最終更新日:2019/9/27

  • 正社員
  • 既卒可

(株)大野ファーム

  • 農林・水産
  • 食品
  • 外食・レストラン
  • 電力
本社
北海道
資本金
4,500万円
売上高
14億5,000万円
従業員
25名(男性14名、女性11名)平均年齢29歳
募集人数
1~5名
  • 業種 農林・水産、食品、外食・レストラン、電力
  • 本社 北海道
  • 資本金 4,500万円
  • 売上高 14億5,000万円
  • 従業員 25名(男性14名、女性11名)平均年齢29歳
  • 募集人数 1~5名

【牧場見学受付中!】農業生産から加工・販売・カフェ・レストランまで!お客様に安全・安心・美味しさと感動を伝えます。

生産から加工、販売、カフェ・レストランまで! 食べ物で社会に貢献する! (2019/05/14更新)

4週6休で一般の「会社員と変わりません」
農業の悪いイメージを変えて、農業の素晴らしさ、遣り甲斐を強く感じる職場作りを目指しています。
このファームで働いて本当に良かったと思ってもらえる会社を作ります。

私達の仲間になって夢や目標に向かって頑張りませんか。

会社紹介記事

PHOTO
大野ファームの三本柱は、健康的な人、土、牛づくり。環境にやさしく、安心して食べられる作物で、牛を育てている。仲が良く、コミュニケーションがとりやすい職場環境だ。
PHOTO
北海道十勝の雄大な大地で、堆肥から自分たちで作り、牛のエサとなる牧草を育てる「地域内循環型」の農業に力を入れている。命の大切さを受け止め、一頭一頭に愛情を注ぐ。

自分が担当した仕事が牛の健康状態や評価に直結。責任もあるがやりがいを感じる日々。

PHOTO

会社のビジョンや将来性に魅力を感じたと話す、入社3年目の嶋田さん(写真上)と、6次産業化に取り組む組織の中堅社員・松坂さん(写真下)。

私が大学時代にめざしていたのは、今の仕事とは全く違う公務員でした。当時のTPPに関する報道に触れ、大好きな北海道のために働きたいという気持ちが強まり、この業界を意識するようになりました。
現在は哺育を終えた牛にエサを与えて、出荷できるように体を大きく成長させる「肥育」の仕事をしています。牛の様子を慎重に見ながら、エサの量や種類を調整して与えることが主な作業です。出荷後に、牛のランクやサシの量がわかります。まさに自分たちの育てた牛の成績表のイメージです。取り組んできた日々が、数字でしっかりと現れるのでやりがいを感じます。

当社は、堆肥も飼料も自分たちで作る特徴的な牧場です。良い土を作り、そこで育った良い作物で牛を育てるというサイクルは人にとっても大切なことなので、責任感が生まれますね。
農業系の学校を出ていなくても、私のようなケースがあります。先輩がしっかりとサポートしますし、わからないことは気軽に聞ける職場環境なので、臆することなくぜひ飛び込んできてほしいと思います。
(嶋田 奎介さん・肥育部門・入社3年目)


私は帯広の出身で、高校・大学と農業系の学校に進学しました。現在は哺育部門の主任として、産まれて7~14日の仔牛を「素牛」と呼ばれる大きさに育てる仕事をしています。仕事内容は、毎日のミルクやりから、治療、栄養管理まで多岐に渡ります。
肺炎や下痢など、仔牛が病気になってしまうと治療費がかさんでしまいます。変化が起きてからではなく未然に防げるよう、日頃から目をかけるようにしています。具合の悪そうな牛を見つけて適正に治療すると、次の日には元気になっていたりと、自分の仕事が牛の体調にダイレクトに現れるところにやりがいを感じます。

この業界は休みが少ないイメージを持っている方もいますが、当社はしっかりと休みを取ることが出来ます。楽しみにしているのは、年に一度の5連休!私も夏に取得して、仙台から名古屋まで旅してきました。生き物や自然を相手にする酪農業で、これだけまとまった休みが取れるのは、本当に魅力的だと思います。普段も定時で帰社できるので、翌日に疲れを残さずに、しっかりと休むことができます。
これからも命を捧げてくれる牛たちや作物に感謝の気持ちを忘れず、お客様のことをしっかりと意識し、考えて仕事をしていきたいです。
(松坂 信裕さん・哺育育成部門・入社7年目)

会社データ

プロフィール

創業1905年(明治38年)岐阜から北海道十勝に入植
1986年(昭和61年)法人設立 (有)大野ファーム
2007年(平成19年)株式会社化 (株)大野ファーム
2008年(平成20年)関連会社設立 (株)大野キャトルサービス
大野ファームグループ 資本金1億1,500万円 売上21億5,000万円(18年3月)
従業員25名(男性14名・女性11名)平均年齢29歳 

事業内容
肉牛4,000頭の飼育管理
畑作70ha(小麦・大豆・ビート)の生産販売
飼料作物50ha(デントコーン・牧草・燕麦)の生産
自社生産物の加工・販売
場内カフェ・レストランの運営
再生可能エネルギー太陽光発電事業
本社郵便番号 082-0010
本社所在地 北海道河西郡芽室町祥栄北8-23
本社電話番号 0155624159
創業 1905年(明治38年)
設立 1986年(昭和61年)
資本金 4,500万円
従業員 25名(男性14名、女性11名)平均年齢29歳
売上高 14億5,000万円
グループ売上高 グループ売上合計 21億3,000万円
主な取引先 ホクレン
飼料メーカー
全国の量販店
関連会社 (株)大野キャトルサービス
平均勤続勤務年数 6年

月平均所定外労働時間(前年度実績) 8時間 2017年度実積
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日 2017年度実績
前年度の育児休業取得対象者数  1名 2018年度
前年度の育児休業取得者数 女性 1名 2018年度
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 30%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)大野ファーム
〒082-0010
北海道河西郡芽室町祥栄北8-23
担当:大野
TEL:0155-62-4159
e-mail:info@oonofarm.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp235693/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)大野ファームと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ