機・建設機械・農業機械の輸送を合理化し、いつまでも満足して使っていただける丈夫で長持ちするボディ設計等、信頼と実績が今もなお、開発当時と同様に製品へ受け継がれております。

そんな当社では、市場を開拓した高い「商品企画力」と「柔軟なアイディア展開」、長年培ってきた「豊富な技術力」を活かし、『トレーラーの研究・開発・生産・販売』にも着手しております。セフテーローダをさらに完璧な製品に仕上げるとともに、多様化するユーザーニーズに応えられる幅広いバリエーションづくりのため、全社一丸となって新時代のトラックボディー開発に取り組んでおります。
トレーラーの材質に高張力鋼板を採用することにより、軽量かつ強固なトレーラーシャーシを実現、さらに低コストで高い信頼性のアクスル・エアーサスペンション・EBS・リフトアスクルなどの先進メカニズムの採用により、上質で安全な輸送をご提供しています。また、積雪地や丘陵地向け4×4トラクタのご提案、リフトカプラ・油圧発生装置の取り付けなどトラクタとの連結性の最適化を提供し、さらに高品質なトレーラー輸送をご提案しております。

未来に向かって歩み続ける当社は、安全輸送を常に追求する企業として社会に貢献し、さらには”新製品を生み続けるパイオニア” であり続けていきます!

事業内容
・特殊車両(セフテ-ローダ・セフテーローダダンプ・スライドトレーラー他)の製造販売
・中古車両販売
本社郵便番号 970-1144
本社所在地 福島県いわき市好間工業団地23番地の1
本社電話番号 0246-36-7211
設立 1965年4月
資本金 2,800万円
従業員 101名(2018年6月現在)
売上高 18億8,700万円(2018年9月期)
事業所 《本社・工場》
〒970-1144 福島県いわき市好間工業団地23番地の1
TEL:0246-36-7211 FAX:0246-36-7215
e-mail:iwaki@hanamidai.co.jp 

《横浜支社》
〒236-0004 横浜市金沢区福浦1丁目3番地17号
TEL:045-784-5020 FAX:045-785-1532
e-mail:yokohama@hanamidai.co.jp
平均勤続勤務年数 15.2年(2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 22.2時間(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.1日(2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒970-1144 福島県いわき市好間工業団地23番地の1
(株)花見台自動車 採用担当 能條幹也
TEL:0246-36-7211(受付時間:平日8時~17時)
URL http://www.hanamidai.co.jp
E-mail m.nojo@hanamidai.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp235449/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)花見台自動車と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ