最終更新日:2019/7/19

  • 正社員
  • 既卒可

松屋電工(株)

  • インテリア・住宅関連
  • 空間デザイン・ディスプレイ
  • 日用品・生活関連機器
  • 教育
  • 専門店(食品・日用品)
本社
和歌山県
資本金
6,400万円
売上高
30億(2018.8.31)
従業員
140名
募集人数
1~5名
  • 業種 インテリア・住宅関連、空間デザイン・ディスプレイ、日用品・生活関連機器、教育、専門店(食品・日用品)
  • 本社 和歌山県
  • 資本金 6,400万円
  • 売上高 30億(2018.8.31)
  • 従業員 140名
  • 募集人数 1~5名

*夏採用*【営業職・開発職】 誰もが必ず目にしたことのある学校やオフィスの机・イス、家具。当社は日本トップの生産数を誇るメーカー企業です!

  • 積極的に受付中

《営業職・開発職》積極採用中!説明会にてお待ちしております! (2019/07/18更新)

松屋電工(株) 採用担当の赤井です!
弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます!!
会社説明会を開催いたしますので、ぜひお気軽にお越しください♪

□■□■□■□■□■□■□■□
7月24日(水)13:30~14:30
8月7日(水)13:30~14:30
8月21日(水)13:30~14:30
□■□■□■□■□■□■□■□

◆会場:松屋電工株式会社 本社
     和歌山県有田郡広川町前田217-1
◆アクセス:最寄駅より送迎いたします!

みなさんにお会いできることを楽しみにしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
1943年に「松屋木工製作所」として創業、2017年に75周年を迎えた松屋電工は、時代の変化に対応できるよう、柔軟な企業づくりに取り組みながら「創業100年」を目指す。
PHOTO
終戦後間もなく家具のスチール化を予測し、いち早くスチール製学校机と椅子の製品化に成功。それまで主流だった木製のものに代わりスチール製学校机が急速に普及した。

学校机からデザイン家具へ、技術と感性が交差するものづくりの現場

PHOTO

「創業者からはチャレンジすることの大切さを学びました。そうしたチャレンジ精神旺盛な人材が能力を発揮できる土壌をつくることも私たちの使命だと思います」と宮井さん。

1943年、「松屋木工製作所」として創業した弊社は、1956年、学校家具のメーカーとして日本初のスチール製学校机を開発。業界の先陣をきって発売し、成長を遂げました。1961年には「松屋電工株式会社」に社名を変更。さらなる事業拡大の契機となったのは1974年、大手オフィス家具メーカーとの業務協定によるOEM供給です。現在はトップクラスのシェアを占める学校家具を中心にオフィス家具、役員室用家具も展開。フードコートで用いられるデザイン性の高い椅子の製造にも取り組んでいます。

弊社のお客様となるのは、主に家具メーカー及び建材メーカーです。お客様から頂くデザイン案をもとに製造設計を行い、工場で製造、納品します。営業である私の仕事は、お客様からの依頼をうけて見積りを作成、交渉を行い、製造ラインにつなぐことです。一見、「製造業」という印象の強い弊社ですが、私自身はさまざまな業務を経験してきました。入社後は営業に配属され、資材調達の経験を経て、インドネシアの工場に3年赴任。工場管理者として、人事、総務までを担当。帰国後は海外事業部にて働いていました。その後、営業社員から「打合せに同行してほしい」と頼まれることが多くなり、再び営業に戻ったのです。そうしてさまざまな役回りをいただき、幅広い経験をさせてもらえました。

機能はもちろんですが、従来の学校家具の机では求められなかった、「デザイン性の高さ」も最近では重要視されるようになってきました。特に、ネジの取り付け方や工法上の仕上げなど、細部をつめるにあたってはお客様のこだわりを、どれだけ意識できるかが大切です。ある意味、私たちはデザインの価値を決める“最後の砦”ともいえるでしょう。

弊社には、お客様のニーズを汲みとることができる人に来ていただきたいですね。技術的なことは周りが教えるので心配ありません。一番大事なのは、「嫌にならない」「凹まない」こと。素直で、ものづくりが好きな人なら大丈夫です。あとは新しいことにチャレンジしていける精神が大切。興味を持ってくれるならば、新人でも、様々なことを任せていきたいと思っています。

(営業課長 宮井佑宜 2003年入社)

会社データ

プロフィール

【創業76年、100年企業を目指して】

松屋電工は、スチール製の家具を主力製品とする製造メーカーで、
学校用の机・イスでは、生産数が実は国内トップシェアです。
特に鋼管を使用する製品では、切断・曲げ・溶接・塗装・組立までを
一貫して大量生産できる設備を整えています。
また、木工製品の加工設備も充実しており、ポストフォーム加工・
張り合せ加工・ルーター加工を組合せ、各種天板をはじめ、
さまざまな木工製品も生産しています。

日本初のスチール製学校机を世に送り出した当社は、
創業者の言葉のとおり、堅実に経営をおこなってきました。
会社には寿命はありません。
一人ひとりがまず率先垂範(自らの行動が周りを突き動かす力になり得る)する
ことで、世の中に役に立つ「ものづくり」のための変化を続け、
さらにその先へ成長を続けます。

事業内容
〇学校用机・イス製造
〇事務所用間仕切り製造
〇建築用軽量建具製造
〇物流用台車製造
〇天井収納はしご製造
〇各種天板製造

《主な製品》
■学校用机・イス
■物流用台車
■収納はしご
■ロフトはしご
■木製家具
■パーティション・ドア
■オフィス家具
■パブリック家具
■樹脂成型品
■商業施設のテーブル・イス
本社郵便番号 643-0054
本社所在地 和歌山県有田郡広川町前田217-1
本社電話番号 0737-67-2111
創業 1943年
資本金 6,400万円
従業員 140名
売上高 30億(2018.8.31)
事業所 〇日高工場
 〒649-1323 和歌山県日高郡日高川町小熊3648-1
〇宮原工場
 〒649-0434 和歌山県有田市宮原町新町509-1
〇関東工場
 〒412-0047 静岡県御殿場市神場2丁目3
〇PT.INDONESIA MATSUYA(インドネシア工場)
 JI.Rembang Industri 2/19 kawasan Industri Pier Pasuruan
 Jawa Timur INDONESIA
沿革
  • 1943年3月
    • 松屋木工製作所として創業。東亜燃料工業(株)和歌山工場の協力工場となる。
  • 1945年9月
    • 和・洋家具の製造、販売に切り替える。
  • 1948年9月
    • 松屋木工(株)の法人に改組。
  • 1956年9月
    • スチール製学校机、イスを開発。製造、販売を開始する。
  • 1961年9月
    • 松屋電工(株)に社名変更。
  • 1964年5月
    • 木製炊事家具JIS認可工場となる。
  • 1964年9月
    • 新製品上下可動式学校机、イスを開発。
  • 1969年5月
    • ミヤモト天板(株)を設立。木製部門を分離し、製造する。
  • 1969年12月
    • 鋼製学校机、イスのJIS認可工場となる。
  • 1974年5月
    • 関連会社を統合。南洋工業企業組合を設立する。木製品家具、パーケットフロアーを製造販売。
  • 1974年12月
    • コクヨ(株)と業務協定締結。
  • 1980年9月
    • 本社および工場を新設。現住所に移転する。
  • 1983年12月
    • 南洋工業企業組合を統合。松屋電工(株)日高工場となる。
  • 1989年12月
    • 本社新社屋完成。
  • 2003年12月
    • 関東工場新設
  • 2012年3月
    • 創業70周年を迎える。
  • 2018年2月
    • 新成形機工場増設
平均勤続勤務年数 18.2年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 18.3日
前年度の育児休業取得対象者数 女性2名
前年度の育児休業取得者数 女性2名

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒643-0054
和歌山県有田郡広川町前田217-1
採用担当 赤井 眞由美
TEL:0737-67-2111
URL http://www.matsuya-d.com/index.html
E-mail m_akai@matsuya-d.com
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp236254/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
松屋電工(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ